風味絶佳〜幸せ日和〜

美味しい食べ物、お昼寝、旅、馬、本、映画、吉川晃司。 日々の生活で見つけた小さな幸せの足跡。

ストウブでローストポーク

【2012年5月12日】

13日は母の日ということで
土日と二日続けて私がおさんどんをすることに。
その代わり、特にプレゼントはないけれど許してね。

ストウブを使ってローストポーク。

じゃがいも、にんじん、セロリをダイナミックにどど〜んとお鍋に入れて
上からオリーブオイルをたらりと垂らす。
(玉ねぎを入れるの忘れちゃったの・・・玉ねぎ、甘くて美味しいのに〜)
野菜の上に塩麹、にんにく、オリーブオイル、ローズマリー、黒胡椒をまぶして
数時間、冷蔵庫に寝かしておいた豚肉を投入。ローリエを2枚ほどお肉の上に。
細々と切る作業がないからとっても楽ちん。

50分ほど弱火にかけて火をじっくり通す。
たったこれだけで絶品ローストポークのできあがり〜。

写真 12-05-12 23 17 01


これはお肉より野菜が美味しい
じゃがいもホックホク。
にんじん甘々で、両親とも「美味しい〜!なにこれ!」と大絶賛。
野菜がこんなに甘くて美味しいだなんて。
お鍋一つでこんなに出来上がりに差が出るなんて驚き
ストウブ様々。
もう手放せないわぁ。

今夜もご馳走様でした。



大阪食紀行

大阪で食べた物、あれこれ〜

今回は滞在時間が短いということもあって、
実際はあれこれ〜というほど食べられなかったんだけどね

宿は新歌舞伎座近くのシェラトン都ホテル。
ってか近くっていうよりもろ劇場直結じゃん。
劇場に近いということでチョイスしたけれど、まさかここまで近いとは思わなかった。
翌日の劇場行きはとっても楽ちん。

まずは記念すべき大阪での第一食。
とは言っても夕食をとろうにも、既に21時近く。。。。
お目当てのお店はどこもかしこも閉まってる。
今から思えば難波とかに移ればよかったんだけど、その時は頭回らず
駅の周りをうろうろうろうろ。。。。

結局、これといったお店が見当たらず、近鉄デパートの中のお好み屋さんへ。
う〜む、、、我ながら能がないねぇ。
今回、ガイドブックも持っていかなかったのもあるんだけど
何とかなるだろうと事前調べをしなかったズボラな私の自業自得。

ビール中ジョッキと土手焼きを注文。

写真 12-05-06 17 42 02


今回の大阪滞在で唯一飲んだのがこのビールという
飲酒量、極端に少ない旅となりました。

土手焼きはなかなか東京では食べられないからね〜、
数年ぶりに対面する土手焼き様に「いただきます〜」とかぶりつく。
(写真ではお肉が見えない。黒い鉄皿と同化しちゃってる。。。。)

あっちぃ〜
鉄板の上でじうじうしてる土手焼き様の熱いのなんのって
思いっきり上あご、火傷してしまった
でもね〜、土手焼きとビール、まさにゴールデンコンビ。
幸せ〜

そしてメインのお好み焼き登場

写真 12-05-04 20 55 52


三段焼きの餅チーズ入り。
お餅、入ってるのかな〜。
入ってないような気がするんだけど。。。。
溶けてなくなっちゃったのかな〜。
ちょっと想像してたのと違っててがっかり。

数年前に京都出身のYさんと一緒に食べに行った、超絶旨かったお好み焼きのイメージが
頭に残ってて。。。。
これ、違う。。。。って一人しょぼんってなっちゃった。
決して不味いわけではないんだけど、感動的な美味しさっていうのがなくて
ちょっとテンション下がり気味

一人だし、鉄板前に粘るわけにもいかないんで
早々にお店を後にする。

かなりお疲れモードだったんでホテルに直行。
一応、必要かなと買い込んだお酒類に手をつけることもなく、すぐさま爆睡
ゴールデンウィーク、たいしたことしてないのに疲れだけ溜まってるってどういうこと

翌朝はホテルのビュッフェで。

やっぱり大阪は違う

写真 12-05-05 9 25 41


ビュッフェにタコ焼きがある
うっそ〜。
こんなの東京じゃ見たことない。
さすが粉ものラブの大阪だ〜。

食後、特に何をするでもなく部屋で「梅ちゃん先生」をだらだら見たりして過ごす。
チェックアウトの準備をしながら、ね。

11時にチェックアウト。
その後、近鉄デパートの食品売り場をぷらぷら。

いい物見っけ。
塩麹

写真 12-05-05 21 26 41


ホント、これ、品薄でなかなか手に入らないのよね〜。
最近、塩麹なしの料理なんて考えられなくなってる私。
迷うことなく買い物籠へGo〜。
嬉しくてかなりのほくほく顔。
ぎりぎりまでぷらぷらした後、塩麹携えて新歌舞伎座へ。
いやいや、本当に近くて便利。
楽ちん、楽ちん。

舞台後、猛ダッシュで難波へ移動。
目指すは蓬莱551。
ここの豚まん食べずにして帰れるか〜っつーの。
空港にも蓬莱551のお店はあるみたいだけど、なぜか難波で食べたくてね。

蓬莱麺セット。

写真 12-05-05 15 41 24


豚まんと海鮮ラーメンのセット。
やっぱりここの豚まんは美味しい
食べると自然に笑顔になっちゃう幸せな味。

テイクアウト用のお土産は空港で買うことにしてひとまず豚まんを堪能した後は
またまた猛ダッシュでホテルへ戻って預けておいた荷物をピックし
リムジンに乗り込み空港へ。
余裕ないわ〜

空港では蓬莱551の豚まんを買い込み。
弟からも「豚まん欲しい」というメッセが来てたんで、4つ入りを3箱、焼売1箱購入。

家につくなり弟用の豚まん1箱は即冷凍。
冷凍にしちゃっていいのかな〜。
味落ちちゃうんじゃない?
弟は今月中に用事があってちょこっと家に顔出すことになってるんでそれまで持たせるには
冷凍保存しかないから仕方ない。
味落ちちゃったら、ごめんね〜。

ちなみにこちら、今日の私のお昼。

写真 12-05-06 12 11 46


ウマウマ。
蓬莱551、東京には店舗がないんだよね〜。
大阪物産展でもない限り手に入らない貴重な豚まん。
お値段安くて、味は絶品。
蓬莱551の豚まん最高

陽だまりの樹@新歌舞伎座 5/5(土)

【2012年5月5日】

『陽だまりの樹』大阪 昼公演。
やって来ましたよ、舞台を観に大阪まで
街行く人、みんな関西弁なのに感動〜
飛行機でたった1時間なのにこんなに空気が違うなんて不思議。

新歌舞伎座。

写真 12-05-05 11 35 07


通りから撮った写真もあればよかったな、と。
折角、来たのに外観の写真なし。
残念。

それにしても新歌舞伎座、立派だね〜
これだけでワクワクしてきちゃう。こんなすごいところで舞台やるなんて、我らが吉川さん、凄いじゃん

中に入ってさらにびっくり。

写真 12-05-05 11 41 03


本当に立派なのよぉ。ものすごく立派で、ちょい緊張
(写真はちょっと光の筋が入っちゃった・・・

花道ド〜ンだし
3階席まであるし、天井高いし、
舞台広いし。
サンシャイン劇場の舞台と比べたらお話にならないくらい奥行、幅ともにでかい
こんなすごい舞台で吉川さん大丈夫かな?
緊張しちゃうんじゃないかな?
舞台が始まるまでの数分間、こんな要らぬ心配をしておりました。

舞台開始前の場内アナウンス。
携帯電話の電源をお切りください、飲食の禁止に続いて
「前かがみにならないでください。他のお客様の迷惑になります。」

ん?
前かがみ?
なんのこっちゃ?

頭の中、「???」だったんだけどこれは舞台が始まってから身を以て実感することになる。

例のダイナミックな音楽が流れ・・・・
いよいよ待望の大阪公演の始まり〜

もうね、広さといい、音響といい、規模が違う。
感動

花道を吉川さんが颯爽と登場
おおおおお〜〜〜、凛々しい御姿
きりっとした横顔に思わずきゅん
侍姿がこんなにも絵になるなんて、かっこよすぎるわ。

今回の私的なツボは「殺陣」
3度目にして、心からかっこいい〜と思った。
殺陣が決まる、決まる。
仕草一つ一つのかっこいいこと。美しいこと。

殺陣の動き、自分の物にされましたね・・・・・

な〜んて心の中で吉川さんに話しかけちゃったりしてぇ
あんた何者?エラそうに・・・・
なんて突っ込みはしないで下さい

滴る汗・・・
なんてもんじゃない。
滝のような汗。
ぼとぼとと汗が吉川さんの顔から流れ落ちる。
そうだよね〜、舞台が広くなった分、運動量も半端ないだろうしね〜。
ここは花道まであるしね〜。
存分に暴れまくる(?)吉川さんを存分に堪能させていただきました。

勝先生との絡みにも冷静に対処する吉川さん。
一瞬、勝先生の方が「うぐっ」って感じになってたもんね。
大人の対処。ばっちりです

上川さんとのやりとりで、笑いを堪えようとしたせいなのか
アドリブを口走る吉川さん。

上川さんに向かって唐突に「お前は誰だ?」

突飛な問いに思わず吹き出す上川さん。

吉川さん〜、お前は誰だ?はないんじゃないかい?
可笑しくて、可笑しくて、涙が出たよ。

とても楽しみにしていたのが
おとっつぁんと太鼓持ちさんの大広間のお客さんへ向けたアドリブ。
おとっつぁん、相変わらずうだうだのぐだぐだだけど、これがチョー面白い。
舞台上の上川隆也さん、素で大笑いしてた。
上川さん、完全に本気笑い。

今まで私が観た舞台ではこの場面で吉川さん、舞台の上にいたんだけど
今回はご不在。
笑いを噛みしめたり、身をよじって笑ってる吉川さんをこれまで見られたけれど
今回はその姿が見られず。
ちょいと残念。

見られなかったものがあれば、見られたものもあり。
生真面目な万二郎らしい踊りのシーンが、ちょいとロック調に変化。
ライブで踊る吉川さんがちょこっと垣間見られた一瞬。
舞台観てるのにその瞬間「ライブも行きたい〜っ」って思っちゃった。

ちょこちょこと設定や台詞が変わってたのは、舞台が生きてるからなんだろうね。
どんどん回を重ねることに舞台の内容も少しずつ変化していく。

吉川さんの変化は少しなんてもんじゃなかった。
ものすごい急成長ぶり
この人、こんなにお芝居上手かったっけ?
と思わず唸ってしまうくらいの入魂ぶり。
万次郎が乗り移ったとしか思えないくらいの熱演。
舞台の上では、確かに万二郎が生きていた

本当にすごいものを見せてもらったと。
いまだ余韻冷めやらず。

大阪のお客さんって東京とは違うんだね〜。
合間合間に拍手あり、手拍子ありでノリノリ。
温度が違うというか。
きっと大阪の方が役者さんたちもやりやすいんじゃないかな〜。

ただちょっと辟易したのが私の隣のおばちゃん。
ごそごそごそごそビニール袋を探り
お煎餅?やらキャンディーやらをポリポリ、ポリポリ。
お醤油の匂いやら甘い香りやら漂ってくるし・・・
これって大阪だから?なのかな。
とっても自由な感じ。
よく分からないけど、東京とは違うんでびっくり。

そして斜め前の席のおばちゃんは思いっきり「前かがみ」
場内アナウンスの意味が分かりましたよ〜。
前かがみされると、頭ド〜ンで舞台が見えないんだね〜。
知らなかった。
吉川さんを追って見たいんだけど、常におばちゃんの頭があってなかなか見えないという・・・・
あんなに前かがみになって舞台を観る人がいるんだというのも驚きだったけど
気持ちはわかるなぁ。
それこそかぶりつきで観たいだろうしね。
でも後ろに座る人間にしたら・・・迷惑・・・です

最後のカーテンコールは熱かった
千秋楽かってなくらいの熱い拍手、拍手、拍手。
やっぱり大阪は違うわ〜。
「本日の公演は終了いたしました・・・・」というアナウンスが流れてもみんな帰らない。
アンコールの拍手を送り続ける。
私は帰りかけたんだけど、後方のスタッフさんらしき人が「上げろ、上げろ」ってな具合に
ジェスチャーで合図してるのを見て、これはカーテンコール続くと振り返ると
案の定、幕があがった。

役者さん一同ずらりと勢揃い。


・・・と思いきや、おとっつぁんがいない。

なんでももう既に衣装を脱いじゃったんだとか。。。。


お客さんが舞台前に集まってすごい人だかりになってる。
なんて熱いんだぁ。
後方から眺めててジーンと感動してしまった。

上川さんに「一言何か言え!」とふられた吉川さん。

陽気に手を振りながら

「また来週

場内爆笑。
上川さんにも「違うだろ!」と突っ込まれ・・・
素のお茶目な吉川さん。

とても素敵な舞台をありがとうございました。
私の中では今までで一番の出来
これからもっともっと成長していくんだろうね〜。
成長を見守っていきたいけれど・・・それには時間とお金が・・・・
諸条件、許す範囲内でまた観劇できたらいいなぁ。














ストウブでアクアパッツア

【2012年5月3日】

届きましたよぉ
ストウブのお鍋が
前回、10センチのミニココットをポチってすっかりストウブファンになってしまった私。
使い勝手の良さそうな24センチも欲しくなって
来月のボーナス払いでってことでポチってしまった。

ストウブ24センチのブラック。

写真 12-05-03 16 23 54


きゃ〜、なんとも男前なお姿
どっしりと重く、孤高を表すかのようなブラック。
もうメロメロです

記念すべきストウブ ブラックでの最初の料理は・・・・


アクアパッツァ。
昨日の夜、深夜営業のスーパーで半額で買った真鯛を使って。
(閉店ぎりぎりのスーパーはお買い得品いっぱいで大興奮


写真 12-05-03 19 07 10



真鯛は浅利とトマトに隠れてみないけれど、底にちんまりとありますよ〜。
本来はパセリを使うみたいなんだけど、先日、生春巻きを作ったときのパクチーが
余ってたのでそれで代用。
ヨーロピアンってよりはアジアンな感じの仕上がり。
浅利と真鯛の出汁がほどよく出て、美味なり
そこにパクチーがちょうど上手い具合にアクセントをきかせて何とも美味しい組み合わせ。

今夜もご馳走様でした

マチュピチュ展&イタリアン

【2012年5月1日】

会社の先輩とマチュピチュ展。

科学博物館の外は人影まばらなのに中に入るとものすごい大混雑。
ごった返し状態。
ひゃ〜、覚悟はしてたけどすごい人だ〜。
でもね、みなさんとっても秩序正しくて押すな押すなの大混雑って感じじゃなくて
混雑してる中でもちゃんと列を守ってゆっくりゆっくり進んでいってる。
この秩序正しさに感嘆。

でもね〜、さすがに疲れたぁ
人ごみと空気の悪さと長時間立ちっぱなしが響いた。
ものすごい頭痛。
がんがんがんがん、と脈打つような頭痛が始まってしまい
もう見ないでいいから帰りたいよ〜なんて思ってしまった。

でも先輩いるし、自分勝手に帰っちゃうわけにいかないし・・・。
結果的にぐっと我慢した甲斐がありました。
目玉ともいっていいミイラも見られたし、
鳥のように上空からマチュピチュを見下ろす3D映像もばっちり観覧。

特に3D映像がよかったぁ
マチュピチュ行きたいって思ってもおいそれと行けないもんね〜。
めちゃくちゃ遠いし、お金もかかるし、マチュピチュまで行く前に心が折れちゃいそうだもん。
それがこんなにお手軽にマチュピチュ探訪ができちゃうなんて感激もんです
それに実際にマチュピチュに行っても空中を舞いながらマチュピチュを見下ろすなんてことできないもんね〜。
本当、いい体験でした

これは私自身の勉強不足の一言に尽きるんだけど・・・
マチュピチュってえらい大昔の、古代の文明かと思ってたんだけど、意外と新しいのね。
日本の室町時代と同時代っていうから驚き。
ほんの少しばかり有難みが失せちゃった、かな?
なんてね。

マチュピチュ展、めでたく観覧終了。
絶対に見に行きたいと思ってたから大満足。
まだ日が高く、夕食には早い。
頭も痛いし、とりあえずカフェで一休み。
暖かいミルクを飲んだら頭痛もだいぶ治まり、ほっと一安心。
夕食時までおしゃべりしながら時間をつぶして、イタリアンのお店へ移動〜。

先輩が歯のホワイトニングをしたばかりで、白系のものしか食べられないとのこと。
白系といってもよく分からないので、歯医者さんからもらった食べていい物、食べてはいけない物リストを
見ながら「白系」のものばかり注文。

ハム&タコのガーリック炒め。

写真 12-05-02 19 22 41


マッシュルームのオリーブオイル炒め。

写真 12-05-02 19 23 18



バーニャカウダ。

写真 12-05-02 19 25 16



そして白ワイン。

写真 12-05-02 19 26 16



女二人で乾杯〜。

話題は主に会社のことかな。
会社勤めをしているとこれがいろいろありまして。。。
あんまり飲みの席で会社の話題は出したくないんだけど、
さすがに4月以降、いろいろ、本当にいろいろあったもんで思わず言いたいことぶちまけてしまった。
すっきり〜。
たまにはぶちまけ大会も必要!
すっごく良いストレス解消になりました。
ちょっと最後は酔っぱらってた?
酔っぱらわないといえないこともあるわよ〜ってことで大目に見てくださいませ。

写真 12-05-02 19 27 50


とっても充実した一日。
明日は会社。
ストレス発散させた今夜の気分そのままに明日一日乗り切れ〜



タンドリーチキンの夕べ

今日は久々の美容院。
ず〜っと行けなかったからやっとすっきりできる。

短くするつもりはなかったんだけど
長い髪が鬱陶しくて、思わず「ばっさりやっちゃって下さい」


髪、痛んでたからね〜。
ばっさりカットしたら、髪つやつや
気分までうきうき。
たまにはこういう気分転換もいいもんだねぇ。

ウキウキ気分で帰路につき・・・
家に到着するなり、すぐに夕食の支度にとりかかる。
出かける前に仕込んでおいた鶏肉をフライパンでジュウ〜っと焼く。

塩麹、ヨーグルト、カレー粉、ガラムマサラ、にんにくに漬け込んでおいた鶏肉で
タンドリーチキン。

写真 12-04-30 21 13 14


塩麹、ヨーグルトのおかげで鶏肉がとっても柔らかくてジューシー。
両親も大好きな一品。

昨日のチキンスープの残りにお味噌ともやしを足して、お味噌汁に。
深くてとてもいい味。
残り物のこういう活用法もあり、だね

明日からちょっと忙しくなる。
約束もあるし、出勤もしなくちゃいけないし、
「陽だまりの樹」大阪公演もあるし(←これがとっても楽しみ)
母親孝行もちょっと難しくなりそう。
できる範囲でね、ぼちぼちやりますんでご勘弁を。

今夜もマッコリナイト

久々に聞いた地震警報。
あの音を聞くとびくんと心臓が止まりそうになる。
本当に聞きたくない音
そうは言ってもこの警戒音のおかげで心の準備ができるから有難いんだけど、ね。

地震が起きた時はちょうど料理中。
全く揺れに気付かず。
あれしてこれしてとパタパタしてたからね〜。
千葉で震度5と聞いてびっくり。
久々に大きいのがきた。

食事の準備が整い、席につく。
お酒は?どうする?
地震の直後だし、また来るかもしれないし、やめとく?

母親のさりげなくも強い反対でお酒なし案は却下。
一日ガーデニングで汗を流した夜だから、どうしても飲みたいらしい。
ということで軽〜くマッコリで乾杯。
今宵もマッコリナイト〜

今夜のメニューはチキンスープとカリフラワーのアンチョビ風味


写真 12-04-29 20 14 38


チキンスープ。
こちらはストウブのHPレシピより。
ストウブは先日、ポチッた10センチのミニココットしかないんで
今回はル・クレーゼを使用。
ルクでも十分美味しくできました
鶏のモモ肉、にんにく、生姜、
長ネギ、干し海老・・・をことことと煮込む。
ただ煮込むだけの超簡単料理。
薄味でほっとする味。


2日目のストウブ料理。

写真 12-04-29 20 47 42


カリフラワーのアンチョビ風味。
こちらもストウブのHPレシピより。
カリフラワーをアンチョビ、にんにく、オリーブオイルで炒め、軽く煮込む。
最後に生クリームを入れるんだけど、あいにく生クリームを切らしてて。
牛乳にチーズを溶かして代用。
ちょっと心配だったけど十分美味。
逆にチーズのとろり感が絶妙
アンチョビお高いけれど、リピ確定の旨さ。

今年のG.W.は母親孝行の連休になりそう。
食事の支度をしなくていい〜ってお母さん、めちゃくちゃ嬉しそうだからね。
「一日好きなことをやって、お風呂に入って出てきたら食事ができてるなんて
天国だ〜」だって。
こんなに喜んでくれるのならばやり甲斐もあるってもん。

ほろ酔い気分の素敵な夕べ。
今夜もご馳走様でした。




今夜は南国気分

【2012年4月28日】

ゴールデンウィーク初日。
うちの会社は基本9連休〜

なんだけど私は2日は出社しないといけない・・・
なんで?
そこは休みにさせてくれよぉってな気持ちです。

9連休とはいかないけれど
とりあえず前半の4連休がスタート。
やっぱりお決まりのお寝坊をして・・・ゆるゆると9時半に起床。
そのあとはこれまたお決まりの朝ドラをのんびり観る。
お日様、カーネーション、梅ちゃん先生・・・良いドラマが続いてるんでとっても嬉しい

あとは掃除をして、買い物にいったりとのんびりだら〜んと休日満喫。


先日、ポチッたストウブのミニココットを眺めながらうっとり


写真 12-04-28 23 01 42



可愛いすぎて、うふふと思わず笑みがこぼれちゃう。
ちっちゃいのに、作りはしっかりしてて、これで何を作ろうか妄想いろいろ膨らみます。

今日の夕食は私の担当。
早速、ストウブが使えるわ〜っとやる気満々。
いつになくハイテンションで食事の準備にとりかかります。


今日は夏日?っていうくらいピーカンなお天気だったんで
夕食にはちょっと「涼」を取り入れてみました。


写真 12-04-28 23 04 25



生春巻き〜
実は家で生春巻きを食べるの、初めて。
外で食べるより自分で作った方が断然お安くて、お得感満載。

ちなみに食卓の上には・・・・

写真 12-04-28 23 09 49


牡丹とフリージア。
どちらも南国のイメージはないんだけど、南国的な雰囲気いっぱい。
生春巻きを食す席にぴったりで、テンションあがる


そして、もちろんストウブで初料理!


写真 12-04-28 23 08 51


餃子の皮を使ったラザニア
10センチのストウブに餃子の皮がぴったり収まる。
あとはホワイトソースとミートソース、とろけるチーズで絶品ラザニアの出来上がり〜。
超簡単なのに、とっても美味しい。

今日はやけにビールが進んじゃって。
暑かったからね〜。
生春巻きもラザニアもビールのお供にこれまたぴったりで。
休日にふさわしい夕食となりました。


今夜もご馳走様でした。

お取り寄せパスタで手抜き料理

今日は『陽だまりの樹』昼公演の予定だったんだけど
起きられず。
目を覚ましたら10時過ぎだったという・・・・正直、先週半ばくらいから土日2日続けての観劇は
無理かな〜という予感がしてたんだけどね。
やっぱり、って感じ。
とにかくお疲れ溜まってます。
おまけに池袋っていうのがね〜。遠いんだわさ。
まず体がついていけず、次に心が折れた。

今日はほとんど一日中爆睡。
朝10時過ぎに起きて、昨日、忘れないようにと下書きしておいた観劇記録をちょこちょこっと手直しして
ブログにアップ。
それからひたすら寝た。
起きたら午後6時。
夕食の支度をしないといけないので、よっこらしょとのそのそと起き上がる。
なんでこんなに疲れてるんだろう?

舞台のチケットもったいなかったし、空席作っちゃったことも申し訳ないな、と。
それでもどうして今日は起きられなかった。
どうしてこんなに体調悪いんだろうねぇ。

夕食はラザニアでも作ろうかと思ってたんだけど
どうにもこうにも体が動かなくて、冷凍物にしてしまった。

今、大人気のお取り寄せパスタ
私もテレビで見てどうしても食べてみたい!とポチッたお品。
私は運よく2週間ほどで届いたけれど、HPを見ると今は1年待ちだとか
ものすごい人気です。

一番人気というミートソース

写真 12-04-22 19 39 36


茹でること3分、ソースと絡めること20秒、という超スピード料理。
これだけじゃあまりにも手抜きすぎるので、インゲンのサラダを作ってみた。
お助けレシピサイト、クックパッドより。
インゲンを煎り卵、オイスターソース、マヨネーズ、胡麻と和えるだけ。
たったこれだけなのにとても美味しい一品が出来上がります。
簡単なのに美味しい、これ最高です。

冷凍物を茹でて絡めただけの超簡単パスタ、これが美味しいのなんのって。
完全にお店の味です。
本格的なイタリアンがおうちで楽しめちゃうだなんて最高に幸せ

まだちょっとふらふらする・・・
まだ早いけど、今日はお休みなさい

陽だまりの樹@サンシャイン劇場 4/21(土)

【2012年4月21日】

『陽だまりの樹』2回目の観劇。
寝坊したいという理由で取った夜公演。
思いっきり寝坊してゆるゆると出かけてきました。
(でも池袋は遠い〜

今日の観客はノリがいい。
最初からクスクス笑いの連続。
こうなると役者さんたちもテンションあがってくるのかしらね。
前回よりも役者さんたちノリノリ

もっともしょっぱなで男芸者(?)の大ハプニングがあったからね〜。
上川さんとの絡みで男芸者さんのかつらがすぽっと・・・。ごろっと落ちちゃった
会場大爆笑。
そんなハプニングもうまくまとめちゃうんだから上川さんてば、本当にすごい。

大広間での石倉三郎さんと男芸者のやりとり。
例のかつら取れちゃったシーンをネタに石倉三郎さん絶好調。
「毛生え薬、調合してやろうか?」
超可笑しくて会場爆笑。
石倉さんやりたい放題で、見ていてとても楽しい。
上川さん曰く「おとっつぁんは無策」らしい

上川さんがまとめようとしたところ、男芸者さんが大失言〜。
「毎日が緊張で。(←だったけな?よく覚えてない)」
「毎日じゃねーよっ今日が初めてだろう毎日とか言ってんじぇねーよ」と
上川さん、苦笑いしながら思わず声張り上げ・・・
男芸者さん、頭の中が真っ白に〜〜〜。
これまた会場大爆笑で。
いや〜、本当に楽しい舞台。
舞台ってこういうハプニングがあるからこれまた楽しいんだね〜。
吉川さんも笑いを堪えきれなくなって、客席に背を向けてくつくつと肩震わせて笑ってた。
ってかそもそも堪える気はなかったのかな。


吉川さんもこの1週間でだいぶこなれてきてて、びっくり。
上手くなってる
前回みたときみたいなひどい噛み噛みというのもなく。
うまく口がまわらなかったのがわずか2回、言い間違いが1回だった。(はず)
目の肥えたお客さんはこういうのにも厳しい目を向けられるのかもしれないけれど、
私はホッとしたぁ。心底安心した。
頑張れ、頑張れ、というエールを送る必要もなし。
実際、今回は頑張れコールを一度もしなかったもん。
安心して観られた。前回と観終わったときの疲れ方が違ってたよ。
前回はこっちもだいぶ肩に力が入ってたらしい

今回は意図したにせよ、しなかったにせよ笑いまで取れてたもんね、吉川さん。
勝先生を「瀧先生」と言い間違えて、勝先生に軽〜い突っ込みいれられたり
勝先生に「かっくんちょ」をやられ、吉川さん自らも「かっくんちょ」をやってみせたり。
やればできるじゃないか、と勝先生のお褒めの言葉(?)にこれまた会場大笑い。
前よりも舞台の雰囲気が和気藹々としていて、観ていてとっても楽しい。
吉川さんも前回のがちがちの緊張感が取れて、適度にリラックスしているような印象。

今回の席は7列目だったんだけど3列目までつぶしてるんで、実質4列目。
舞台がとっても近いの
吉川さんの手をみつめちゃったりして。
手の甲がふっくらして、とても柔らかそう。
ハイタッチのとき、どうだったかなと記憶をたどるけど、
あの時は緊張しすぎて吉川さんの手の感触がどうだったかなんて全く思い出せない。
だいたいあの時は手の平だったからね、手の甲に魅せられてる今回の参考にはならないか。
柔らかそうな手の甲に、血管が浮き出てて肉眼でこんなところまで見られちゃうなんて感動
それに肌が白いね〜。
特に最後のシーン、着物の袖から出ている肘から下を呆けたように見つめちゃいました。
そして、吉川さんってばやっぱり大きい。
たっぱがあるから舞台映えするというか。
今回、とても近くてみられたのでこんなに大きな人なんだと改めて吉川さんのガタイの良さに感嘆。

そしてなんといっても横顔が最高
顎のしゅっとしたライン。
左側の横顔、右側の横顔と左右両方の横顔を近くて堪能させていただきました。
きりっとしたいかにもお侍さんって感じでキュンキュンです
そして完全に勘違いだろうけど、きゃ〜、こっち見た〜、目があったかも〜なんていう瞬間もあって
久々のドキドキ感を味わってしまった。
このドキドキ感、一体いつぶり????

生の舞台、何が起こるか分からない。
セリフも前回と微妙にちがってたり、アドリブ入ってきたり、と同じ舞台は二度とみられない。
そうなってくるともっと観たい、もっと観たいとなってくる。
ファンとしては吉川さんの成長ぶりも見守りたいし。
舞台って変化するもの。だから楽しいんだね〜。
演劇ってあまり好きではなかったんだけど、これは病みつきになっちゃいそう。

吉川さんの成長といえば、セリフがだいぶこなれてきた、アドリブで観客の笑いをとる余裕が出てきた、
とか随所に見られたけれど今回、一番印象深かったのが殺陣。
もしかしてこれは近くてみたから前回よりも迫力があったように感じるのかな、とも思ったけれど、
今回、殺陣がすっかり自分のものになってたような・・・。
前回は音に合わせるのが大変そう〜なんてちらりと思ったんだけど、
今回はそんな雑念を抱くこともなく。
本当にかっこよかったぁ。万次郎のあまりのかっこよさにすっかり目を奪われてしまいました。
チャンチャンバラバラの最中、顔が赤く上気してくるのがとても印象的で。
上気させた顔でハーハー息切らしてる吉川さん、なんかとてもグッときました

カーテンコールではとてもお茶目な吉川さんを見せてくれました。
お酒の席でやる変な踊りをしだしたり、イヨッとばかりに敬礼(?)したり(これはライブでも見せてくれるよね)
幕が早く降りて来い、みたいな仕草をしたり。(←上川さんにいやいや違うだろ?みたいな突っ込みいれられてた)
岡本さんが桜吹雪を大量に投げかけたら、何か話しかけようとしてた吉川さんの口に思いっきり入っちゃったり。
何もかもすべてがとってもお茶目で、最後の最後まで楽しませてくれました。
上川さんはじめ共演者の方ともうまくいってんだな〜というのが伝わってくるようなアンコールで、
ファンとして嬉しい限り。

素敵な役者さんたちに囲まれて、一緒にお仕事ができて吉川さん、よかったですね。
今後がますます楽しみです。





陽だまりの樹@サンシャイン劇場 4/15(日)

今日は母と一緒に『陽だまりの樹』東京公演。
母にはただ舞台とだけ伝え、詳しいことは一切伝えず。
劇場に到着して、ちらしを見て初めて舞台のタイトル、出演者を知ったというサプライズ。
母は『大地の子』以来の上川隆也ファン。
吉川ファンの私と共に楽しめるというこの上ない機会。

席は前方中央よりの良席。
ラッキー
開演直前のあのドキドキワクワク感がたまりません。

吉川さんの声が響く。
なにやら難しい内容で聞き取れず。意味分からず。
でも吉川さんの声だってことだけ分かる。(←当然です。)
低音で渋くて、深くて、温かくて。
本当に素敵な声。

吉川さんの声にしょっぱなからやられました。

舞台はそれ自体がもうとっても楽しくて。
随所に笑いあり、時に涙あり、であっという間の3時間。

上川隆也さんが素晴らしい。
プロの俳優さんというのはこんなに凄いんだとただただ感嘆。
発声からして違うもんね〜。
観客の意識をググッとつかんでしまうあの呼吸、空気感、演技力。
凄すぎて、すっかり魅せられてしまいました。

吉川さんはきっとものすごく緊張してるんだろうなぁっていう感じがひしひしと伝わってきた。
役柄的にも「拙者、不器用にて」って感じのキャラだから余計なのかもしれないけれど
演じてる吉川さん自身の緊張感が痛いほど伝わってきて、こっちはもうドキドキ

時に吉川さん、噛み噛みだしぃ〜。
噛んじゃって台詞言い直しちゃったり。
そのたびに「頑張れ、頑張れ」と必死で念を送っちゃいました。
後で考えてみると「頑張れ言うな」って人だった、と気が付いたけれど
その時の私はそりゃもう必死よ。
心の中で「頑張れ、頑張れ」って。

無骨で不器用な武士役の吉川さん。
基本、表情の変化はないんだけど他の俳優さんのアドリブ(だと思う)に思わず素で笑ってしまったり・・・
そういうちょこちょこっとしたところが何故か嬉しかったりする。

正直、演技力では上川隆也さんには敵わない。
でもなんだろうね、あの存在感は。
すっくと立ってるだけで絵になる。
桜の木の下に佇むシルエットだけで、クラッときそう。
やっぱりあなたは存在そのものが「吉川晃司」です。

最後のカーテンコール。
深々とお辞儀をしたら、かつらがずれちゃった吉川さん。
笑いながら頭を押さえる姿を見てたら
こういうところ、やっぱり吉川さんなんだよなぁって思ってしまった。
かっこいいんだけど、どこかお茶目。
最後の最後でいつもの吉川さんに会えた気がして嬉しかった

東京公演 観劇予定はあと2回。
これから回を重ねるごとに吉川さん、どんどんこなれていくんだろうなぁ。
それを追うのも楽しみ

母も大満足だったらしく、公演後、「面白かった」を連発。
「保身、保身っていうのは今も変わらないよね」と幕末と現代を重ねて
何やら感慨深いものがあったらしい。

「キッカワコウジって何歳?」と聞いてきたのにはびっくり。
お母さん、吉川晃司を知ってるんだ
何せ芸能界のことは人一倍疎いから、吉川さんのことは知らないと思ってた。
それも「ヨシカワ」じゃなくてちゃんと「キッカワ」って言ってる。
意外や意外、うちの母が知ってるっていうのはよっぽどのことですよ。
オペラグラスで吉川さんの姿を追ってたし、もしかして母も吉川晃司ファンになっちゃった?
真偽を確かめたかったけれど、ちょっと怖くて聞けませんでした

公演後はサンシャインビルのお鮨屋さんでランチ。

まずはビールで乾杯〜

写真 12-04-15 16 52 36


眺望最高。
ビールも最高。
母娘で幸せ満喫。

お鮨はランチコースで。

写真 12-04-15 16 52 59



これがね〜、久々に外れのお鮨
ネタは乾き気味、シャリはぐちゃって感じ。
銀座にある母行きつけのお店に行こうかと思ったんだけど
池袋から移動するのが面倒ということで楽したのが間違いだったみたい。
笑っちゃうくらい美味しくないお鮨でした

最後のしめが「あれ?」って感じになっちゃったけど
久しぶりの母との外出。
素晴らしい舞台も見られたし、個人的には生吉川さんも見られたしで大満足。

それではまた来週、劇場で。

お花見ランチ&接待ディナー

今日は女性社員だけで花見ランチ。
ホテルのビュッフェでランチ後、お花見。

ステーキやらカルパッチョやらタコやらいろいろ食べて・・・・
最後はもちろん色とりどりのケーキでしめる!

写真 12-04-09 23 33 54


メインのご飯系よりも、デザートのケーキの方が美味しかった。
マカロン、桜餅、チーズケーキ、その他いろいろ。

なんて優雅なランチタイム!

残念ながら私は仕事の関係でランチ後のお花見はできなかったけれど
ランチビュッフェができただけで幸せ

はちきれんばかりのお腹を抱えて会社へ戻る。
いかん、いかん、お腹パンパンで集中力が〜
ホント、幸せな悲鳴でございます。

夜は夜で接待ディナー。
韓国料理のお席。
接待なんで、料理の数々、写真にはとれなかったけれど
半端ない品数&量に相手の方もこちらもみ〜んなギブアップ気味。
昼に続き、夜も完全に食べ過ぎ。
ぐ、ぐ、ぐるじい・・・・

接待しながらも感じてたんだけど
私ってやっぱりこういう席が苦手。
気の利いた会話ができるわけでなく、気が利くわけでもなく、
なんというか「接待する」ということがとてつもなく苦手

できればこういうお仕事したくないんだけれど・・・
会社員だもんね、やれと言われたらやるしかない。
精神的にへとへとになって帰宅。
こういうのも場数を踏めば、慣れてくるものなのでしょうか。。。。

今夜はマッコリナイト

今日は久々の乗馬の日。
なんと半年ぶりの騎乗。
忙しかったのと、体調不良が重なって行きたい、乗りたいと思いながら
月日ばかりがたってしまい・・・気が付いたら半年がたっていたという・・・。

半年ぶりの乗馬。
内心どきどき。
ちゃんと乗れるかなぁ、と。
お休みの間にお馬さんが新しく入ってた。
今日の相棒はその子。
私、半年ぶりだし、相棒は初めてだし、ドキドキだぁ。

レッスンは無事(?)に終了。
いろいろ問題は続出だったけど・・・ってこれ別に半年前も問題だらけだったもんね。
特に下手になったってことではないので、まあ一安心?

映画を観て帰りたかったけれど
夕食の支度があるので、ソッコーで帰宅。

今日の夕食は韓国風。

コチュジャンたっぷりの甘辛豚肉炒めにマッコリで乾杯〜

写真 12-04-08 20 18 31


キャンドルなんかを灯してみちゃいました。
ちょっとお洒落?

甘辛豚肉炒めは、ちょっと辛かった


写真 12-04-08 20 25 47


コチュジャンって案外と辛いのね。
次回は・・・コチュジャン減らして、レタスの細切りにキュウリの千切りを加えてみよう。
たぶん、その方がうち好みな味になるはず。
なんせ慣れないもので、常に試行錯誤でございます。

ちょっと辛かったけど、とっても美味しかった
今日もご馳走様。



桜の木の下で


【2012年4月7日】

今日は乗馬の講義を受講。
屋外での講義。
花冷え、なんだろうか。
寒い、寒い。ぶるぶる震えながら講義を聴く。

講義は桜の木の下で。
見上げると青い空にほのかに色づく桜の花びら。

写真 12-04-07 15 55 55



これ以上ないという素晴らしいコントラスト。

春、でございます。

本日の講義の会場となった乗馬クラブは初めて訪れた場所。
人懐っこいお馬さんがいました。

写真 12-04-07 12 49 12


人がいると「なにかちょーだい」って感じ近寄ってくる。
ちっちゃい子供たちは大喜び。
お馬さん、大人気です。

ロミジュリとレンコンの日曜日

昨日の羽生選手のフリーの演技をユーチューブで繰り返し見る。





何度見てもいいわぁ。
何か目に見えない力が羽生選手に宿ったかのような迫真の演技。
会場の盛り上がりもすごいよね。
フランスのニースじゃなくて、日本なんじゃないか?って思っちゃうくらいの盛り上がり。
会場をこれだけ興奮させ、一体にさせちゃう17歳って凄すぎる。

あらためて素晴らしい演技だったと。
思わずため息。

そして・・・たぶん、この音楽が私のツボ、なんだと思う。
「ロミオとジュリエット」
ディカプリオのロミオに憧れて、何度も繰り返し見た映画。

あの頃のレオ様って超かっこよかったのよぉ

20120401ロミオとジュリエット


たぶん、ディカプリオのロミジュリが私の人生で一番多く見た映画なんじゃないかなぁ。
ディカプリオ、かっこよくて、可愛くて、切なくて・・・。
今、思い返しても涙が出ちゃう。


羽生選手の素晴らしい演技にため息しつつ、
遠い日の思い出に浸るという最高の休日。

夕方、日曜日恒例となっている料理作りに取り掛かる。
なんせ普段、何もしないからねぇ。
手際悪いわ、失敗多いわ、で正直、やんなっちゃうこともあるんだけど
母がとても助かるみたいなんでね、親孝行の意味でせっせ調理。

今日のメニューはレンコンのはさみ揚げ。
急に居酒屋メニューが食べたくなっちゃって。
でも、やってみて気付いたけど、これって結構、面倒なのね。
レンコンに荒く刻んだエビと豆腐の種をはさんで揚げたんだけど
揚げてるうちに形崩れるわ、油はバチバチ飛ぶわ、
途中でや〜めた!って感じになっちゃった。
(まさか途中でやめるわけにはいかないから最後までちゃんと作ったけれど

今日の夕食はこんな感じ。

写真 12-04-01 20 45 55


レンコンのはさみ揚げ、菜の花のお浸し、真鯛のカルパッチョ、ご飯と菜の花のお味噌汁。
デザートにイチゴとデコポン。

なんか今日は異常に疲れたぞ。
世の中のお母さんは大変だ。
改めて母に感謝し、そして今日もご馳走様。

舞台チケット〜!

届きましたね〜、「陽だまりの樹」舞台チケットが
思わずムフフでございます。

写真 12-04-01 14 11 57


チケット申し込んだ後はいまいち盛り上がりに欠けてた、っていうか
かなり吉川熱がダウンしてたんだけど
チケットが届いた途端、俄然テンションUP

これで4月はお楽しみ満載のひと月になりそう
あとは大阪公演のチケットをGETしなくては。。。。
この際、名古屋公演もとっちゃおうかしらん!?
いろいろ考えるとわくわくしてきちゃう。
ってかまだチケット買えるんかい
ちょっと不安がよぎるけど・・・・
楽しめることはとことん楽しんじゃいましょ



おめでとう〜!

男子フィギュアスケート 世界選手権、
感動で、うるうるもん。
高橋大輔、羽生結弦両選手、おめでとう
2位、3位ダブル表彰だなんて、凄すぎる!

特に羽生選手には、鳥肌もの。
男子スケートみて鳥肌たったのって初めてかもしれない。
凄かった。本当に凄かった。圧巻
すっかり観客を引き込んでたもんね。
鳥肌立って、涙でるかと思ったよ。
素晴らしい演技に心から拍手を送ります。

二人の笑顔を見てたら、私、日本人でよかったって思った。
できることなら「君が代」聞きたかったなぁ。
日の丸見ながらしみじみ思っちゃった。

パトリック・チャン選手。
私としては今一つよく分からない。
4回転2回飛ぶとか、確かにすごい選手なんだろうけど
演技に引き込まれるものがないというか。
これは私が技術的な面に疎いからなんだろうね〜、きっと。

外国勢では
4位になったブライアン・ジュベール、5位のフローラン・アモディオ 選手が好き。
ジュベールは前からのファン。すごいよね、彼。
その存在感。安定感。雰囲気。全部好き。(プラス顔も好き
アモディオ選手は今回、私の中で急浮上した選手。
ラテンな感じが高橋大輔っぽい。
ステップすごいし、雰囲気あるし、すっかり魅了されてしまった。

男子スケートでこんなに盛り上がったのは初めて。
すっごく楽しい大会だったぁ。
まだ興奮さめやらず、って感じです。



西の魔女が死んだ

梨木香歩著『西の魔女が死んだ』読了。

2度目の読了。
1度目は同僚から薦められて彼女に借りて。
温かくて、優しくて、じんわりするとっても良いストーリー。
最後には涙がじわっと。

あまりに良い本だったので、もう一回読みたいと先日、本屋さんで購入。
やっぱりものすごく素敵なお話。
こんなおばあちゃんと一緒に暮らしてみたい、
こんな自然の中で生活してみたい、
憧れと癒しと感動が一冊の中にいっぱい詰まってる。
まるごと幸せでできているような本。

魂が癒されるような本当に素敵な一冊。

この本に巡り合えたことが幸せかもしれない。

パンドラの箱

久々にお日様が顔を出した日曜日
こんな日はせっせと部屋の掃除をするに限る!ってことで久しぶりに精を出しました。

私の部屋には開かずの扉、もとい開かずの箱がございまして。。。
まぁ、パンドラの箱といったところでしょうか。

これには韓国留学時代のあれやこれやが詰まっておりまして。
あの頃の自分に出会うのが怖くて、とてもじゃないが開けられないってやつです。

写真の数々、友達・両親からもらった手紙の数々。
誕生日プレゼント、演劇やら映画のチケット。
スケジュールやらメモがぎっしり書かれた手帳。
とにかくそれら全てが、あの頃の何とも甘くて苦い自分を私に突き付けてくれちゃう。

もう何年も開けたことのない、このパンドラの箱を今日はどういう風の吹き回しか
恐る恐るそ〜〜〜っと御開帳、してしまった。

いや〜〜〜、いろんなものを一つ一つひっくり返して見た感想は
ただただ痛い。
とにかく痛い。
いろんな意味で痛かった。

特に写真がね〜。
きゃ〜、私ったらこんなことと赤面ものあり、
そういえばこんなところまで旅行したな〜と懐かしく思い出されるものあり、
母が訪韓したときの写真の数々は抱きしめたくなるほど切なくて。
そうそう、みんなで食事したよな〜、今頃どうしてるのかなと連絡の途絶えた友達、先生、
日本語の生徒さんの安否が気になったり。。。
大学院時代の写真はもう見るのが辛くて、辛くて。
決して楽しいとはいえなかった学生生活。
苦しかった思い出ばかりが思い起こされて・・・。

彼氏との写真はもうこれ、私の暗黒時代そのものでしょってな感じ。
消せるものなら消し去りたい!
でもどの写真も心の底から楽しそうなんだよね〜。
しみじみ、あの頃は若かった。

とにかくいろんな思い出が詰まりすぎてて、胸が痛い。
泣きたくなるほど切なくて、懐かしくて、胸をぎゅ〜っとつかまれたような感覚。

処分できるものは処分しちゃおうと思いで、禁断の箱に手をつけたんだけど
結局、何一つ処分できないままそ〜〜〜っと蓋を閉じました。

私が再びパンドラの箱を開けるのは、また何年か先のことだろうな〜。
それまで私のたくさんの思い出たちよ、静かにそこにいてね。



キーマカレー作り

【2012年3月24日】

先日、ちょこっとはまったコンビニ弁当のキーマカレーの味を再現しようと
今夜はせっせとキーマカレー作り。

玉ねぎ、にんじん、生姜、にんにく・・・
ひたすら刻む、刻む、刻む。
途中、疲れちゃって飽きちゃって。
、地道なみじん切りという作業をしながら
なんで私、キーマカレー作りなんかしてるんだろう????と
後悔の念に襲われる。

フードプロセッサーが壊れちゃったけど、
みじん切りくらい包丁でOK なんて軽く考えてたけれど
やっぱり一度楽しちゃうとなかなか元には戻れないらしい。
次回、作るときには絶対、フードプロセッサーが必要だと購入決意!

ぐつぐつじっくり煮込んで出来上がったキーマカレー。

写真 12-03-24 20 21 29


私がイメージしてたのと何かが違う。どこかが違う。
もっとこうぴりっと辛くて、すっきりとした味を出したかったんだけど
わりと濃厚で、すっきり感がない。
これは今後、調整が必要だな。
目指せ、コンビニの味!
ってところが我ながらお恥ずかしいんだけど、だって美味しかったんだもん〜。

次回はピリッとさらりとしたキーマカレーが作れるように頑張ります。

ちょっと残念だったけど・・・・今夜もご馳走様でした。

名前:ピンス
住所:神奈川県
血液型:O型

食べること、飲むこと、旅すること、馬に乗ること、本を読むこと、お昼寝、一人過ごすことが大好き。
吉川晃司にはまって早1年。
コメント
トラックバック
映画「私の頭の中の消しゴム」 (茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??)
『私の頭の中の消しゴム』を観る
韓流ですか (タイから日記2 ★唯我独尊☆彡)
『大長今』の夜
祝!映画デビュー!!SHINOBI (徒然なるままに、いとおかし)
「SHINOBI」を観る
祝!映画デビュー!!SHINOBI (徒然なるままに、いとおかし)
「SHINOBI」を観る
映画「4月の雪」 (茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??)
「4月の雪」を観る
あくまで昔の話です (知れば知るほどきらいになる国?)
ノーサンキュー、韓国人男性
【大切なもの NO.004】転職(前) (てんてん&たかみーの “100の大切なモノ”)
凹んでます。
アクセス数
総計
アクセスカウンター

今日
アクセスカウンター

昨日
アクセスカウンター




  • ライブドアブログ