2012年02月24日

セシウムを除去する技術

いろいろな企業が放射能を
除去する技術を開発しています。

今回はセシウムを除去する技術です。

農業・食品産業技術総合研究機構の
中央農業総合研究センター(茨城県つくば市)は
22日、福島県内の放射性物質に汚染された
農地土壌から放射性セシウムを99.9%
除去できる技術を開発したと発表しました。

汚染土壌に無機系化合物の「高性能反応促進剤」を
添加して、あらかじめ放射性セシウムを
昇華しやすくした上で、小型の回転式電気炉を
用いて1300度以上に加熱処理し、気体化した
放射性セシウムをフィルターで捕らえる。
これを冷却した後に「濃縮セシウム塩」として回収する。

これら一連の技術の実証試験として、福島県飯舘村の
飯舘村クリアセンターにある装置で汚染土壌を
毎時2キログラムの連続処理したところ、1キログラム
当たり6万ベクレルの汚染土壌が同29ベクレルに下がり、
セシウムを99.9%除去できた。

汚染土壌に残る放射能は基準以下の十分低い
レベルなので、復旧・復興用の土木資材などにも
利用できるという。

いろいろな技術が発表されています。
あとは、採算が合うかですね。
安くしないと、広範囲の除染はできませんね。

政府の後押しが必要です。


skyononaka at 10:15│
Categories
Archives