原油安の影響

2015年01月15日

原油安の影響

米連邦準備制度理事会(FRB)は
14日、全米12地区の景況報告
(ベージュブック)を発表したそうです。

原油安の結果、エネルギー産業が
多いテキサス州などを含むダラス地区で
「成長がやや鈍った」などと指摘したそうです。

ただしアトランタ地区では原油安による
ガソリン価格の低下が自動車の販売台数増に
直結しているそうです。

FRBは大半の地区で経済活動が
「緩慢」か「緩やか」なペースで拡大しているそうです。

原油安はアメリカにとってよいこと
なのでしょうか。
シェールガスの企業も多いでしょうからね。

でも消費者にとってはよいことです。

難しいですね。



skyononaka at 10:20|Permalink

2014年12月17日

原油安の影響

アメリカの大手投資銀行ゴールドマン・
サックスの試算だそうです。

原油価格の急落でエネルギー開発への
影響が懸念されています。

アメリカの大手投資銀行は、今の価格水準が
続けば将来的に世界で100兆円を超える
損失が出る可能性があるそうです。

国際的な指標の1つ、北海産の原油の
先物価格が1バレル=70ドルの水準が
続けば、2025年には1日当たり75
0万バレル、現在の生産量の8%に
相当する原油が採算割れになるそうです。

でも、日本などは、メリットですね。
原料価格が安くなります。

アメリカや資源国に損失が出ると
いうことですね。

一長一短があると思いますが。



skyononaka at 11:00|Permalink
Categories