真っ昼間の1時から、シーバス狙いで近場のストラクチャーを狙いに行きました。

 ※ ストラクチャーとは、海中の工作物のことです。シーバスは昼間は工作物の影に潜み、ベイトを狙っています。

 春先は、ランカークラスも釣ったことのある場所ですが、今日は50弱のフッコクラスが4匹、ポツポツと釣れただけでした。

[画像:e065b3cd-s.jpg]


 水深が7メートルくらいのところですが、なぜかバイブレーションでしか釣れたことがない場所です。

 しかも、ダイワのTDバイブや、マリアのマールアミーゴ2のような厚みのあるバイブばかり釣れます。

 鉄板系バイブやメタルジグ、ドライブスティックなど、他の場所では釣れるルアーも試しましたが、だめでした。

 理由は今回わかったので、後ほど書きます。


 さて、シーバスを釣って、すぐにリリースするのですが、三匹目を逃がしてから、ピタッと当たりがなくなりました。

 これまでも良くあることですが、リリースすると同じ場所ではしばらく釣れなくなります。

 以前、本で読んだのですが、釣られた魚は危険信号のようなホルモン物質か何かを出して仲間に知らせると書いてあり、なるほどと思ったことがありますが、今回もそのパターンでした。

 釣れないので、魚探を見てみると、魚群反応が出たので、サビキを落としてみました。

 すると、小アジサイズから25センチくらいのサイズまでのアジが入れ食いになりました。

[画像:dab52302-s.jpg]

 お土産にと、しばらく釣っていると30分くらいでパタリと釣れなくなりました。

 これはシーバスが戻ってきたなと思い、バイブに戻して落としてみると、一発で来ました。
[画像:0eb8ba51-s.jpg]

 以前動画で、アジの入れ食いが止まり大型魚が釣れるところをアップしましたが、同じパターンでした。
 
 アジが釣れなくなった時は、なにかフィッシュイーターが来たと考えてみることも、釣果を上げるコツになるかなと思います。



 さて、冒頭の厚みのあるバイブばかり釣れる理由は、ベイトがアジだからでした。
おそらく、ここのベイトはアジが多いのでしょう、いつもTDバイブなどが好調ですから。
 TDバイブは、ほんと、いろんなところで釣れるので、良いルアーです。
マールアミーゴも。
 タカミヤさんのよく似てるルアーもよく釣れます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タカミヤ FALKEN R ハーフソリッドバイブ 78 ブルーピンク
価格:499円(税込、送料別) (2017/11/6時点)


【他の方の釣果など】
  ↓↓↓↓

人気ブログランキングへ



台風前に少しだけ浮いてきました。

タイラバで、マダイとヤズ(ワラサ)が釣れたので、早めに引き揚げました。

[画像:67c0a33a-s.jpg]

サイズはそれほどでもなかったですが(65cm、2.5kg)、体高があり、脂がのって美味でした。


https://youtu.be/fxPrfLcnxp0
↑動画です
(釣れた場所を水中撮影していますので、ご参考に。)





人気ブログランキングへ

いつも魚群探知機で魚の群れを探して、仕掛けを落とし込む釣りをしています。

海中の変化のあるところに魚は集まるといいますが、まさにそのとおりで、5メートルくらいずれると全く反応がなくなり当たらなくなることが良くあるので、ポイントを撮影してみることとしました。

魚群探知機の映像は次のようなもので、魚ではないが、藻のようなものの反応として出ていたものが、工作物であったことがわかりました。

[画像:ee87f8b4-s.jpg]



ここでは、仕掛けがひっかかり、途中から切れたことがあったので、岩でこすれたのかと思っていましたが、工作物にすれて切れたいたのだとわかりました。

大型のキジハタ(アコウ)が5匹釣れたのですが(2匹リリース)、こんな砂地にいるというイメージではなかったので、少し驚きです。カサゴも釣れました(リリース)。
ここは磯から1キロほど離れた砂地ですが、ロックフィッシュは意外と行動範囲が広いことがわかりました。

[画像:e823aafc-s.jpg]

百聞は一見にしかずとはいいますが、なかなか見れない海中の様子を、今後も撮影していきたいと思っています。
鮮明さのない映像ですいませんが、皆様の釣りライフの多少の足しにはなるかと思いアップしました。




人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ