「「台風の目」とみられた日本維新の会は選挙区では、石原慎太郎代表の地盤である東京都では全敗の危機、本拠地の大阪府でも苦戦している。」


「ところが、比例の維新の当選予測は1議席であり、選挙区で新人が頑張って票を稼いでも当選は比例単独の中田氏1人ということになりかねない。維新の新人候補は「捨て駒にされるのではないか」と疑心暗鬼になっている。」



 

 大手マスコミ自体が主導してドラを叩きまくってもてはやしていた橋のした維新が案の定大崩壊を引き起こしているようだ。自腹で選挙に挑んでる素人維新塾集団は、供託金も選挙費用もすべて捨て金になり、借金で首が回らなくなって、破産者続出するんじゃないかと思う。今度は、「破産申請は橋下総合法律事務所にお任せ!今すぐ西天満へGO!」なんてことになるんだろう。維新塾生の破産者続出で「橋のしたくん焼け太りか」といいたいところだが、選挙後、公職選挙法で逮捕されたり、大阪市長のリコール騒動が引き起こったり、あっちこっちから損害賠償請求の嵐となって、にっちもさっちもいかなくなるんだろう。石原は惨敗後、「入院」を決め込むつもりだろうし、ついでにたちあがれ日本の老人集団もおしまいになってしまうんだろう。それにしても、何で橋のしたくんは、石原と組んだのか。みんなの党のワタナベと組むほうが政策的に一元化しやすかっただろうし、それよりも私なら「小沢」と組んでいたね。維新は第三局として立ち位置を明確にすべきだったのだ。つまり、既存政党 VS 第三局 の二極化を政策面で明瞭にすべきだった。戦争第一+新自由主義第一 では国民の支持は得れない。全然ムリです。既存政党に対する小沢を中心に第三局勢力として一丸となり、自公民に対し政策論争をすべきだったのだ。今回の選挙でそれで大勝してるのだ。残念だね。一瞬だが勝機はあったんだけどね。その一瞬の勝機をすくい切れなかった。維新が惨敗後、米国はボロボロになった橋のしたくんを見捨てるんだろう。賞味期限が終わったなんて言い方されるんだろうな。かわいそうな橋のしたくん。一発逆転を狙った政治家転向作戦は失敗なのか。結局は・・。