尖閣問題

2013年05月31日

尖閣問題

尖閣問題です。

中国外務省の洪磊・副報道局長の
30日の定例会見です。

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)に絡み、
菅義偉官房長官が「わが国の領土が
法的に確定したのはサンフランシスコ
平和条約だ」と指摘したことに対し、
「中国政府は(同条約が)違法で、無効だと
認識しており、受け入れられないものだ」と
改めて反論したそうです。

「歴史を直視、尊重し、国際義務を真面目に
履行するよう日本側に改めて促したい」と
訴えたそうです。

中国は自分が不利になると、認めませんね。
日本もどんどん発言したらよいと思います。

日中首脳会談なんか急いでやる必要は
ないですよ。

中国からの観光も必要ありません。
中国でも製造業も優先順位が落ちています。

既に、アジアやインドに安倍首相が行って
います。

ずっと応酬を続けたらよいと思いますよ。



skyononaka at 10:19|Permalink

2012年10月16日

尖閣問題

中国の著名芸術家で、人権活動家でもある
艾未未氏は15日までに時事通信の
インタビューに応じたそうです。

尖閣諸島国有化を受けた日中衝突に関し
「両国はお互いに必要であり、関係を改善するか、
しないかを考える必要はない。毎日のの
しり合う事態は全世界を笑わせている」と強調したそうです。

中国政府から言われたのでしょうね。

尖閣は、もともと日本の領土ですから
国有化しても全然問題ないのです。

だから、中国人がいろいろ言う必要はないと
思いますよ。
だから、この人権活動家は、中国政府に
言えばよいのです。

日本を批判することはないと思います。

今でも、中国で、邦人に危害が加えられた
います。

それだけ社会不安が大きくなっています。
日本は、そこを考えるべきです。

やっぱり、子どもの時から反日教育をやる国で
ビジネスをするのはリスクがあります。

日本人は、そこをよく考えるべきです。

ミャンマーののように、もともと親日の国も
ありますから。




skyononaka at 09:51|Permalink

2012年07月31日

尖閣問題

沖縄県の尖閣諸島の国有化の問題です。

政府が同諸島の魚釣島、北小島、南小島を
所有する地権者の男性に3島の購入額と
して約20億円を提示したそうです。

尖閣の購入・売却交渉で、具体的な
打診額が明らかになったのは初めてです。

地権者は20億円での売却には応じず、
政府より先に尖閣購入計画を発表した
東京都への売却交渉を進める意向を
示したということです。

石原慎太郎都知事が進める尖閣購入計画では、
4月に購入資金の寄付口座を開設しました。
今月27日までに約13億9千万円の寄付金が
集まっているようです。

都の購入額は未定だが、
「10億〜15億円を想定している」(別の交渉関係者)
との指摘があるそうです。

寄付金を使って欲しいですね。
そうすれば、国民の土地になります。
地権者も国民の声を思っていると思いますよ。


skyononaka at 09:22|Permalink
Categories