2018年11月07日

学力

読書量が多いほど学力が
向上し、特に算数で影響が大きいそうです。

こんな結果がベネッセ教育総合研究所
(東京)の調査で明らかになったそうです。

同研究所は「与えられた問いや
条件を正確に読み取る力を高めて
いるのではないか」とみている。

調査は2016年8月から
17年12月の間、小学5年生
(調査開始時)4万2696人が
ベネッセの電子書籍サービスを
利用して本を読んだ数と、学力テストの結果を分析した。
 
その結果、10冊以上読んだ
グループは4教科(国語、算数、理科、社会)の
平均偏差値が1.9ポイント
上がったのに対し、読書を
しないグループでは0.7ポイント下がったそうです。

いずれの教科も読書量が多いほど
偏差値が上がり、特に算数では
「多い」と「しない」グループの間に
4.8ポイントの大きな差が付いた。
 
当初の学力が高い子どもと低い
子どもに分けて読書の効果を調べると、
低い子どもの方が読書による学力の
伸びが大きいことも分かったそうです。



skyononaka at 11:08│
Categories
Archives