2019年04月16日

英語力

文部科学省は16日、全国の公立中学・
高校の生徒の英語力を調べた2018年度の
「英語教育実施状況調査」(昨年12月実施)の
結果を公表したそうです。

政府が示す英語力の水準に達した
生徒は中学3年が42.6%(前年度比1.9ポイント増)、
高校3年が40.2%(同0.9ポイント増)と
上昇傾向が続くが、いずれも目標とする
50%には達しなかったそうです。

調査は中学校9374校、高校3354校の
全公立校を対象に実施。
中学は語学力の国際指標「CEFR(セファール)」の
A1レベル(中学卒業レベルとされる英検3級に相当)
以上、高校はCEFRのA2レベル(高校中級程度と
される英検準2級相当)以上の資格を取得しているか、
または教員が「相当の能力がある」と判断した
生徒の割合を調べたそうです。

都道府県別で水準に達した割合が
最も高かったのは中学、高校とも福井県で、
それぞれ61.2%と56.0%。自治体間の差が
大きく、中学では最も低い北海道の30.0%と
30ポイント以上の差があったそうです。

福井県は16年度から中3、高1、2に対して
年1回、民間資格検定試験の受験料を
全額補助。県立高入試でも、英検の
級に応じて加点するなど受験を
推進しているそうです。

でも、上がっているのはよいことです。
高校で準2級レベルですか。すごいですね。
これから成果が出てきますね。


skyononaka at 11:41│
Categories
Archives