ビール業界

2018年08月08日

ビール業界

ビール大手4社の2018年6月
中間決算です。

3社が増収になったそうです。

昨年の安売り規制強化や今年の
業務用ビールの値上げなどで
国内のビール系飲料は苦戦が続くが、
チューハイや清涼飲料が補ったそうです。

サントリーホールディングス(HD)は、
チューハイ「マイナス196℃ストロングゼロ」や
缶ハイボールなどが好調で、手軽に飲める
低アルコール飲料「RTD」の販売数量が
前年より1割増だったそうです。

キリンHDは、第3のビール「本麒麟(きりん)」の
ヒットもあり、市場が縮小する中でビール系飲料の
販売数量が2・6%増と3年ぶりにプラスになったそうです。

アサヒグループHDは、ビール世界最大手
アンハイザー・ブッシュ・インベブから
買収した欧州事業などが営業利益を
押し上げたそうです。

サッポロHDは「エビス」の苦戦などで
唯一の減収となり、営業赤字に転落したそうです。

明暗がわかれていますね。
ビール業界は厳しいですね。




skyononaka at 10:39|Permalink

2016年06月16日

ビール業界

大手ビール各社は、今夏のビール
生産量を増やすそうです。

キリンビール、サントリービール、
サッポロビールの3社は前年同期比で
1割程度増産するほか、アサヒビールも
「需要動向に応じて柔軟に対応する」
方針だそうです。

税制改正により、早ければ来年度にも
ビールの税率が引き下げになるとの
観測が広がっているそうです。

各社は発泡酒や第3のビールに
振り向けていた経営資源を、
ビールにシフトし、ブランド強化を
図る狙いだそうです。

キリンビールは15日、ブランド強化の
一環として、主力ビールのコンセプト店
「キリン一番搾りガーデン」(東京都港区)を
オープンしたそうです。

同社の広告・販売促進費は前年と
同水準だが、ビールに重点的に
配分する計画。
6月のビール生産量も1割超増やすそうです。

税金が変わって売り上げが上がるでしょうか。
注目ですね。



skyononaka at 09:10|Permalink
Categories
Archives