シャープの業績

2015年03月04日

シャープの業績

シャープの業績がよくないですね。

経営再建中のシャープが、太陽電池を
生産する堺工場(堺市)を、昭和シェル石油の
子会社のソーラーフロンティア(東京)に
売却する交渉を進めているそうです。

シャープは国内の太陽電池市場でシェアが
トップクラスだが、採算が悪化しているため、
売却に踏み切るそうです。

既に欧米での太陽電池生産から手を引いており、
堺工場が売れれば太陽電池から全面撤退に
なるそうです。

電子部品を手掛ける広島の四工場も
閉鎖を検討しているそうです。
遅れていた国内の不採算事業の再編が
本格化するそうです。

でも、シャープはこれから液晶だけに
なるのでしょうか。

今は 、スマートフォンが売れて
いるのでよいですが、将来はどうでしょうか。

新しい製品を早急に開発しないと
将来は難しいですね。




skyononaka at 10:59|Permalink

2013年05月01日

シャープの業績

シャープの業績がよくないようです。

経営再建中のシャープの平成25年3月期の
決算です。

連結最終赤字が従来予想の4500億円を上回り、
5千億円程度に拡大する見通しになったそうです。

24年3月期の3760億円の最終赤字を上回り、
過去最悪を更新する見通しのようです。
訴訟の和解金の引き当てや工場の価値低下が
響いたそうです。

液晶パネルの国際的な価格カルテルをめぐり、
シャープは米欧での損害賠償訴訟を
抱えているそうです。

納入先となった原告の米デルなど3社に
約160億円を支払うことで、昨年7月に和解した
費用の全額を特別損失に計上するそうです。

25年3月期でうみを出し切り、26年3月期の
最終黒字の実現を確実なものにしたいそうです。

こんなに円安になっているのに赤字が
増えるのですか。
iPhone用のパネルの生産も減っているようですから、
大丈夫でしょうか。

一時の繁栄がうそのようです。


skyononaka at 09:32|Permalink

2013年01月11日

シャープの業績

シャープの業績が少し良くなって
いるようです。

シャープの12年10〜12月期の
連結営業損益が、当初計画の赤字から
黒字転換したそうです。

黒字は11年7〜9月期以来、5四半期ぶりで、
黒字幅は200億円前後のようです。

昨秋以降、液晶テレビの需要回復や
世界で初めて成功した省エネの
「IGZO(イグゾー)」液晶の量産が
軌道に乗ったそうです。

また、独自のプラズマクラスターイオンを
搭載した空気清浄機などの白物家電も好調で、
12年9〜12月の単月の売り上げが
それぞれ前年同月を上回りました。

さらに、円安進行による輸出拡大も利益を
押し上げたようです。

よかったですね。
これから少しずつ業績が上がればよいですね。



skyononaka at 12:01|Permalink
Categories