風味絶佳〜幸せ日和〜

美味しい食べ物、お昼寝、旅、馬、本、映画、吉川晃司。 日々の生活で見つけた小さな幸せの足跡。

2013年01月

今夜の献立 ビーフシチューのリングイネ

今夜の献立は、昨日作ったビーフシチューの残りでリングイネ。
残りというか、リングイネを作るためにわざとビーフシチューを残しておいたんだけどね。
クックパッドレシピをみて、一度、試してみたいと思っていたメニュー。

ビーフシチューに生クリームを入れて、火を通す。そこに茹でたてのリングイネを投入〜。
なんて簡単なの!



生クリームでまろやかになったビーフシチューがすごく良いソースになってる‼
リングイネに良い具合に絡んで、めちゃくちゃ旨し!

あまりの美味しさにしばし我を忘れて食べるのに夢中になってしまったほど

これはまた近々、リピの予感がします。

ご馳走様でした\(^o^)/

誕生日の宴

【2013年1月19日】

今夜はお家で父の誕生日のお祝い。
午後からメインのビーフシチュー作り。牛スネ肉を赤ワインでコトコト煮込む。
お水を使わず赤ワインだけで煮込むスペシャルなビーフシチュー




器はアラビアのココ、ディーププレートで。
これはお料理がググンと美味しそうに見える魔法のお皿。

スネ肉は口の中でほろほろと崩れるほどに柔らかく、
赤ワインでコク深いとっても美味しい一皿に仕上がりました
また作って〜!のリクエストがこの上なく嬉しい。

※ちなみにこちら、クックパッドからのレシピです。


デザートはココナッツミルクアイス。





買い置きしてあるココナッツミルクの缶が邪魔だから何とかしろとの母からの苦情対策を兼ねて。

これはココナッツミルク、お砂糖、牛乳、生クリームを火にかけて
フープロでガ〜ッとやってから冷凍庫で冷やしただけの超簡単レシピ。
でもこれがすっごく美味しいんだな。ココナッツミルク好きにはたまらない一品かと。

器はイッタラ カステヘルミのレッド。
一年前の年末年始に行ったフィンランドで一目惚れして、衝動買いしたもの。
この色合いがたまらなく好き。

食器などに興味も関心もないと思ってた父もイッタラが好きみたいで。
イッタラの器が食卓に並ぶといいな〜、綺麗だな〜と喜ぶのよね。

お誕生日ということでメニューから器までお父さんの好きなもので揃えてみました。

お父さん、お誕生日おめでとうございます♪

軽井沢 星のやへの旅<初日 温泉&夕食編>

【2013年1月10日】

ライブラリーでまったり寛いだら、
スタッフさんに車を呼んでもらって温泉「とんぼの湯」へ。
ものすご〜〜〜く冷え込む夜だったので、車で送ってもらえるのが本当にありがたい。




写真、暗すぎてよく見えないけれど・・・
小川を挟んで、左右に男湯と女湯に分かれてる贅沢な作り。

とんぼの湯は宿泊客以外でも入れる日帰り温泉ということで
混雑してるかも、とちょっと心配だったけど
人はそんなにいなくて、快適。

スタッフさんの話だと、年末年始は行列ができるほどの盛況ぶりで
ごった返すんだそう。


結構、広めの温泉でゆったり入浴。
露天風呂もあったしね、極楽、極楽。

首までとっぷり浸かって、骨の髄まで温まって、もう最高の気分。
日本人に生まれて良かった〜と思える瞬間。

温泉の後は、隣接するレストラン「村民食堂」で夕食タイム。
母はお蕎麦、私はトマト鍋を注文。
お蕎麦はいたって普通の味だったそう。

トマト鍋は・・・。


写真 13-01-10 19 04 07



正直、そんなに美味しいものじゃなかった。
スープにコクがあるわけでなし、滋味があるわけでなし、「ん?」って感じ。
名高い星のやのレストランということで期待してたんだけど、これはちょっとがっかり。

がっかりな食事に意気消沈の私たち母娘。
部屋に戻ると早速、持参したウィスキーと炭酸水でハイボールを作って晩酌タイム〜。
おつまみはこちらも家から持ってきたミックスナッツとイカの燻製。
出発前にせっせと詰め込んでる母に「そんなの持ってくの〜?」なんて言ってたんだけど
これは持ってきて大正解!
さすが主婦!とあらためて母の主婦っぷりに感嘆。

せっかくの旅行がちょっと貧乏くさいものになっちゃったけれど
夜遅くまで、ライブラリーで借りた柳宗理デザイン集に二人でじっくり目をとおしたり、
おしゃべりしたりで、とっても楽しい時間。

軽井沢旅行初日はこうして楽しいおしゃべりで幕を下ろしました〜。



軽井沢 星のやへの旅<初日 ライブラリー編>

作務衣に着替え、こちらも用意されてたフリースの羽織(?)をひっかけて
いざ、軽井沢 星のや探検へ。

【2013年1月10日】

張り切って部屋を出たのはいいけれど
あまりの寒さにやたら高かったテンションがシュルル・・・と縮こまり。
ぶるぶると震えながら、徒歩2分ほどの距離にあるライブラリーへ。

とっぷり日は暮れて、辺りはかなり薄暗い。
地面は凍ってるし、恐る恐る一歩ずつ前に進む。
足元は部屋に用意されてた下駄を装着。
これがただの下駄じゃない。
裏にちゃんとゴムが付いてて滑り止めになってるという優れもの。
凍った道でも滑ることなく歩けたから、本当にありがたい。
この下駄がめちゃくちゃ気に入っちゃって、売店で売られてるのを見たときは(2,000円でした)
思わず買っちゃおうかと思ったけれど・・・・家に戻ったら履いてく所がないと購入を思いとどまりました。
そんなに道は凍らないしね、凍ったとしても下駄を履いて行けるようなところはないし。
まさか会社に下駄履いてけないもんね〜。
でもあれで2000円は安いよな〜、とまだちょっと未練たらたらだったりして。

夜道は暗い。
施設内、煌々と灯りがともされてるわけじゃないので
歩くのも危ない・・・ところなんだけど、なんとお部屋の入口に懐中電灯が用意されているという
用意周到な星のやさん。
この懐中電灯のお蔭で、足元照らして無事にライブラリーへとたどり着けました。

凍えるような外からやって来た身にはライブラリーの暖かさが天国そのもの。
おまけに各種ハーブティー、コーヒー、アイスグリーンティー、そして簡単なお茶菓子が
セルフでいただけるというこれまた非常にありがたいサービスまであって感激。

写真 13-01-11 7 36 20


ハーブティがたくさんあって、目移り。
結局、選べずコーヒーを手にソファへ。

写真 13-01-10 17 40 02


座るタイプのソファとごろんと横になれるタイプのソファがあって
ごろんとなれるソファの居心地の良さといったら!
コーヒー飲みながら、ソファに寝そべって本を読めるなんて極楽、極楽。

ちなみに下の写真はソファでくつろぐ母。

no title


こんなにリラックスした時間を過ごすのは一体いつ以来!?

本の種類に関しては、たいしたことないだろうと期待してなかったんだけど
これがどうしてどうして。なかなかのもの。

写真 13-01-11 17 29 56


柳宗理デザイン集、ムーミンママのお料理の本、お菓子を習いに英国へ、
宮部みゆきのソロモンの偽証・・・・

読みたい本の宝庫で、もう大興奮!
気に入った本は部屋にお持ち帰りできるので
うほうほ喜んでお持ち帰り〜。
母も私も柳宗理のファン。
特に母は柳宗理の弟で園芸家、宗民さんの大ファンだったので
二人して夜遅くまでデザイン集に釘づけ。

ここのライブラリー、魅力的すぎ!!
ここで暮らしたいくらい(笑)

部屋にテレビはない。
テレビはないけれど、そのかわり本を読む時間はいっぱいある。
テレビに拘束されない自由な時間。
軽井沢で真の自由満喫中〜♪

軽井沢 星のやへの旅 <初日 到着編>

遅い夏休みで、木・金とお休みして軽井沢へ2泊3日のプチ旅行。
今回は母と二人の旅行です。
宿泊先はず〜〜〜っと泊まってみたかった星のやさん。
口コミをみると賛否両論。かなり手厳しい酷評なんかもあってちょっと不安になったけど・・・。
念願の星のやさんに泊まれる嬉しさを感じつつ、
でも過度な期待はしないようにしようと自制しながら、新幹線で一路ピューッと軽井沢へ。

【2013年1月10日】

東京から40分弱で軽井沢到着。
近い!長い移動の旅も嫌いではないけれど、こんなお手軽な旅も疲れなくていいものです。

軽井沢駅のホームに降り立つと凜とした冷たくも爽やかで新鮮な空気に包まれる。
これぞ軽井沢。東京とは空気が違う。
南口で待つこと10分。
黒塗りのなにやら厳かな雰囲気のバスがそろそろと到着。
ちょっと異様な雰囲気すら漂ってますが、高級感はかなりあるかも。
ちなみにこの時の乗客は私たち母娘と中国系の若いカップルの2組だけ。
年明け間もない平日は、やっぱりお客さんは少ないのかな。

バスに乗り込むと鳥のさえずり、川の水の音といったネイチャーミュージックが流れてて
そこは癒しの空間となってました。
バスなのに癒しとは、さすがだ、星のやさん。

運転手さんからホットタオルを手渡され、受け取った瞬間、ホワワワワ〜ンと身も心もとろけた。
ホットタオルでこんなにとろけちゃうなんて初めての経験。
バス待ってる間、とにかく寒かったから・・・・ホットタオルが本当にありがたかったです。

15分ほどで憧れの星のやさんに到着。
バスを降りると森の小道からスタッフの男性が駆けてくる。
この若者が私たちのお部屋担当なんだそう。
スタッフさんに連れられてホテルのレセプションへ。

そこは何とも摩訶不思議な世界。

写真 13-01-10 15 53 10


アジアンな不思議な響きの楽器の音色が流れる空間。
そこで米麹のウエルカムドリンクをいただく。

お部屋まではブラックキューブで移動。

星のやといえば、やっぱり「水波の部屋」が有名。

写真 13-01-11 7 28 53



外から丸見えという口コミにもめげず(?)「水波の部屋」で予約しておいたんだけど
これが大正解!
案内された2Fの水波のお部屋は、それはそれは素晴らしいリバービュー。
こちらの川、てっきり人工の川かと思いきや、自然の川なんだそう。

目の前を川が流れ、バックには山が控える素晴らしいロケーションに母娘大感激。

もちろん、お部屋の中も素敵〜。

ベッドスペースとリビングスペースに分かれ、お風呂は檜風呂。

ベッドスペースは、一段高くなってる空間にお布団が敷かれてる仕様。

写真 13-01-10 16 34 30


母親、これがえらく気に入った様子。
布団をしまえば、宴会スペースになる、(お母さん、家で宴会やりたいの!?)
一段高くなってる部分は収納ボックスにすれば無駄がない、とアイデアいろいろ。
確かに、宴会はともかくかなり有効に使えるスペースになることは間違いなさそう。
いつか家を建て替える時のためにこのアイデア、温めておきましょうか。

ベッドからの眺め。

写真 13-01-11 15 28 16


自然が広がって癒される。

外にはテラス!

写真 13-01-11 15 11 50


残念なことに身も凍りそうな寒さのため
テラスで寛ぐことはただの一度もありませんでした。
新緑の頃、テラスでコーヒー飲みながら読書でもできたら最高だろうな〜と
テラスでの寛ぎタイムは次回のお楽しみってことで。

スタッフさんが用意してくれた緑茶&お茶菓子でまずはホッと一息。
スタッフさんの丁寧なお部屋の説明、施設・サービスの説明のおかげで
疑問点はゼロ。
すごく若いスタッフさんだったからそつなく・・・・という感じではなかったけれど
言葉使いも丁寧だし、一生懸命だし、好感のもてるおもてなしでした。

一休みしたら、荷物ほどいて、星のやさんで用意してくれた作務衣に着替えて
いざ施設内探索へ。


探索の様子はまた後ほど・・・・。








仕事始め

いよいよ今日が仕事始め。
年末年始、9連休だったので働くモードに切り替えるのがすっごく大変。
仕事は山のようにあるのに頭がボ〜。ダメです、本当に。

連休中、特に何をしたってわけではなくて。
ほとんど寝てた、かな。
ちょっと体調悪くて、ね。
動ける時は、最近、はまってるマリメッコの生地の水通しをしたり。
ケーキを焼いてみたり。
家の用事でホームセンター巡りをしたり。
そのくらいかな。

最近、思うこと。
毎日、自分の時間がとれないくらい遅くまで働いて、休みの日でもケータイに会社から電話がかかってくるんじゃないかと気がきじゃなかったり、電話がきたらそれこそ休みだってのに対応しなくちゃいけないし、そんな生活ってどうなんだろう。

まっ、自分、甘いよね。
人生、そんななまっちょろいもんじゃない!

と言い聞かせ…

ある日のお家ランチ。




冬の昼下がり。
オニオンスープとチーズバケットでまったりランチ。
こういう何気ない瞬間がたまらなく好き♪

もっともっと自分の時間、大切に使いたいな〜。

今夜の献立 塩麹鍋

今日はものすご〜く寒くて、手足冷え冷え。
オイルヒーター、抱きしめ、
時にオイルヒーターの襞に足先突っ込んだりして暖をとる。
部屋から出ると吐く息が白い!
全館暖房、なんていうお家に憧れちゃいます。

こんな寒い日は、お鍋に限る!ってことで、塩麹鍋に決定。
塩麹鍋、めちゃくちゃ簡単。
今日みたいに夕飯、作りたくない〜ってな日にピッタリの超お手軽メニュー。

味付けは塩麹だけ。
鶏肉と塩麹をグツグツ煮込んだら、あとはキャベツ、ネギ、もやし、エノキ、ウィンナー、マロニー投入!

これだけ。

全然、手間かかってないのにこれが良い出汁がでるのよね〜



胡椒振りかけても良し、柚子ポンで頂いても良し、はふはふ言いながら頂きました。お鍋を囲んでるとじんわり幸せ感じちゃう。

ご馳走様でした\(^o^)/

お手製アップルパイでティータイム♪

この連休、体調不良でほとんど寝てすごし〜の寝正月連休だったわけですが… さすがにまずいだろうということで、アップルパイなぞ焼いてみました。

アップルパイ、初挑戦!
パイ生地が足りなくて、伸ばし伸ばし使ったらやけに薄くなってしまったり。
最後にバターをフィリングの上に散らすのを忘れて、一度被せたパイ生地をひっぺ剥がしたり。
四苦八苦した末にやっと焼きあがったアップルパイ。



難儀の果てにやっとこさ焼きあがったアップルパイだけど、とっても美味しく出来上がりました♪

パイ生地はもうちょい厚めの方が好みなので次回はパイ生地多めに作ってみよっと。

手作りって、形悪いけど素朴でほっこり

元旦の夜

元旦の夜は、イタリアンお節で。

パスタがめちゃうまのララポルタでお取り寄せ。



18種類のお料理がぎっしり詰まった豪勢なお節。
目で楽しみ、口で味わえる至福のお節です

特に鴨のローストが絶品で、まさにツボ。
スポンサー様、ということでみんなより枚数多くいただいちゃいました。

家族みんなで、これは何?これ、美味しいよ、とワイワイ賑やかな元旦の食卓。

市販のお節を初めて購入したけれどなかなか良いもんだね〜。
これは来年も、かな。

ふ〜、幸せ

2013年 恭賀新年

明けましておめでとうございます。

年末年始、ちょこっと体調不良でほとんど寝て過ごしてました。文字どおりの寝正月ってやつでございます。

元旦は母お手製のお料理でスタート。今回はバタバタと忙しく、たいしたものが作れなかったと言ってるけど十分!



黒豆、昆布巻き、お雑煮。
うちの昆布巻きは新潟風で昆布巻きといえば身欠きニシン!これが美味しいんだわ

お雑煮はけんちん汁にお餅が入ったもの。
子供の頃はすまし汁のお雑煮だったんだけどいつの頃からかけんちん汁が我が家のお雑煮となり…これには家庭内で賛否両論あり。

乾杯は黒豆マッコリで。
日本酒、適当なのがなくて、マッコリで代用。ちょっと色が悪いね〜。完全、グレーという…。
お酒に関しては毎年抜かりなく準備するんだけど今年は体調悪くてお酒のことまで頭がまわらなかった

マッコリでご勘弁下さいませ、皆様。

家族みんなで母の手料理を囲んで乾杯〜。

平和な一年となることを心からお祈りして。

名前:ピンス
住所:神奈川県
血液型:O型

食べること、飲むこと、旅すること、馬に乗ること、本を読むこと、お昼寝、一人過ごすことが大好き。
吉川晃司にはまって早1年。
コメント
トラックバック
映画「私の頭の中の消しゴム」 (茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??)
『私の頭の中の消しゴム』を観る
韓流ですか (タイから日記2 ★唯我独尊☆彡)
『大長今』の夜
祝!映画デビュー!!SHINOBI (徒然なるままに、いとおかし)
「SHINOBI」を観る
祝!映画デビュー!!SHINOBI (徒然なるままに、いとおかし)
「SHINOBI」を観る
映画「4月の雪」 (茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??)
「4月の雪」を観る
あくまで昔の話です (知れば知るほどきらいになる国?)
ノーサンキュー、韓国人男性
【大切なもの NO.004】転職(前) (てんてん&たかみーの “100の大切なモノ”)
凹んでます。
アクセス数
総計
アクセスカウンター

今日
アクセスカウンター

昨日
アクセスカウンター




  • ライブドアブログ