lo78no1a
久しぶりのF1はロータス78です。
コレも幼少の頃の記憶に深く残っているマシン。

JPSカラーがあまりにもカッコよかったけど、
少年の頃はタバコの銘柄とは知りませんでした。

ちなみにこのキット、ワタシの手元に来て12年になります(^^;







lo78no1b
とりあえずメインのカウル(モノコック)を合わせてみる

先にエンジン、アクスルがカタチにならないと仮組みも出来ないカンジなので、
あんまり意味は無いけど。

コレは後回しにして、コックピット前のカウルと
エンジンのインダクションボックスだけ先に触っておくコトにします。








lo78no1c
まずはインダクションボックス。

右側の四角いエアインテーク部は上下分割となっています
(写真は既に接着、修整済み)
それをさらに左側のメイン部品と合体するので、先に接着、修正しておきます。

コレは意外にめんどくさそう・・・








lo78no1d
で、いきなり完成(笑)
コレは目立つ部品なので手抜きは厳禁です。







lo78no1e
コックピット前のカウルはミラーの下部だけ別パーツ、
ココも今のうちに接着&修正。
インダクションボックスととココの2箇所は先にやっておけば、
後でラクが出来そうです。

たぶん・・・・

写真はまだ修整中。










lo78no1f
説明書の順に戻って最初の作業、エンジンを組みます。


どんどんAssy化してまずはサフを吹こうと思います。
このエンジンブロック、7個のパーツで組み合わさっています

この、イマドキ無い複雑な構成が素敵。
結構バリがあるので精密ヤスリを駆使して出来る限り処理しておきます。





lo78no1g
ギヤボックス、ブレーキ関係も出来る限り
Assy化してしまいます。
塗装指示を見るとブレーキディスク以外はほぼガンメタ指定です。
エンジンブロックのアルミ色とヘッドカバーの黒
その他部分の黒系の色をツヤと金属感を変化させれば
それらしくなるかと思います。










lo78no1h
サフを吹いて、修正が完了したらツヤありのブラック。
とりあえずエンジンのみです。
ギヤボックスは小部品の仮組みをしたいので後回し。








lo78no1i
そしてクレオスのシルバー。
ガンメタ指定の箇所はシルバーを薄く吹けばOKです、セコイ・・・

私的には余程複雑でない限りむやみにマスキングするよりは
ニードル絞ってフリーハンドで吹くほうが見栄えは良くなる気がします。








lo78no1j
ヘッドカバーは、
FORDのロゴの周辺部だけシルバーを吹いて
エナメルのブラックを重ねてから綿棒で拭取り。





lo78no1k
ギヤボックスと仮組み。
真鍮パイプで配管を追加してみます。
今後付くであろう周辺の部品を仮止めして干渉をチェック。

コレが何の配管なのかワタシは解らないのですが、資料を眺めると結構目立つポイントです。
シリンダーブロック横に丁度コレが繋がりそうな部品があるので
オイルポンプ関係でしょうか・・・

ヘッドカバー後端の「ダクトの様な物」は何なのか?
ネットで画像を漁るとどうやらブレーキダクトの様で
ローター部から出ている棒状の部分と繋がっている写真を発見。







lo78no1l
ホントは蛇腹ホースなんですが、
手持ちでなかなか都合の良い素材が無くて、
試しに黒吹いてみたらそんなに違和感無いのでコレで・・・
モデラーズのラジエーターホースです。

軟らかいので中に針金通せば簡単にカタチを整えられます。








lo78no1m
次はリヤショックアブソーバー。
一体モールドだとちょっと見栄えが良くないのでばらして組みなおします。









lo78no1n
カッターナイフにノコギリ刃を付けてアッパーシート、ロワシート部分のみにカット。

アブソーバーのケース部は外径2.1mm、内径1.5mmのアルミパイプ
ロッドは外径1.4mm、内径0.9mmの真鍮パイプです。

別にアルミでも真鍮でも何でも良いですが、手持ちで丁度いいのがコレでした・・・・

スプリングは模型用の汎用品です。
径の合うモノを好きなピッチに伸ばしてカットします。







lo78no1o
ロッド側を受ける部品の径に1.4mmの穴は
径が大き過ぎなので、
0.8mmの真鍮パイプを芯に追加する事にします。

先に0.8mmの穴を深く開けてから、
浅めに1.4mmを開けてロッドのガイドにします。
この方が組み立て易くで強度もありそう。

反対側は2.1mmの穴を開けてアルミパイプを差し込める様にします。









lo78no1p
こんなカンジになります。
2本同時ではなくまずは方側だけを元部品と
寸法を合わせて製作するとラクかと思います。

この状態でも金属の質感がGOODでなかなかそそりますが
残念ながらサフを吹きます(^^;





lo78no1q
サフを吹いてリヤアクスルに仮組み
0.8mmの芯を入れて正解、アブソーバー自体の仮組みがラク。
ロッド長さを微調整して寸法を合わせればOKです。

コレをやるとエンジンセクション全体の雰囲気がかなり変わるのでオススメ。
自己満足??(^^;

Real GarageのTopページへ