2017年02月

2017年02月28日

スマホでネット利用

内閣府は27日、青少年の
インターネット利用に関する
実態調査の結果を公表したそうです。

10〜17歳の青少年が平日に
インターネットを利用する時間は
1日平均154分で、前年より12分増加したそうです。
青少年の「ネット依存」が改めて浮き彫りに
なったそうです。

スマートフォンによるネット利用率は
53%で2年連続で半数を超え、
平均使用時間は小学生が70分、
中学生が124分、高校生は170分に
上ったそうです。

スマホでネットを利用すると
回答した青少年のうち、1日2時間以上
利用している割合は、小学生24・8%、
中学生52・1%、高校生72・1%だったそうです。
中学生のスマホ所有率は51・7%で
半数を超えたそうです。

殆どの人がスマートフォンをもつ
時代になったですね。
すごい数です。
時代が変わっています。





skyononaka at 10:00|Permalink

2017年02月27日

日経平均

27日の寄り付きの東京株式市場です。

日経平均株価は前営業日比153円03銭安の
1万9130円51銭となり、
続落して始まったそうです。

米国市場でダウ(.DJI)は連日で最高値を
更新しているが、為替が1ドル112円台
前半まで円高方向に振れたことで、
輸出株に売りが先行したそうです。

米金利低下を背景に保険、銀行などの
金融株も安いそうです。

東証業種別指数でプラスはガラス・土石の
1業種のみとなっているそうです。

アメリカは、続伸ですが、
日本は弱いですね。

アメリカもいつまで上がるか
わかりませんんが。
トランプ大統領の政策待ち
でしょうかね。






skyononaka at 10:33|Permalink

2017年02月25日

フェイスブック離れ

フェイスブック利用者の投稿件数が
大きく減少しているそうです。

マーケティング企業のMavrckは、2016年の
フェイスブック上の投稿2,500万件を調査した
リポートを発表したそうです。

それによると、ユーザーによる投稿数が
2015年に比べて29.49%減少したそうです。

一方、ニュースフィードの
エンゲージメントは7か月連続で減少していたが、
2015年9月から2016年3月にかけてプラスに転じたそうです。

これは広告よりも、ユーザーからの投稿や
動画を優先表示するようにアルゴリズムを
変更したことが原因と思われるそうです。

広告主たちの希望に反し、広告表示を
減らした方がフェイスブックにとって
メリットが大きいことになるが、収益面との
バランスを図ることが今後の課題になるそうです。

アルゴリズムのアップデートがあるそうです。
フェイスブックが定めたルールにユーザーは
良くも悪くも大きな影響を受け、それが
嫌であれば退会するしかないそうです。

ユーザーらの利用法や目的が
以前から大きく変化しているそうです。

ファイスブックは、メリットもありますが、
デメリットもありますね。
やめたい人もいるでしょうね。


skyononaka at 10:13|Permalink

2017年02月24日

アマゾンの荷物

宅配便最大手のヤマト運輸の
労働組合が今春闘で、荷物の取扱量の
抑制を要求しました。
インターネット通販の普及と人手不足で
ドライバーなどの労働環境が厳しく
なっているためだそうです。

経営側も協議に応じる構えで、
収益減につながるテーマを労使で
話し合う異例の事態となっているそうです。

ヤマトは宅配市場の5割近くを
握る最大手。
2016年度の荷物量は前年度比8%増の
18億7千万個になる見通し。
ネット通販の普及で荷物量は右肩上がりに
増えていて、5年前と比べると3割増。
スマートフォンの普及を背景に
ネット通販はさらに拡大しそうで、
伸びは収まりそうにないそうです。

扱う荷物の4割ぐらいをアマゾンの
段ボールが占めている感じ。
ほかにもゾゾタウンやアスクルなど
ネット通販の荷物が目立って
増えているそうです。

ヤマト運輸は、アマゾンの配達をやめたら
よいと思いますよ。
即日配達なんて意味がないですね。
必要ないですね。異常です。



skyononaka at 09:22|Permalink

2017年02月23日

アメリカの不法移民

トランプ米政権です。

21日、米国内に約1100万人いると
推定される不法移民の強制送還を
徹底するよう連邦政府の関連機関に
命じたそうです。

重点的な取り締まりの対象を
オバマ前政権時代より拡大する
ことなどが柱だそうです。

ケリー国土安全保障長官は21日、
不法移民の強制送還について
「一部を例外扱いすることはない」と表明。

交通違反や万引などで拘束された
不法移民も強制送還の対象になるという。

オバマ前政権下では、殺人などの
重罪を犯したり、入国から2週間以内に
国境近くで拘束されたりした
不法移民の強制送還に重点をあてていたそうです。

1000万人ですか。
すごい数字です。
治安も悪くなります。






skyononaka at 09:21|Permalink

2017年02月22日

完全自動運転

米国で車の自動運転技術の
実用化に向けた動きが
加速しているそうです。

グーグル系の「ウェイモ」はすでに、
人間による運転を必要としない
「完全自動運転」を公道上で実現しているそうです。

事故の減少や渋滞緩和につながるとの
期待が広がるそうです。

しかし、自動運転の安全性確保の
規制は未整備で、業界側との軋轢(あつれき)も
生まれているそうです。

タクシー運転手らから仕事を
奪い取るといった懸念もあり、
普及に対する慎重論が強まる
可能性もあるそうです。

完全自動運転には人間による判断ミスや
状況の見落としがなくなり、事故が
減るとの期待が大きいそうです。

無駄な減速や加速が減り、燃費改善や
渋滞解消につながるとの見方もあるそうです。

確かに、タクシーなどの雇用は
少なくなるでしょうね。
時代が変わります。



skyononaka at 09:51|Permalink

2017年02月21日

味の素

食品大手の味の素です。

20日、社員全員の月額給与の
基本給を一律1万円引き上げる
ことで、労働組合と合意したそうです。

基本給を増やすことで、
働き方改革で残業代が減る
ことへの社員の不安を和らげる
ねらいだそうです。

労働組合側からの要求に対し、
会社側が満額回答したそうです。

引き上げの対象は管理職を含む
約4千人で、4月の給与から
実施するそうです。

原資の一部には、寒冷地手当などの
見直し分を充てるそうです。

味の素は長時間労働の是正を進めており、
4月からは所定労働時間を20分短縮して
7時間15分にするそうです。
2018年度に7時間とすることでも
合意したそうです。

給料や労働時間でニュースになると
新卒の採用などに影響がありますね。
こういう会社に入社したいと思います。

すごい宣伝効果です。



skyononaka at 09:46|Permalink

2017年02月20日

内閣支持率

読売新聞社が17〜19日、
全国世論調査を実施したそうです。

安倍内閣の支持率は66%で、前回調査
(1月27〜29日)の61%から
5ポイント上昇したそうです。
第2次内閣発足時の2012年12月の
65%とほぼ同じ高い水準となったそうです。
不支持率は24%(前回31%)だったそうです。

安倍首相とトランプ米大統領の
日米首脳会談を「評価する」は66%、
「評価しない」は26%。首脳会談の評価に加え、
北朝鮮の弾道ミサイル発射などで危機意識が
高まったことも、支持率を押し上げたと
みられるそうです。

弾道ミサイル発射をやめさせるため、
国際社会が北朝鮮に対し、対話と
圧力のどちらを重視すべきかを聞くと、
「圧力重視」55%、「対話重視」35%だったそうです。


日米首脳会談で、沖縄県の尖閣諸島について、
米国の対日防衛義務を定めた
日米安全保障条約5条が適用されると
確認したことを、「評価する」は71%だったそうです。

野党やマスコミは、批判していますが、
こんなにうまくいった訪問は
ありませんね。
安倍首相だから出来たと思います。




skyononaka at 11:33|Permalink

2017年02月18日

格安スマホ

格安スマホを展開するMVNOが台頭し、
安価な月額料金でスマートフォンが
利用できるようになりました。

一方、販売面で苦戦しているのが
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの
大手携帯通信会社だそうです。

端末の割引額が減少し、ユーザーの負担が
増えたことから、MVNOや
ワイモバイルなどの低価格サービスに
ユーザーが流出する動きも
強まっているそうです。

毎月1万円近く料金を支払っている
大手携帯会社の利用者が、
月額2000円前後のMVNOのサービスに
流れてしまえば、直接的に得られる
収入は大幅に減るそうです。

でも、消費者にとっては、
安い方がよいですね。
選択枝も増えます。





skyononaka at 09:42|Permalink

2017年02月16日

インドのスマートフォン市場

米国の市場調査会社IDCが先頃
インドのスマートフォン市場に
関する最新リポートを公表したそうです。

昨年(2016年)1年間の同国における
スマートフォン出荷台数は1億910万台となり、
前年から5.2%増と、小幅な伸びにとどまったそうです。

その中で、中国メーカーが出荷台数を
大きく伸ばしているそうです。
10〜12月期はスマートフォン市場の
勢力図に変化があったそうです。

10〜12月期は中国メーカーの
合計シェアが46%と、1年前の2倍に
拡大したそうです。
これに対しインド地場メーカーの
合計シェアは19%に低下したそうです。

10〜12月期におけるメーカー出荷台数シェアの
ランキングを見ると、上位5社は、
「韓国サムスン電子」、
「中国シャオミ(小米科技)」、
「中国レノボ・グループ(聯想集団)」、
「中国オウポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)」、
「中国ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)」
の順だそうです。

中国ばっかりですね。

すごいですね。
シェアがどんどん拡大しています。

インドもスマートフォンが
拡大していきますね。


skyononaka at 10:51|Permalink
Categories