gtsrno8a
サイドモールはツヤありで良さそうなので、
マスキングしてブラック吹いてから、クリアーコートすることにします。



gtsrno8b
精悍になった。。。



gtsrno8c

ピンポイントに軽くクリアー吹いて、
デカールを貼りました。

gtsrno8d




gtsrno8e
全体にクリアーを吹きます。
まずは濃いめの希釈でデカール部分を慎重にコートして、OKなのを確認してから、
濃度を落として厚めに吹き付けます。
使用したのはクレオスのスーパークリアー



gtsrno8f
途中で夏がやってきた為、数か月乾燥した後(笑)
1500番→2000番→タミヤコンパウンドの順に研ぎます。
写真は1500番開始直後。

R31のカクカクボディは研ぎの難易度は高いです。






gtsrno8g

途中写真すっかり忘れて、仕上げのクリアー。
ガイアノーツを吹きました。
クレオスが結構余ってるコトに気が付いて、
最初のコーティング用と仕上げ用で使い分けしてます。

gtsrno8h
最初は鮮やか過ぎかと思ったブルーも、
研ぎだし→仕上げクリアーで落ち着いた感じに。







Real GarageのTopページへ