中国経済

2017年05月19日

中国経済

中国経済です。

4月の製造業PMIが前月を0.6ポイント下回り、
景気見通しが鈍化しているそうです。

10日に発表された4月の月次統計でも、
景気の鈍化傾向がみえるそうです。

鉱工業生産は6.5%増で、3月と比べ
1.1ポイント悪化、市場コンセンサスを
0.5ポイント下振れしたそうです。

固定資産投資(累計)は8.9%増で、
3月累計と比べ0.3ポイント悪化、
市場コンセンサスを0.2ポイント
下振れしたそうです。

小売売上高は10.7%増で3月と比べ
0.2ポイント悪化、市場コンセンサスを
0.1ポイント下回ったそうです。

輸出(人民元ベース)は14.3%増で、
3月と比べ8.0ポイント悪化、
市場コンセンサスを2.5ポイント下振れしたそうです。

日本では中国経済の下振れリスクを
警戒する声が高まっているそうです。

成長していますが、減速しているのですね。
なかなか景気がよくなりませんね。



skyononaka at 09:32|Permalink

2015年04月10日

中国経済

中国自動車工業協会が9日、3月の
中国の新車販売台数を発表したそうです。

前年同月比3・3%増の224万600台
だったそうです。
微減だった2月から増加に転じたものの、
わずかな伸び幅にとどまったそうです。

景気減速を背景に市場拡大の勢いが
落ちているそうです。

乗用車の販売台数が9・4%増えたが、
景気動向に左右されやすい商用車の
販売が20%近い減少となったそうです。

乗用車の国別の市場占有率を見ると、
外資ではドイツ勢が17・8%と首位で、
日本勢は14・0%で2位だったそうです。

日系各社が既に発表した3月の販売台数は、
トヨタ自動車と日産自動車が前年同月を割り込み、
ホンダとマツダは増えているそうです。

全体的には、中国の景気は落ちて
いるのですね。
その中で、日本車の販売が多いのは
いいこです。

中国も、いろいろ対策をしていますが、
なかなか上向きになりませんね。




skyononaka at 09:43|Permalink

2014年12月13日

中国経済

中国経済の伸びが鈍化しているそうです。

中国の国家統計局は12日、
11月の主要統計指標を
発表したそうです。

生産と投資が引き続き伸び悩んでいるそうです。
2008年のリーマン・ショック以降で
最低水準になっているそうです。

1〜11月の固定資産投資は
前年同期より15・8%増えたそうです。
10月までの増加幅を0・1ポイント
下回ったそうです。

とくに不動産への投資が伸び悩んでいるそうです。

不動産ばっかり投資しないで
他の企業などに投資をしないと
いけませんね。

鉱工業生産は前年同月より7・2%増だったが、
10月に比べると増加幅は0・5ポイント
低かったそうです。



skyononaka at 09:36|Permalink

2014年05月31日

中国経済

在中国の欧州連合(EU)商工会議所が
会員企業を対象に調査を行ったそうです。

全体の半数近い46%の企業が
中国の「黄金期」は終わったとの
見方を示したそうです。

利益の伸び悩みに加え、中国政府が
国内企業を優遇していることに懸念を
示す声が目立ったそうです。

昨年、市場アクセスや規制面の障壁で
会員企業が逃した売り上げは
213億ユーロ(290億ドル)に達したそうです。

人件費の高騰で製造業は、海外に
工場を移しています。

サービス業などの市場はありますが、
サービス業だけでは、経済は支えられません。

サービス業の雇用は少ないですからね。

中国が、国内企業を優遇するのも
わかります。



skyononaka at 09:19|Permalink

2014年05月22日

中国経済

世界銀行が購買力平価(通貨の購買力による為替レート)で
算出した2011年の各国の国内総生産(GDP)を
比較しました。

中国の経済規模が米国の約9割に
達していたと発表したそうです。

ただ、中国側はこうした見方に
「まだ先進国との格差が大きい」
(国営通信新華社)と否定的だそうです。

世界一の経済大国となれば、通貨人民元の
切り上げや貿易不均衡是正の
要求など、国際的な圧力が強まるとの
警戒感があるそうです。

そうですね。
日本がそうでしたからね。

360円があっという間に、100円になって
80円まできました。

国内の企業は、輸出できなくなりました。
繊維産業は、壊滅しました。
でも、企業は血のにじむような努力を
して今があります。

中国も心配しています。

でも、遅かれ早かれ、変動相場制に
移行する時期です。
でも、移行したら、中国の輸出産業はつぶれますね。



skyononaka at 10:52|Permalink

2012年11月13日

中国経済

IMFといいOECDといい、彼らは
本当におかしいですね。

経済協力開発機構(OECD)は10日、
2060年までの世界経済の超長期予測を発表しました。

中国は早ければ2016年にも米国に代わって
世界最大の経済大国になるとの見通しを
示したそうです。

OECDは2005年の購買力平価をもとに、
中国の国内総生産(GDP)は2012年にユーロ圏を
上回り、早ければ16年にも米国に代わって
世界最大の経済大国になると予想しているそうです。

中国の経済は、今輸出で利益をあげて
います。
でも、アメリカを超えるためには今の2倍になる必要が
あります。

何を作りますか。
公共投資だけでは、2倍にはなりません。
国民が生産して消費する国になる必要が
あります。

こんなに格差が大きくてできるでしょうか。
そこが一番重要です。



skyononaka at 09:28|Permalink

2010年05月17日

中国経済

中国の温家宝首相が中国経済に
ついて発言しています。

中国経済は景気を減速させる
必要がある一方で、調整策が積み重なる結果、
「悪影響」をもたらすリスクを回避することも必要で、
困難な選択に直面している、
との認識を示したそうです。

不動産バブルやインフレなどがおこっています。
輸出も思ったように伸びていません。

これからの中国経済の舵取りが
難しいようです。

そこに日本がどんどん進出しています。
大丈夫でしょうかね。



skyononaka at 10:00|Permalink
Categories