ふるさと納税

2017年05月25日

ふるさと納税

総務省は、ふるさと納税の返礼品として、
調達価格が寄付額の3割を上回るものや、
家電などの資産性の高いものを送り続けている
全国およそ100の自治体に対し、
改めて通知を送り、こうした返礼品を
送らないよう見直しを求めているそうです。

ふるさと納税の返礼品をめぐっては、
自治体間の競争が過熱しているとして、
総務省は、先月、全国の自治体に通知を出し、
調達価格を寄付額の3割以下に抑える
ことなどを求めたそです。

ただ、通知の趣旨に従わない自治体も
見られたことから、総務省は、全国すべての
自治体を対象に、ホームページを確認するなどして
対応状況を調べたそうです。

返礼品の調達価格が寄付額の3割を
超えるものや、家電など資産性の
高いものを送り続けている自治体が
およそ100あったそうです。

このため、総務省は、これらの自治体に対し、
24日付けで改めて通知を送り、
こうした返礼品を送らないよう
見直しを求めているそうです。

でも、自治体にまかせた方がよいと
思います。
これで、税金が増えて、地元の
特産の販売も上がればよいと思います。
地元の活性化という意味も
大きいと思いますが。



skyononaka at 10:06|Permalink

2017年03月14日

ふるさと納税

「ふるさと納税」で税収減少が
顕著となった東京都内区部が
対応に苦慮しているそうです。

平成29年度に見込まれる23区の
減収額は約207億円で、28年度の
約129億円から6割増えるそうです。

こうした中、東京23区でつくる
特別区長会(会長・西川太一郎荒川区長)は
13日、待機児童対策など住民サービスに
支障が出かねないとして、ふるさと納税の
過剰な返礼品を是正し、本来の趣旨に
沿った制度に見直すよう総務省に要望したそうです。

ふるさと納税は出身地や愛着のある
自治体に寄付する代わりに、住んでいる
自治体に納める住民税などが軽くなる制度です。

地方の自治体が肉や魚など高価な特産品で
寄付を募る一方、特産品がなく寄付が
集まりにくい都会では税収が大きく減る
状況が続いているそうです。

それだけ、地方から来ている人が
多いということです。
税金も多いということです。

東京に集まりすぎていますから、
お金が地方に行くのはよいことだと
思います。





skyononaka at 09:44|Permalink

2016年10月20日

ふるさと納税

総務省は二日、好きな自治体に
個人が寄付をすると住民税などが
軽減される「ふるさと納税」で、二〇一五年の
寄付額を反映して各自治体が一六年度に
失う個人住民税の金額を発表したそうです。

総額は前年度の五・四倍となる
九百九十八億五千万円で、居住している
自治体から寄付先に財源が流出するそうです。

都道府県別では東京の二百六十一億六千万円が
最も多いそうです。

全体として都市部から地方に税収が
移動しているが、返礼品を充実させている
自治体に寄付が集まる傾向があるそうです。

地方の自治体間でも収支に差が出ており、
ふるさと納税の効果にばらつきがみられるそうです。

行き過ぎた返礼品競争を抑え、地方を
応援する本来の趣旨に合う制度に
することが課題だそうです。

でも、東京に税金が集中していますからね。
地方にとってはよいことです。
返礼品も地方の特産でしょうから
地方にとっては、二重のメリットが
あります。

いいと思いますよ。



skyononaka at 09:22|Permalink
Categories