スカイピア カンボジア

カンボジアのローカル情報をご紹介します! ノンビリゆったりのカンボジアで時の流れを忘れて楽しく過ごした体験です。

ポチェントン国際空港。。

0001






予約していた仮の帰国日時変更のため、ポチェントン国際空港に行きました。
写真は空港から出てきた人を確認することが出来るお迎えの場所で、ボクも誰か日本人が来たときなどで向かえに行く際は、毎回ここに来ます。

空港にはレストランやカフェバーもあり、なかなか綺麗な施設です。

もう何度も来ていている人は、空港から出ると正面に待機しているトゥクトゥクやバイクタクシーを捕まえ、目的地に向かっています。

暑さ倍増の教室。。

0001






お世話になっていたNGO学校の教室です。
日が昇るとすぐに気温が上がるため、こういった教室はかなり暑く、それでも扇風機だけで暑さをしのいでいました。

ボクはこの教室のすぐ下で寝泊まりをしていましたが、日が昇るとサウナ状態で寝てられません。

おかげで規則正しい生活ができ、かなり健康的な日々を過ごしました。

それでも雨が降ると気温が一気に下がるため、夜は毛布にくるまって寝るほど気温の変化が激しいです。

韓国ブーム。。

0001






カンボジアには数年前から韓国の企業が一気に流れ込み、韓国ブームが始まりました。
お世話になっていたNGOスクールでも韓国語の授業に参加する生徒が増え、韓国の企業に就職したいと思っている生徒が懸命に授業を受けていました。

でも、昨年末からの世界的大不況がカンボジアにも影響したようで韓国企業が部分的に撤退し、今では随分と授業を受ける生徒が減ってしまったそうです。

この学校では日本語も教えていますが、日本の企業はほとんど進出していないため、生徒数も少なく、日本語の授業を受ける生徒達は、ただ日本への憧れの強さで授業を受けているのかもしれません。

おやつも色々。。

0001






カンボジアのおやつです。。

(゜~゜;) ・・・

0002






こんな感じですが、どうやら美味しいらしいです。。

(゜~゜;)  ・・・

みなさん、如何でしょうか?

ボクには無理でした(*^o^*)

ご飯のお供。。

0001






カンボジア人の友だちと食事に出かけたのですが、ご飯の上に持参したものを載せていました。。

∑(゚□゚*ノノ !!

写真を拡大してみると解ると思うのですが、タガメです・・・

『あなたも食べますか?』

っと言われましたが、無理です・・・

滞在期間中は何度もバッタやコオロギ、タガメ、クモなどに挑戦しようと思いますが、どうも外骨格の昆虫類には手が出ませんでした。

それでも、日本の雨蛙ていどのカエルの唐揚げやヘビの干物などは美味しく食べることができました。

今年に入ってカンボジアでも新型インフルエンザへの警戒が始まり、ブタを食べてはいけないと噂が流れたのですが、ブタは結構主食なので困っていたところ、今年はネズミが大量発生したとのことで、ここぞとばかりにネズミを食用にし始めたそうです。

日本では絶対に食べないドブネズミですが、まぁボクも滞在していたときに同じ事態が発生していたら、気にせず食べていたと思います。

どうやら結構、美味しいらしいです。。

ビールとおつまみ。。

0001






友だちが買ってきたビールとおつまみを撮影してみました。
ビールの銘柄は良く解りませんが、おつまみは美味しかったです。

おつまみの入れ物は日本のポテトチップスなどで良く見られるタイプの密閉できる入れ物だったので、食べ終わった後は蟻に襲われないように砂糖入れにしてみました。

それでも数日後には蟻が数匹、中に侵入しておりビックリです。

(*´ο`*)=3 恐るべしカンボジアの蟻・・・

民間学校。。

0001






日本人が支援する民間学校の様子です。
この学校は既に10年続いており、ボクも滞在期間中の半年間お世話になりました。

主な授業は英語ですが、日本語の授業も開催されており、日本から来たボランティアの方々は、カンボジア人の通訳補助を受けながら日本語の授業を開催しています。

長く滞在するボランティアは慣れると自分の授業を作り、通訳補助が無くても教えることが出来る上級クラスを持つことも出来ます。
上級クラスの生徒達は日本語が上手なので、もし、数人の生徒達が解らなかったりしても、廻りの生徒達が補助をしてくれます。

彼らは発音も上手なので、良く行われていた授業は読解など、文章を読み取る授業でした。

話していると何の違和感もなく日本語で話せるのですが、どうやら文章を読み取るといった感じの授業はカンボジア人にとって難題のようで、かなり苦労しているようでした。
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ