中国の高速鉄道

2017年07月10日

中国の高速鉄道

中国内陸部の陝西省宝鶏と
甘粛省蘭州を結ぶ高速鉄道が9日、
営業運転を開始したそうです。

これにより陝西省西安から
新疆ウイグル自治区ウルムチまで
古代のシルクロード沿線を結ぶ全長
2300キロ超の路線が全線で開通したそうです。
中国が推進する現代版シルクロード
経済圏構想「一帯一路」がまた一歩前進したそうです。

宝鶏−蘭州間は全長401キロで、
時速250キロで運行、この間の所要時間は
従来の約6時間から約2時間に短縮されるそうです。

西安からウルムチまでは途中で乗り換えが
必要とみられ、中国メディアによると、
合計の乗車時間は最速で従来の約半分の
14時間になるそうです。

何でもそうですが、作るのは
誰でもできます。
これを何年も何十年も維持していくのが
重要です。
そんな長い距離を誰が使用するのでしょうか。
そして利益が出るのでしょうかね。

シルクロードを作って誰が利用するのでしょうかね。

日本でも、長い距離は飛行機、短い距離は
新幹線などすみ分けています。
そして利益を出しています。



skyononaka at 09:48|Permalink

2016年08月06日

中国の高速鉄道

中国です。

最高時速380キロの高速鉄道車両が
近く導入されるそうです。

西安と上海、福州、合肥などを連絡する
路線で使うそうです。

今年9月の開通を待って、西安鉄路局が
鄭徐高速鉄道(河南省鄭州市〜江蘇省徐州市)に
投入するそうです。

新型の「CRH380B」は、唐山機車車両公司で
このほどラインオフされたばかり。

少なくとも29編成を運行する予定だ。

高速鉄道車両の最高速度は、これまでの
350キロから9%引き上げられるそうです。
性能計測時には、最高時速400キロで
運行されたそうです。

怖いですね。
事故が起こらないければよいですが。




skyononaka at 09:47|Permalink
Categories