mp45bno3a
アンダーパネル、カウル、サス周りのフィッティングが完了したので、
全体にサフをきちんと吹いて、修正、下地処理が完了です。

サスアーム周り、アンダーパネルのバリ、ヒケの処理、端面の処理もしっかりやってます。
いつも似たような工程なので省略してますが・・・

「バットマンディフューザー」の周辺は結構ヒケが多かった。





mp45bno3d
アンダーパネルのカウル固定穴。
プラ板で補強。





mp45bno3b
そして改めて組んでみます。
カウルファスナー用の穴はノーズからコックピットにかけて追加しましたが、他はスルー。
突き詰めればキリがないって言う「悟り」を開いた40代のユルユルモデリング(笑)

見慣れたシルエット、懐かしいって言うか、普通(笑)
コレがF1です。





mp45bno3c
今見ると、
恐ろしく素っ気ないリヤエンドの処理。
ハイダウンフォース仕様なのでウイングは派手目な方だけど。






mp45bno3e
まずはカウル先行で塗装開始。
下地ベースホワイトの後にクレオスのホワイトです。





Real GarageのTopページへ