ギリシャの失業率

2012年09月07日

ギリシャの失業率

ギリシャ国家統計局が6月の失業率を
発表しました。

24.4%と、過去最悪だった
5月の23.5%(改定値)を更新したそうです。

15歳以上の雇用可能人口のうち、
ほぼ4人に1人が失業状態という結果になった。

深刻な財政危機に陥り欧州連合(EU)などの
金融支援を受けるギリシャ政府は、
支援条件である財政緊縮策を実施。

これが景気後退と失業者増加を招いているようです。

6月の失業者数は前年同月比約35万8千人増加し、
約121万6千人となった。
15〜24歳の若年者失業率が年齢層別で
最も高く55.0%だったそうです。

ギリシャって産業がないですからね。
やっぱり景気を刺激しないと
ダメです。
その為には、為替を変えるのがよいのですが、
ユーロですから難しいですね。

もし為替が下落すれば、海外から、
観光に来る人が増えるのにね。

skyononaka at 09:49|Permalink

2012年06月08日

ギリシャの失業率

ギリシャの失業率が最悪の
ようです。

ギリシャ統計局(ELSTAT)の数字です。

3月の失業率は21.9%と過去最悪と
なったようです。

ユーロ圏17カ国平均の約2倍の水準と
なっています。

債務危機に加え、厳しい条件が付けられた
欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の
支援策に伴う緊縮政策から、企業が営業停止や
破産に追い込まれるなど深刻な景気後退が続き、
労働市場に影響を及ぼしているそうです。

2月の改定値は21.4%だったそうです。

このままユーロにいて、どうやって
回復するのでしょうかね。
スペインも経済がよくありません。

広がらなければよいですが。


skyononaka at 09:10|Permalink

2011年10月19日

ギリシャの失業率

ギリシャの失業率が悪くなって
います。

ギリシャの統計当局によると、
7月の失業率は16.5%と前月の16.0%、
前年同月の12%から上昇し、
過去2番目の高水準となった。

7月の失業者数は82万人と、前年同月比で35%増加した。

引き続き若年層の失業が目立ち、15─24才の失業率は
42%と、3年前と比べて倍の水準となった。

ここまで、何もしなかったギリシャ政府に
責任があります。

これでは、金融不安だけではなくて
政情不安になります。

ユーロから外すしかないと思いますよ。
ユーロの通貨の限界ですよ。

skyononaka at 09:41|Permalink
Categories