テスラ

2019年01月08日

テスラ

中国・上海市政府は7日、
米電気自動車(EV)大手テスラが
市内で100%出資の工場建設に
着手したと発表したそうです。

同社が米国外に工場を建設するのは
初めてだそうです。

この日は米中両政府が北京で
次官級の貿易協議を開始しており、
発表には中国が市場開放を
アピールする狙いもありそうです。

対米貿易摩擦が激化する中、中国は昨年、
EVなど新エネルギー車生産の
外資出資規制を撤廃した。

テスラの工場は、初の100%外資所有の
完成車工場となる。

テスラはこれまで米国で生産した車を
中国で販売してきたが、米中対立の
影響を回避するため、現地生産を急ぐそうです。

始めてですね。
100%資本の工場です。
この流れが増えればよいですが。
でも、アメリカはまだでしょうね。




skyononaka at 10:05|Permalink

2018年12月15日

テスラ

米電気自動車メーカー、テスラです。

中国が米国製自動車への追加関税適用を
年明けから3カ月間停止すると
発表したことを受け、「モデルS」と
「モデルX」の中国での販売価格を
引き下げたそうです。

テスラの中国版ウェブサイトによると、
「モデルS」の一部車種の価格は
最大10万5000元(1万5200ドル)、
「モデルX」は最大6万5000元下げられたそうです。

中国財政省は14日、米国製自動車
および自動車部品への追加関税適用を
2019年1月1日から3カ月間
停止すると発表したそうです。

関税の影響を受けますね。
価格が下がるのはよいことです。



skyononaka at 10:39|Permalink

2018年04月20日

テスラ

中国市場にポルシェとジャガーの
完全電気自動車(EV)が
投入されるそうです。

米EV大手テスラは中国での
現地生産契約の締結を
さらに急ぐ必要に迫られるそうです。

今後1年半以内に、ポルシェは
「ミッションEクロスツーリスモ」、
ジャガーは「Iペース」を中国市場に
投入する見通しだそうです。
両ブランドはその人気と高級感で
消費者を取り込み、テスラの
中国販売シェアを奪うかもしれないそうです。

テスラは中国で充電ステーション、
スーパーチャージャー網の
拡充を計画しているそうです。
これで走行距離に対するドライバーの
懸念が和らぎ、「モデルS」と
「モデルX」の需要が
押し上げられる可能性があるそうです。

中国は電気自動車を普及されるようです。
テスラは中国で利益を上げる必要が
あります。
テスラは、そろそろ量産で利益を
上げる体質をつくらないといけませんね。




skyononaka at 09:39|Permalink
Categories
Archives