猫用こたつの上に乗り
姐さんがこたつに入るのを
待っているっぽいユウ。
姐さん、どーぞ。

入ろうとした瞬間に
チョイチョイされそうなので
敬遠する姐さん。
ワナ?

見るからに
チョイチョイしそうな
手の伸ばし方だもんね。
(^_^;)
入ればいいのに〜。

姐さんが行ってしまったので
自らこたつの中へ。
じゃあ、ボクが。

なかなか出てこないので
こたつ内のライブカメラでのぞいたら
ぐっすり寝ておる。
すやー。

しばらくして
再びのぞくと
口元ゆるめで、すやすや。
ぬくぬく〜。
暗いので画像は粗めですが
こたつ内の寝顔が見られて
購買部長が満足そうですよ。(笑)

クリックでミミオレ。に投票
ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして
応援していただけると光栄なのです。