2017年10月20日

野党第一党

衆院選(22日投開票)で自民党が堅調な勢いを
保っています。

選挙後の憲法改正論議を巡り、
希望の党と立憲民主党のどちらが
野党第1党になるかに注目が集まっているそうです。

改憲論議では野党第1党が
合意形成のうえでカギを握るからだそうです。

毎日新聞が13〜15日に行った
特別世論調査に基づく中盤情勢では、
公示前勢力で野党第1党の希望が
失速しているのに対し、立憲が勢いを増し、
希望を上回ることも想定されるそうです。

改憲にあたっては国民的な合意が
不可欠という立場から、公明党には
「野党第1党を巻き込むべきだ」
という考えが強いそうです。
自民党内にも憲法族を中心に
同様の意見があるそうです。

確かに、今回、立件民主党にどのくらい
票が集まるか興味がありますね。
リベラルだと言っています。

注目です。





skyononaka at 09:53│
Categories