jdc10no8a
1500→2000番で研ぎ出し。
ミラクルデカール部分もなんとか研げました。


ドアの輪郭部をエアブラシでタッチアップしましたが、
工程写真を撮り忘れ・・・・
この微妙な緑っぽい色は、
クレオスのNO127コックピット色(中島系)がドンピシャ。

ミラクルデカールの縁側断面の変色もリカバーを試みたのですが、
完全にごまかすことは出来ず若干の違和感、今回は諦めます。

そんで、お次はJALロゴ周辺のタッチアップに着手。







jdc10no8b
黒ロゴで良かった、
面積デカいのでマスキングもラクですね。





jdc10no8c
塗装は慎重に。





jdc10no8d
ばっちりです。





jdc10no8e
後の箇所は面相筆や爪楊枝でタッチアップして完了。
周辺に軽くクリヤー吹いて、再び2000番で均してから、仕上げのクリアーを吹きます。




jdc10no8f
今回は全工程ガイアのEXクリアーを使用してます。
仕上げクリアー前に、エッチングのアンテナは全て接着してしまいます。




jdc10no8g
なかなかのツヤです。
逆に実感を損なうレベル(笑)
でもツヤツヤの方が自己満足度が高いので・・・




jdc10no8h
自然乾燥で10日ほど放置の後、
窓の仕上げに着手。
エナメルのブラックで窓の内側をカバーします。




jdc10no8i
エナメル溶剤ではみ出しを拭き取り、完成。




jdc10no8j
スポイトに木工用ボンドを吸い込んで、窓にを注入してゆきます。
スポイトのノズルを炙って極細にするわけですが、
コレさえ巧くいけば注入作業は簡単です。





jdc10no8k
多めに盛ったつもりでしたが、
ちょっとヒケています。
まあOKです。





Real GarageのTopページへ