集団的自衛権

2014年06月25日

集団的自衛権

安倍晋三首相は24日、フィリピンの
アキノ大統領と首相公邸で
会談したそうです。

両首脳は東シナ海や南シナ海で海洋進出を
活発化させる中国をにらみ、法の支配の
重要性で一致したそうです。

首相が集団的自衛権の行使容認に向けた
政権の取り組みを説明したのに対し、
アキノ氏は強く支持する考えを
表明したそうです。

ベトナムやフィリピンなどの東南アジアは
中国の脅威を感じていますからね。

単独では太刀打ちできません。
日本やアメリカの力が必要に
なっています。

時代の流れですね。


skyononaka at 08:40|Permalink

2014年05月20日

集団的自衛権

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が
17、18両日に実施した合同世論調査です。

安倍晋三首相が目指す集団的自衛権の
行使容認についての回答です。

「必要最小限度で使えるようにすべきだ」との
回答を含め約7割が賛意を示したそうです。

賛意を示した人のうち、憲法改正ではなく、
首相が主張する憲法解釈の変更での
対応を支持する人も約7割に上ったそうです。

賛成する人が多くなっていますね。
いいことです。

憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認を
目指す自民党と、慎重な公明党の調整が決裂した場合、
「連立解消」を支持する人は59・2%に
上ったそうです。

これも、増えていますね。
もう公明党と一緒に連立を組むメリットも
ないと思います。

確かに、沖縄の知事選がありますが、
公明党が自民党を助けるのかは
わかりません。

公明党が、反対したら連立解消したら
よいと思いますよ。


skyononaka at 10:39|Permalink

2014年03月24日

集団的自衛権

集団的自衛権に関してです。

政府の「安全保障の法的基盤の再構築に
関する懇談会(安保法制懇)」が4月に
報告書をまとめます。

中核となる集団的自衛権の行使を
認める憲法解釈案で、
「放置すれば日本の安全に重要な影響を
与える場合」に限り、行使を認める
限定的容認の考え方を採用するそうです。

これにより、外国領土での戦争に
加わるといった典型的な集団的自衛権は
容認対象から除外されることになるそうです。

いいことです。
具体的に決めるtことで、自衛隊も
動けますからね。

早急に法律を整備すべきです。

skyononaka at 09:36|Permalink
Categories