katanano1a
ワタシの記憶では小学生の時に、
HONDA CB900F2 ボルドールを製作して以来のストリートバイク、
どうなるコトやら・・・・

まずはエンジンです。
Assy化出来るモノはどんどん組み立ててしまいます。








katanano1b
とりあえずサフを吹きます。

キャブはバラバラの状態で先にサフを吹いてから組み立て。
塗装してから組もうかと思ったけど、巧く位置が決まりにくくて結構面倒なカンジ
上部のメッキパーツ(剥がし済)とエンジンのインテーク穴をガイドにして組み立て。
もちろんエンジンとキャブは未だ仮組みです。






katanano1c
エアクリーナーボックス。
接合痕は後で見えそうなトコだけ修正(セコイ)

ファンネルに換装しちゃおうかと思ったけど、せっかく組んだからコレを使います。
適当なサイズのファンネルもストックして無いし。






katanano1d
フレームは結構バリが多いので根気良く修正します。
エンジンはシルバー系で決定ですが、フレームは何色にしようかなぁ・・・









katanano1e
エキゾーストパイプを組み立てます。
エンジンとフレームを仮組みして、
きちんと位置決めしながら接着剤を流し込みます。







katanano1f
位置決めしながら接着すると集合部はこんなスキマが・・・
こういうトコロはランナーの削りカスと瞬着で埋めておきます。








katanano1g
ペーパー当ててはサフ吹いて、地道に修正。
キレイになったら下地にブラックを吹きます。

やはり金属系の塗装は下地ブラックが発色良いです。










katanano1h
サイレンサーはカーボンデカールを使うので貼る前に適当に
金属色にしたい部分を塗っておきます。

8番シルバーと焼鉄色を混ぜたものです。








katanano1i
デカール完了。
先にクリヤコートしてしまってから、配管部分の塗装をする予定。

それならシルバー部分は後にマスキングして塗装しても良かった・・・







katanano1no1k
エンジン&キャブはさっさとブラック吹いて、とりあえず8番シルバー。

コレをベースに部分的に色味を微妙に変えてゆけば
それらしくなりそうです。

Real GarageのTopページへ