jdc10no9a
主翼、水平尾翼が付きました。
エポキシで接着しますが、
既に塗装の仕上げまで終わってるので、慎重に作業します。




jdc10no9b
↑↓脚を取り付け。
jdc10no9c
主脚の写真、エッチングの格納蓋を付ける前です。
ディスプレイ用の固定ネジを胴体下部に埋め込みましたが、
今回は使わない予定。




jdc10no9d
最後はエンジンを





jdc10no9e
エナメルのニュートラルグレイとフラットブラックを合わせたモノで墨を入れて、
機体上部の灯火にクリヤーレッドを塗った0号虫ピンを埋め込みました。




jdc10no9f
完成しました。
予想より手間が掛かったかな・・・





jdc10no9g
ディスプレイベースは、ファントムの時と同じ、wave製 T-caseQMです。

またまた、駐機路面を作ります。
適当に缶サフ吹いてヒケを修正、デザインナイフで溝を彫ります。
googleマップで空港を見て、継ぎ目の間隔を参考にします(笑)





jdc10no9h
継ぎ目にブラックを吹きます。





jdc10no9i
ファントムの時は情景テクスチャーペイントを使用しましたが、
1/200にはオーバースケールに見えそうな気がするので、
数種類のグレイを塗り重ねてそれっぽく。
こういう場合、下地が影響する様に濃いグレイから順に重ねてゆきます。
駐機場の赤と黄色のラインも引いてみた。


やっぱり、
この作業が一番楽しかったりする(笑)





Real GarageのTopページへ