2017年10月17日

民進出身の希望公認候補

衆院選を前に民進党から希望の党に
移籍した前職の中に、希望の党の
公約と大きく異なる主張を掲げる
候補が続々と出始めたそうです。

希望の党が容認する「憲法9条改正」
などの“踏み絵”を踏んだはずなのに
公然と異を唱え、小池百合子代表を
批判する声まで上がっているそうです。

希望の党の失速で焦りを募らせて
いるようそうです。

「憲法9条の改悪については明確に反対」
 香川1区から希望の党公認で立候補した
小川淳也氏は、党の公約に「憲法9条を含め
改正議論を進める」と明記されているにも
かかわらず、自身のホームページにそう書き込んだそうです。

小川氏は16日、高松市で行った
街頭演説で「小池氏の物言いは『排除』など
ひどい。私の政治信条は変わらない」と強調。
この日は改憲派の前原誠司民進党代表が
街頭演説を行う予定だったが、急遽キャンセルしたそうです。

でもですね。
自分の希望で、希望の党に行って、立憲民主党の
支持率が上がったから、希望の党に
反旗を翻すなんておかしいですね。

だから民進党はダメなのです。

希望の党も、こういう人を入れたら
ダメですね。
裏切ります。



skyononaka at 11:19│
Categories