中国株

2015年08月25日

中国株

週明け24日の中国株式市場です。

大幅に続落して取引を終了しました。

上海はパニック売りで8%超下落しました。
上海・CSI300の両指数ともに主要な
下値支持線を割り込み、1日の下落率では
2007年の世界金融危機以来最大となったそうです。

先週の11%の急落後もなお、当局が週末に
政策支援を発表しなかったことで投資家の
間で失望感が広がり、上海総合指数は今年の
上昇分をすべて失ったそうです。

上海総合指数の終値は297.8390ポイント
(8.49%)安の3209.9050でした。

下落率は2007年2月27日以来
最大となり、株価は今年初めの水準に
戻ったそうです。

殆どストップ安だったそうです。

世界同時株安の原因ですね。

前回介入したので、株式がおかしく
なっています。
どこが、底値でしょうかね。



skyononaka at 08:24|Permalink

2012年12月10日

中国株

中国株が、2007年の三分の一になっているようです。

中国の株式相場が低迷しています。
上海総合指数はいまや2007年のピーク時に
比べて3分の1の水準にまで落ち込んでいます。

世界経済の「けん引役」として、世界の株式市場をも
リードしてきた中国だが、経済成長の鈍化とともに、
株式への投資熱もすっかり冷えてしまったようです。

バブル崩壊後の日本市場に似た状況だそうです。

中国・上海株式市場は外資による売買を
制限しています。
中国の個人投資家が7割を占めているとされます。

投機的で、センチメント(市場心理)が
ダイレクトに反映されるマーケットだそうです。

外資は当分は入りませんね。
このままでしょう。
不動産も下がっています。
株も下がっています。
公共投資で景気の数字が少し上がったようですが、
どこまで続くかですね。
やっぱり、民需が上がらないとだめですね。



skyononaka at 10:52|Permalink

2012年01月07日

中国株

中国株も下がっているようです。
日本株も下がっていますが。

2012年の人民元建てA株市場は下げて始まり、
その後も下落が止まりません。

5日の上海株式市場で主要指数の上海総合指数は
前営業日終値比0.97%安の2148.45で引けました。

2009年3月16日以来、33カ月ぶりの安値を
更新しました。

深セン相場の主要指数である深セン成分指数の
終値は同1.10%安の8600.26。

取引時間中には8566.06を付け、終値、
取引時間中ともに09年3月末以来の最安値を
切り下げたようです。

深センの新興企業向け企業市場「創業板」も、
創業板指数の終値が5.69%安の666.91となり、
創設以来の最安値を更新しました。

アナリストによると、同日のマーケットは、これまで
上昇が目立っていたセクターに利益確定売りが
広がり、値幅制限のストップ安まで売られる銘柄が
相次ぎました。
短期的な刺激材料がなければ、指数はさらに安値を
掘り下げる可能性があるということです。

ヨーロッパの金融不安がありますね。
アメリカは少しはよいようですが。
中国の経済のヨーロッパへの輸出は
かなり大きいですから影響が
大きいと思います。

日本は、もう中国から他の国へ
製造業を移しています。
中国も正念場になります。



skyononaka at 10:46|Permalink
Categories