2015年05月29日

有効求人倍率

厚生労働省が29日、4月の有効求人倍率
(季節調整値)を発表しました。

前月比0.02ポイント上昇の1.17倍だったそうです。
1992年3月(1.19倍)以来23年1カ月ぶりの
高い水準だそうです。

改善は2カ月だそうです。
景気回復を背景に雇用環境は
改善しているようです。

医療・福祉のほか、訪日外国人の増加に
伴って宿泊・飲食サービス業などの求人が伸びたそうです。

ただ、建設業や製造業の求人は減少したそうです。
厚労省は「生産が弱含んでいるのは懸念材料」だそうです。

有効求人数は医療・福祉などに新たな
求人があったことで増加し、求人倍率を
押し上げたそうです。

人材不足になっていますね。
新卒の求人も増えています。

いいことです。



skyononaka at 09:56│
Categories
Archives