2017年12月

今乗っているhobiei11sに至るまで、2台に乗りましたが、安全面について書いてみます。

まず、一台目がこれ。

IMG_20171216_202957

インフレータブルのSUPですが、やはり普通のボードですので、とにかく転覆は免れません。

SUP釣りは『転覆必須』の教訓を教えてくれたボードでした。

沖で転覆すると、正直死の恐怖があります。

ただ、軽くて、膨らますのに時間がかからないので、今でも、秋口の凪の日に、岸近くの釣りに使うことがあります。

2台目が、これです。

PhotoGrid_1513423876325

とにかく転覆しないことを考えて、茨城から通販で購入しました。

しかし、、、

転覆はほぼしませんが、とにかくデカい。しかも、重い。

膨らますのが大変ということもありますが、何より幅と厚さがありすぎて、風に流されて漕ぐのが大変。

いろいろ工夫しましたが、このボリュームをパドルで漕ぐのは、かなりきつく、今ではほとんど使いません。

結果、いまのホビーにたどり着いたのでした。
unnamed
これは、乗れば乗るほど良さを感じます。

まず、軽さ。
ホビーの中で最軽量で、インフレータブルの部分だけなら16キロくらい。

コンパクトなので、ワンボックスカーの荷台に十分入る。

なにより、海上での安定性が高い。

ボード型なので、先端の尖るカヤックより推進性は悪いですが、平たい分、横風や波に強く、座席とボードの間が開いているので、風や波が抜けていきます。

加えて足こぎですので、推進力もあることから、向かい風でも大丈夫で、漕ぎ疲れてクタクタになることもありません。

手漕ぎのカヤッカーから、早いし楽そうですねと言われます。

しかし、最初にも書いたとおり、ホビーでも、SUP釣りは、『転覆必須』です。
(今のところ、転覆したことはありませんが)

ライフジャケット、ウェットスーツなどは、必需品ですし、高いタックルは使わない方がいいと思います。

また、天候が悪いときは出ないという抑制心も必須です。

参考まで。




 


本日も、時間がないので、午後3時から5時までの二時間でsupフィッシングでした。

青物かマダイ狙いでいきましたが、いずれも釣れませんでした。
竿2本で、タイラバとマイクロフリップでの釣りでした。

水深15メートルくらいのところで、海面から底まで、ベイトの反応でいっぱいになったので、まず、マイクロフリップを落としました。

ずんとなにかにかかりましたが、魚の反応がなく、根掛かりかと思いましたが、じわーっと上がってきます。
海藻がひっかかったと思い、少し巻き上げましたが、魚探のベイトの反応がスゴいので、とりあえず巻き上げはそのままにして、竿掛けにかけて、もう1本の竿のタイラバを落として巻いていました。

すると、置いてほったらかしていた、海藻と思っていた竿がガンガン引き出しました。

あわててタイラバを巻き上げて、海藻と思っていた竿を合わせると、ドラグが出ます。

よくわからないまま上げてくると、なんと、型の良いヒラメです。

ヒラメは、たも入れの時に空気を吸わせると暴れてバレやすいので、水面から出さずに水面下を這うように寄せてネットインしました。


[画像:22288833-s.jpg]

長さはないですが、2.7キロの肉厚ヒラメでした。
マイクロフリップは、アジからヒラメまでなんでも釣れるのでオススメです。



遊漁船で、マダイの90cmを釣った時もそうでしたが、大きな魚はしばらく釣られたことを認識せず、悠々と泳いでいるようで、しばらく上げてから急に引き始めることがあります。

今回もそのパターンで、ほったらかしているうちに気が付いて引き始めたようです。
あまりの動かなさに、すっかり海藻と思い込んでました。

ほんと、サプライズな出来事でした。

とりあえず一部をお刺身で頂きましたが、最高に美味でした。(真ん中がエンガワ)

[画像:f89f30df-s.jpg]


売ったことはありませんが、近所の寿司屋さんが、釣り魚の買い取りをしており、ヒラメはキロ2000円なので、売れば5000円くらいにはなるヒラメでした。

明日も私事が詰まっていて釣りに行けません。ゆっくり釣りがしたい最近です。


(ランキングサイトへのリンク)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 


人気ブログランキングへ




↑このページのトップヘ