風味絶佳〜幸せ日和〜

美味しい食べ物、お昼寝、旅、馬、本、映画、吉川晃司。 日々の生活で見つけた小さな幸せの足跡。

翻訳

大長今テーマパーク@韓国

元上司のKさんとお昼に会う。
日本での勤務を終え、韓国に帰国したKさんと一緒に
大長今テーマパークへ。

テーマパークを観光する前にまずは腹ごしらえ。
テーマパーク入り口付近にあるカルグクスのお店に入る。
감자전(じゃがいものチヂミ)と옹심이 칼국수(オンシミカルグクス)を食べる。



オンシミカルグクス


옹심이とはおかずの中に入ってる小さなお団子のことなんだって。
このカルグクスにはジャガイモ団子が入ってる。
麺はなんと蕎麦!
蕎麦粉で作ったカルグクスは初めてかも。
ジャガイモ団子といい、麺といい、すっごく美味しい。

お腹が一杯になったところで
いよいよテーマパーク入場。
テーマパークといっても、別に乗り物があるわけじゃないんだけどね。
チャングムのドラマ、ここで撮影されてたんだね。
王宮や民家なんか本物っぽくよく作られてる。
でも屋根を触ると発泡スチロールだったりして、びっくり。
発泡スチロールの屋根。
雪なんか降ったら、、、耐えられるんだろうか?

セットというよりはどこか田舎の村に来たような、そんな感じ。
Kさんもいろいろ説明してくれて。
楽しかった。

アイス@大長今テーマパーク


日本ほどじゃないけれど、韓国もちょっと歩くと汗ばんでくる。
Kさんと一緒にアイスを食べる。
私、こんなアイス、食べたことなかったんだけど、
冷たくて、美味。

のんびりぷらぷらテーマパーク内を散策した後、
ソウルへ戻る。
戻るなりちょっと早めの夕食。
江南にある강강술레(カンガンスルレ)というお店でカルビ。
ここがね、マジで美味しかったのよ。


カルビ@カンカンスルレ


Kさんと一緒じゃなかったら
カルビなんて食べられなかっただろうな。
だって高いもん。
おまけに江南でカルビだなんて、ね。

今日は久々に観光満喫。
すっかり旅行者になった気分。
たまにはこういうのもいいね。



人気blogランキング

宝のひょうたん

バガジ






田舎に心優しいお百姓さんが住んでいました。
お百姓さんは働き者でしたが、
日照のために農作物はまったくとれない有様でした。
お百姓さんは食べる物がないので、
家にある生活道具を市場に出しては
ただ同然の値段で売ってはお米を手に入れていました。

「今日は何を売ろうか。ああ、もう一握りのお米しか残ってない」
お百姓さんはがっくりと野道を歩いていました。
ところがしばらく行くと蛙を捕まえては
大きな桶に入れている人に出会いました。
「どうして蛙をそんなにたくさん捕まえているのですか。」
「とてもお腹が空いて蛙でも捕まえて食べようかと思いまして。」

凶作のせいで他の人もみんな生活が苦しかったのです。
お百姓さんはその人が可哀想に思えました。
しかし桶の中で悲しげに鳴く蛙も哀れでした。
「私が米を一握りあげるから、かわりに蛙をくれないか」
その人は蛙よりお米の方が良かったので、
すぐさま蛙を売りました。

お百姓さんは蛙が入った桶を持って、近くの蓮の池へ行きました。
そして蛙を全部、放してあげました。
「良い時だったらこんな目にもあわなかったものを。
蛙さんたち、元気でな。」
ところが蛙は水の中に入ろうとせず、
お百姓さんの足元から離れようとしません。
「早く行け」
蛙はぴょんぴょんと跳ねて藪の中へと消えてきました。
そして「ケロケロ」「ゲコゲコ」と鳴きたてるのです。
お百姓さんは一体、どうしたことかと藪に入っていきました。
すると蛙たちはひょうたんを囲んでいるではありませんか。
「はは。私に贈り物でもしてくれるというわけだな。
ちょっと古いけれどお前達の優しい心を有難く思って
使わせてもらうよ。」
お百姓さんは気分よくひょうたんを手にとりました。
するとやっと蛙たちはぴょんぴょんと池の中へと入っていきました。

家に帰ったお百姓さんはおかみさんにこっぴどく怒られました。
「家に残ってたお米を全部もってどこへ行ってたんですか」
「悪いな。かわりにひょうたんを一つ持ってきたよ。
かまどに置いておくから使ってくれよ。」
「何ですって?お米のかわりにひょうたんですって?」
おかみさんは怒って台所へと行ってしまいました。
「あなた、冗談が上手だこと。ひょうたんいっぱいに
お米を持ってきたって一言も言わないんだから。」
おかみさんはお米がいっぱいに入ったひょうたんを手に
にっこりと微笑みました。
「米だって?からっぽのひょうたんだったのに」
お百姓さんはびっくりしました。
本当にお米がいっぱいに入ってるではありませんか。
「蛙さんたちのお陰で今日は白い飯がお腹いっぱい食べられるぞ。」
お百姓さんとおかみさんはご飯を炊いて、お腹いっぱいになるまで
食べました。

次の朝、おかみさんはびっくりして叫びました。
「あなた、早く来て!」
お百姓さんは何事かとあたふたとやってきました。
なんということでしょう、ひょうたんの中は
お米でいっぱいではありませんか。
「昨日、私がこのひょうたんに入ってたお米でご飯を炊いたのに
またいっぱいになってる!」
お百姓さんは身じろぎもせずにただ首を縦にふりながら言いました。
「これは話に聞いていた宝のひょうたんのようだ。
食べても食べても尽きることなく出てくる宝のひょうたんだ。」
「あらまあ、なんておめでたいことなんでしょう!」

お百姓さんはひょうたんから次々に出てくるお米を隣近所に
分けてあげながら暮らしました。
恩返しをしてくれた蛙からの大切な宝物を
一人占めしてはいけないと思ったからです。
心優しいお百姓さんはその後もたくさんの福を受けながら
一生、元気で幸せに暮らしたそうです。


                   우리 옛 이야기 「화수분」より




今日の単語


화수분 金のなる木 財物が尽きずに生じて
      使っても使っても無くならないこと。
      우리 집 재산이 화수분인 줄 아느냐?
(家に金のなる木でもあると思ってるのか?)
세간    生活用品  生活道具
헐값    廉価
통 桶
흉년 凶年
안쓰럽다 哀れだ
옳다 ああそうだ、そうそう
연못     蓮の池
폴짝폴짝 小さいものが跳ぶ様 ぱたんぱたん ぱっぱと
수풀 藪
핀잔 けんつく 面責
      핀잔 먹다 面責をくわされる
      핀잔 주다 面責する
      아는 척하다가 핀잔말 받았다.
활짝 満面に微笑みをたたえた様
      활짝 웃다.(にっこり笑う)
경사 慶事
      경사가 나다(おめでたいことが起こる)




動物など生き物に親切にしてあげて恩返しされるという話は
どこの国にもあるようで。
それにしても何で親切なのは心優しい働き者の男で
女はがみがみうるさいものと相場がきまってるんだろう。
これは国を問わず・・・なんだろうか。





人気blogランキング

名前:ピンス
住所:神奈川県
血液型:O型

食べること、飲むこと、旅すること、馬に乗ること、本を読むこと、お昼寝、一人過ごすことが大好き。
吉川晃司にはまって早1年。
コメント
トラックバック
映画「私の頭の中の消しゴム」 (茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??)
『私の頭の中の消しゴム』を観る
韓流ですか (タイから日記2 ★唯我独尊☆彡)
『大長今』の夜
祝!映画デビュー!!SHINOBI (徒然なるままに、いとおかし)
「SHINOBI」を観る
祝!映画デビュー!!SHINOBI (徒然なるままに、いとおかし)
「SHINOBI」を観る
映画「4月の雪」 (茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??)
「4月の雪」を観る
あくまで昔の話です (知れば知るほどきらいになる国?)
ノーサンキュー、韓国人男性
【大切なもの NO.004】転職(前) (てんてん&たかみーの “100の大切なモノ”)
凹んでます。
アクセス数
総計
アクセスカウンター

今日
アクセスカウンター

昨日
アクセスカウンター




  • ライブドアブログ