September 02, 2008

781d73a8.jpg セクシー過ぎることが原因で放送禁止になったカルバン・クラインのCMについて、エヴァ・メンデス本人が「誇りに思う」とコメントした。

 問題となったのは、カルバン・クラインの新しいパフューム“シークレット・オブセッション”のCMだが、アメリカの民放局での放送が禁止になっただけでなく、インターネットでもきわど過ぎると判断され、YouTubeから削除されている。これについてエヴァは、カルバン・クラインというブランドだからできたことだとコメントした。

 「(放送禁止になったことで)より誇らしく思えるわ。どこかのインディーズ・ブランドだったらわたしもあそこまでやらなかったと思うわ。リスクが大き過ぎるもの。でも、撮ってくれる写真家がスティーヴ・マイゼルで、自分も歴史の一部になれるし、素晴らしいブランドであるカルバン・クラインの広告だったら、やってみちゃうものよ」と言っている。

>>ヤフーニュース

なんか最近こんなの多いね。
かっこいいじゃない。別に。

まぁ。エヴァさんも誇りに思っているなら、いいですけどねー。

(15:11)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔