2012年04月

2012年04月30日

世論調査

共同通信社が28、29両日全国電話世論調査を
実施しました。

野田内閣の支持率は発足後最低の26・4%まで
下落しました。

消費税増税の前提とされる議員定数削減など
「身を削る改革」が足踏みを続けていることや、
政府の原発再稼働方針をめぐる安全性への
不安が下げ要因になったようです。

無罪判決を受けた小沢一郎元民主党代表に
77・1%が国会での説明を要求しています。

野田佳彦首相が続投させている問責2閣僚に
ついては、それぞれ60%超が「交代させた方が
よい」と答えたそうです。

関西電力大飯原発3、4号機の再稼働には
59・5%が反対し、賛成は26・7%に
とどまっています。

支持率が低いですね。
もっと、国民に説明した方がよいですね。

消費税ばっかりではなくて改革の法案を
通すべきです。
実績が何も見えませんね。




skyononaka at 11:14|Permalink

2012年04月28日

赤西仁のファンクラブ

元KAT-TUNの赤西仁さん(27)の
ファンクラブが、2012年4月で事実上
消滅するそうです。

赤西仁さんは、女優の黒木メイサさん(23)と
電撃入籍しました。

それが事後報告だったとして、ジャニーズ事務所側の
怒りを買ったそうです。

無断入籍でペナルティーを科せられていると
されるだけに、「引退するのか」とファンらの間で
騒ぎになっているそうです。

全国ツアーが中止になったり、主演ドラマを
降板したりしており、事務所にペナルティーを
科せられたと報じられているようです。

歌手や俳優や女優は、それが商品ですからね。
やっぱり、問題です。
事前に、事務所などに知らせるべきです。

CMのスポンサーもいます。
お金を払っている人です。

やっぱり影響は大きいですね。



skyononaka at 10:27|Permalink

2012年04月27日

インドでの日本のアニメ

インドでの日本のアニメの
人気が上がっているようです。

アニメと言えば米国製が主流だった
インドで日本アニメのファンが急増しているそうです。

作品が衛星テレビで放送され、日本政府による
積極的なPRも奏功しているようです。

西部ムンバイでは愛好会の活動も本格化している。

「ストーリーが奥深く、感情移入しやすい。
飽きが来ない構成も魅力」。
だそうです。

インドでは今秋からクリケット版「巨人の星」の
放送が決まっているが、関心はまだ低く、
視聴可能な「クレヨンしんちゃん」などのほか、
日本でも話題の「ONE PIECE(ワンピース)」が
人気のようです。

ワンピースですか。
インドも日本と同じなのですね。

これからは、中国ではなくてインドですからね。



skyononaka at 10:05|Permalink

2012年04月26日

iPhone5

Appleは25日、毎年恒例の
ワールドワイドデベロッパカンファレンス
(世界開発者会議:WWDC)を、6月11日
から15日にサンフランシスコのMoscone
Westにて開催することを発表しました。

この発表会で、新世代の「iOS 6」や
「OS X Mountain Lion」についての詳細が
発表されるのはほぼ確定的だそうです。

また、過去のWWDCでの発表内容や、
商品展開のスケジュールを考えると
新型「MacBook Pro」あるいは新型MacBook、
さらには「iPhone 5」が発表される可能性が
あるそうです。

まだまだ、アップルの独走は続きますね。
いかに、ジョブズが残した遺産が
大きいかです。

次のジョブズは生まれるでしょうかね。

skyononaka at 11:34|Permalink

2012年04月24日

薄型テレビ

薄型テレビの販売が低調の
ようです。

電子情報技術産業協会(JEITA)は23日、
3月の「民生電子機器国内出荷実績」を
調査・発表しました。

映像/音声/カーAVC機器の全体で出荷金額/前年比は
1,839億円/65.7%となりました。

8ヵ月連続で前年比マイナスに終わったようです。

出荷金額/前年比を製品分野別にみると、
映像機器は1,001億円/45.6%で8ヵ月連続マイナスです。
音声機器は112億円/86%で15ヵ月連続マイナスであったが、
カーAVC機器は726億円/152.5%で4ヵ月連続の
プラス成長を遂げているそうです。

薄型テレビは863千台/40.1%で8ヵ月連続マイナスです。

これが大きいですね。

でも、地デジの反動で、もう数年はテレビを
買いませんよ。
買うメリットもありません。

テレビを見なくなっていますからね。
やっぱり、コンテンツがないとだめですね。

新しいライフスタイルを考えないといけませんね。


skyononaka at 09:51|Permalink

2012年04月23日

楽天・田中将大投手

楽天・田中将大投手が出場選手登録を
抹消されました。

腰痛のようです。

現在、熊本遠征中のチームには帯同せず、
仙台で調整を続けています。

チームのエースの、突然の離脱が決まりました。

関係者によると田中はこの日、仙台市内の
病院で検査。

異常は見られなかったものの、星野監督は
「中途半端ではダメだ。しっかり治してな」と、
抹消の経緯を説明したそうです。

佐藤投手コーチは「1回飛ばして様子見る。
1回で間に合いそうだから」と、重傷でないことを
強調したそうです。

スポーツ選手は、怪我が一番心配です。

病院でも異常はなかったようですから
よかったですね。

早く完治させて欲しいですね。


skyononaka at 10:19|Permalink

2012年04月22日

中国経済の先行き

米誌アトランティック(電子版)の記事です。

中国経済の高度成長に変化が現れ、
矛盾の段階に突入しつつあると
指摘したそうです。

中国経済の驚異的な成長を支えてきた
3大要素は「膨大な数の廉価な労働力」
「市場改革」
「グローバル化」です。

中国経済の成長は世の中をメード・イン・チャイナの
世界に変えました。

しかし、ここに来て中国経済は変化し始めており、
人々が豊かになっていく一方で、経済成長は
ますますスローペースになっていくという、
新たな矛盾の段階へ入りつつあるそうです。


中国の都市化率はピークに近づきつつあり、
矛盾の段階への兆候はすでに顕在化し始めているようです。

人々は依然として農村から都会へと移転を
続けているが、そのペースは徐々に落ちており、
農村から工業地区への労働力供給の減少は、
各工場での労働力獲得のための熾烈(しれつ)な
争いがさらに激化することを意味するそうです。

中国は、輸出から内需に転換する時期です。
アメリカ、ドイツ、日本は転換してきました。

中国も、ずっと輸出は難しいです。
人件費もどんどん上がっています。

日本は、これからミャンマーなどに行くでしょう。
人件費が中国の5分の1のようです。

時代は繰り返されますから。
中国の正念場です。



skyononaka at 09:27|Permalink

2012年04月21日

茶のしずく石鹸問題

「茶のしずく石鹸(せっけん)」の
旧製品で小麦アレルギーを発症した問題です。

東京、大阪、福岡などの被害者計535人が20日、
せっけん製造・販売の悠香(福岡県大野城市)など
3社を相手取り、製造物責任法(PL法)に基づく
損害賠償を求める訴えを全国15地裁・支部に
起こしました。

損害賠償額は原告1人当たり462万〜1500万円で、
請求総額は約70億4600万円に上るそうです。

茶のしずくはシミに悩む女性を中心に、
主に通信販売で人気を集めた洗顔用せっけん。

使用者が意識障害など重篤なアレルギー症状を
引き起こす被害が全国に広まっているとして、
原告側は一斉提訴に踏み切った。

被害者弁護団は「せっけん(旧製品)に欠陥が
あった」として製造者側の責任を追及する
構えだそうです。

弁護団によると、1995年に施行したPL法に
基づく全国での集団提訴は初めてのようです。

もう少し早めに使用を中止するか、
交換などをすればよかったですね。
被害が大きくなりすぎました。


skyononaka at 09:54|Permalink

2012年04月20日

毒カプセルがアイスに

中国には、いろいろなことが
ありますね。

今度は、アイスの原料に毒カプセルが
使われていたそうです。

中国で医薬用カプセルから基準値を
超える重金属クロムが検出されたそうです。

摘発された河北省の企業がカプセルを
複数の食品メーカーにもアイスクリームなどの
原料として流していたそうです。

カプセルの原料に皮革廃材から製造した
工業用ゼラチンが使われていました。

どういう考えで、毒を入れるのでしょうか。
日本では考えられません。

最近は、中国でおこることに
驚かなくなりました。



skyononaka at 10:26|Permalink

2012年04月19日

LINEの登録者数

ユーザー間で無料通話/メール交換が可能な
アプリケーションで「LINE(ライン)」というものが
あります。

LINE は、ユーザー同士であれば国内や
海外、通信キャリアなどを問わず、24時間無料で
音声通話やメールが楽しめるアプリケーション/
サービスです。

登録ユーザーが急速に拡大しているようです。

登録ユーザー数が全世界で3,000万人、
国内で1,300万人を超えたそうです。

周辺サービスのグリーティングカード アプリ
「LINE Card(ラインカード)」およびカメラ アプリ
「LINE camera(ラインカメラ)」も
急成長しているということです。

いろいろなサービスが出てきますね。
消費者にとっては、よいことです。




skyononaka at 08:03|Permalink
Categories