大長今












今日からNHK地上波で始まった『大長今』を観る。
(どうも邦題の「チャングムの誓い」に抵抗がある。)
何度観ても、やっぱり良い。
今まで観た韓国ドラマのトップ3に入るね。
で、今回は日本語で観てるから聞き取れなかった箇所もチェックできて
なおさら良かったりする。
トリカブト、なんて単語、普通、知らないもんね。

ドラマの中の韓国は限りなく美しい。
ドラマを観て韓国に憧れちゃう人って結構、多いんだろうな、と思う。
思い返せば韓国留学前にKNTVでやってるドラマに釘付けになってたっけ。
「ホン・ギルトン」とかさ、「向日葵」なんかに夢中になってた。
韓国への思いがどんどん熱くなってったものだわ。
言葉もよく分からないからもどかしさとじれったさがあってさ、
余計に思いが募ってたあの頃が懐かしい。
あの頃は今みたいにひねくれてない、真っ直ぐな心で韓国を見てた、と思う。
半ば韓国に恋焦がれてた、って感じだったかもね。

知りすぎると憧れのままではいられない。
でも、今、思い返すととても懐かしい切なくなるような
あんな思いを与えてくれた韓国に感謝。




人気blogランキング