2007年10月01日

国際線CAの出入国⇒GDって何!?

久々にブログ再開です。
先日発行されたエアネット通信に、国際線CAはどうやって出入国しているのか!?という問題について掲載されていました。

 ⇒エアネット通信配信希望の方はコチラ!!(無料です)
  毎週エアライン就職に関するお役立ち情報を発信中!

みなさん、初めて聞いて「ほほぉ〜!なるほど!」と思われた方も多いかな?
ちなみにCAが出国する際にはパスポートではなく名前のリストにマルをつけるとありましたが、この書類を作成しているのがグランドスタッフ!

この書類はGD(General Declarationの略)と言うものであります。
国際線の飛行機が運航するためになくてはならない、とってもとっても大切なもの!!
飛行機のパスポートのようなものだと思ってください。
「出航許可証」とも言います。

CAが出国の際に名前のリストにマルをつけるのもGDの一つの重要な役割ですが、本当の目的は到着地の公的機関にその飛行機に関する必要な情報を伝えることにあります。

グランドスタッフは毎日、一便一便のGDを作成します。
そこに記載される情報は、以下のような内容です。
・航空会社名
・便名
・日付
・シップナンバー(飛行機の登録番号:車のナンバーのようなもの)
・出発地
・経由地
・到着地
・旅客数
・乗員、乗務員数と名前
・検疫関連の注意事項
・責任者署名

GDにはオリジナルのサインのあるものと、そのコピーが必要です。
行き先の国によって必要な枚数、またそれがオリジナルサインのものであったり、税関の出航許可印のあるものであったりなかったりと様々です。
グランドスタッフは便ごとに必要な搭載枚数分のGDを作成し、また出発地の税関に出航許可を申請に行きます。

税関に出航許可を申請する際には必ずその飛行機がどこから来たのかが証明できないといけませんので、前日から駐機している便以外は到着便を待ってからこの申請を行います。

当然到着便もGDを積んできています。
そのGDと、折り返し便のGDのシップナンバーは一致していなければいけません。

税関で出航許可印を押してもらうと、いよいよその便が出航してもよいという状態になります。
その間にもカウンターではチェックインが、オフィスでは出発のためのデータの準備が、またゲートでは搭乗業務が行われているわけです。

乗務員が出国エリアを通過するのはだいたい出発の1時間〜1時間半前ですから、それまでにはGDのコピーを出入国管理局の窓口に提出します。
GDが準備されていないと、乗務員が出国エリアを通ることができません。

出発までに搭載用のGDを準備して、ゲートに持って行きます。
ゲートに運ばれたGDは再度ゲートの責任者の目で内容、必要枚数を確認して、機内の乗務員に手渡します。

その後GDはどうなるのでしょう?

機内で乗務員が最終的な搭乗人数を全てのページに記入します。
そして、目的地に到着した際、着地のグランドスタッフに手交します。
着地のグランドスタッフはそのGDを確認し、出入国管理局・税関・検疫の3つの機関にそのGDを提出し、また折り返し便のGD作成をするわけです。

国際線のグランドスタッフの業務は、このように公的機関との関わりが密接です。

みなさんも、国際線の飛行機を利用された際には、到着時、出口で「おかえりなさいませ」「お疲れ様でございました」と笑顔で挨拶しているグランドスタッフが何を持っているのか確認してみてください。
必ずGDを持っているはずです。
そして、そのGDに何かを書き込んでいるはずです・・!

グランドスタッフの到着時のお仕事の本当の目的は、笑顔で「おかえりなさいませ」ということではないんですね〜。

以上、難しいお話、いかがでしたか?
ちなみに国内線のグランドスタッフの場合、こういう業務はありません。
国際線配属を希望している方、もちろん入社後の教育で詳しくやりますが、是非頭の片隅に置いておいてくださいね(´▽`)

skysky100 at 15:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年08月23日

かもめで空港閉鎖!?

昨日中部国際空港で旅客機がかもめの大群と衝突し、一時空港が閉鎖になったそうです!!
びっくり。
こんなこともあるんですね〜。

その間、到着予定だった便は上空で旋回していたようですが(これをholdingと呼びます)燃料不足が懸念されたチャイナエアラインと日本航空のそれぞれ2便が関空へ緊急着陸したようです。(これをダイバート:divertといいます)

ニュースを見る限り、おそらく関空へ着陸後燃料補給をしてそのまま中部に戻ってきたみたいですね〜。よかったよかった。
これ、関空で飛行機を降りてしまうとお客様は陸移動で帰ってこなければいけなくなるのです。

どうしてかって?
国際線の便は入国や税関審査の関係で、どうしても一度降りたらそこで入国しなければいけないのです。
その後目的空港への空路便があればいいんですけどね、関空ー中部は近すぎて便がないので・・。過去に関空にダイバートした便があって関空で入国したお客様が中部にバスで帰ってくるのを夜中まで待っていたことがありました・・。懐かしい。。
(空港に車を停めている人などは一度空港に戻らないといけませんもんね)


話がそれましたが、中部空港も関西国際空港も海上空港です。
たしかにかもめが飛んでいたりします。
でもこれまでこんなニュースは聞いたことなかったなぁ。。

今回は機体に衝突したようですが、衝突とは別に鳥がエンジンに巻き込まれる「バードストライク」ということはよく(?)あります。
でもそうなってしまうとエンジンが故障してしまうのでとっても大変。
整備のため、その便が欠航となってしまうこともあります。

鳥も飛行機も空を飛ぶもの。
飛行機は管制で交通ルールがあるけれど、鳥の場合はどうしようもないですね。。
100羽近くのかもめ、かわいそうに。
でも大きな事故につながることなく、本当によかったです。

skysky100 at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月27日

ゴールデンウィークスタート&採用試験

みなさん、こんにちは( ・∀・)ノ
久しぶりのブログ更新です。

明日からいよいよゴールデンウィークが始まりますね。
私は国際線だったので、旅客数が最も盛り上がるのがゴールデンウィークスタートの1〜2日前から入って数日間。
国内線ではおそらくコンスタントに忙しさが続くと思いますが、やはり海外となるとみんなお休みをめいっぱい使って行きますので出発が重なるんですね。
意外に4日・5日ごろは出発は落ち着いていて、徐々に帰国ラッシュへとシフトしていくのです。

ゴールデンウィークになるとニュースでも空港の様子がよく報道されますが、テレビ局の取材もよく入ります。
今でも「誰か映ってないかなぁ」なんて探してしまいます。

航空業界関係者にとって一年の中の大型連休はやはり稼ぎ時とあって、お休みはとりにくい。。
ですが、それでいいのです。
だって世間がお休みのときって、飛行機の航空券だって高いんです。ホテルだって高いんです。
グラホは時期をずらしてお休みをとり、安〜い時期に安〜い航空券とホテルをとって、旅行に行くのです。

たしかに最初は世の中はみんな休んでるのに忙しいなんてやだー!!と思うかもしれませんが、だんだん慣れてくると世の中が空いている時に遊びに行けるのでとっても楽です。

みなさんはこれからこの業界の人になっていくわけですので、今年が最後のゴールデンウィーク!?
でも結局就職活動で忙しいでしょうね。頑張れ!!

ここのところ毎日のように各社の採用試験途中経過の結果発表があります。
エアネットのセミナーを何度も受けに来てくれている子たちからも「通りました〜!!」という喜びの連絡が入ったりします。
一次試験、二次試験をパスしたのもつかの間、すぐに次のステージが始まります。

エアネットでは今日・明日ANA客室乗務員の面接対策セミナーを開催しています。
JAL客室乗務員の面接対策もゴールデンウィーク中に開催予定。
ANA系グランドスタッフ対策セミナーは特地・エアサービスやスカイパルを受験中の方、ご利用ください!

とにかく忙しい採用試験ラッシュですが、みなさん集中力をもって一気に乗り切りましょう!


<開催中のエアネットセミナー@東京>
ANA客室乗務員面接対策 4月27日・28日
 ↑28日から始まるANACA三次試験対策に!

JALウェイズ対策セミナー 5月1日・5日
 ↑5月7日に締め切りのJALウェイズエントリーシート準備をしっかりカバー!

JAL客室乗務員面接対策 5月3日
 ↑5月7日〜9日の二次試験に備える!

徹底模擬面接 5月3日
 ↑どの試験にも対応!面接の練習がしたい人に!

JALスカイサービス一次試験対策 5月4日
 ↑5月25日から始まるJALスカイサービス一次に向けて早めの準備!

JAL系GS面接対策
 ↑5月12日・13日のJALスカイ東京の面接対策に!

ANA系GS面接対策
 ↑5月7日〜9日のANA特地二次の対策に!


skysky100 at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月26日

JALとANA 報道の罠

みなさん、こんにちは!skyskyです。
先週の金曜日に同期会がありました
うちの同期は仲がよくて、年に何回かは同期会を開催しています。
現役は残すところ3人。
あとはみんな主婦やママ、他の仕事をしているなど様々。

でもやっぱり同期会で現役チームの話を聞くと昔の感覚が戻ってくる!!
いつまでもずっとつながっていられる同期を持って幸せです。

ところで、その同期会で出た話題をひとつ。

実は先日中国天津でとある事故が発生していたとのこと。
全日空機が駐機中の日本航空788天津ー中部の飛行機につっこんだらしい。
ANA機のウィングレットがJAL機の翼の部分に食い込んだというありえない事故!

でもみなさん、このこと知ってましたか?
私も全然知らなかったです。
その後インターネットでいろいろ検索してみたのですが、出てこない。
もちろんニュースでもほとんど報道されていない。
ANA:JALが10:0の事故なのに!!!

実はJL788というのは私も現役時代に扱っていた便。
TOYOTA関係の人が多く乗る便で、すごく身近な便です。
さらに昔中部空港にいた課長が現在北京の空港所長になっていて、
今回の事故の写真がうちのオフィスにファックスで送られてきたそうな。

同期いわく、「ざっくり食い込んでたよ〜」。

これが反対にJAL機がANA機に怪我させたのであれば、即刻大スクープ!
ニュースや新聞、ネットで「またJALが・・」「安全管理に問題!」
なーんて報道されてたんだろうな。

先日あったANA系子会社エアセントラルの事故だってそうです。
あれがJAL系子会社のJ−AIRとかJACとかだったら、「機長の判断が素晴らしかった!」「客室乗務員の対応が素晴らしかった!」という声がたとえあったとしてもカットされ、「またも整備不良」なんて言われてたと思います。

元JALの身としては非常に悔しい!!
今はエアネットでJALのこともANAのことも同じように教えているので、
別にANAに対抗心を燃やしているわけではありませんが、この不公平さに
正直がっかりします。


エアネットのセミナーや交流会でも志望する航空会社を訪ねると、
参加者の8割くらいはANA派です。
明るくてフレッシュで勢いがあって、確かにいい会社だと思います。
でも、やっぱりこういう偏った報道によるイメージ形成の影響も少なからずあると思う。

先日のエアネット交流会では「JALとANA、どっちが事故とか多いと思う?」
と聞いてみました。
するとほとんどの子が「JAL」と答える。
でも先月発行のNEWSWEEKの「危ない航空会社ランキング」を見ても、
JALとANAの事故率はほとんど変わりない。
ようは、JALは不祥事や事故ばかりが報道されていて、ANAはいい面ばかり報道されているからだと思います。

迷わず「ANA!」と答えるエアネット参加者を責められない。
でも、報道を鵜呑みにはしないで!と言いたい。

私はすごくいい環境の中でグランドスタッフとして働いてこれたし、
素晴らしい同期にも先輩にも恵まれた。
ハンドリング会社としてはJALスカイ系の会社はみんな黒字という話だし、
(JAL本社の赤字が大きく、トータルでは赤字らしいけど・・)
外資系キャリアの受託も多い。

私はやっぱりJALが好きだな。



本日もクリックご協力お願いします!
ランキングバナー




skysky100 at 15:37|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2007年03月23日

教わるということ。

みなさん、こんにちは!
今回は教わるということについてお話します。

先日スキーに行ってきました
私は初心者とは言わないけど、なんとか中級コースが滑れる程度の実力。。
今回は旦那さんと一緒に行ったので、ずっとコーチしてもらっていました。

腰をこうひねる!とか重心を落として!とか、ストックをつくタイミングが違う!とかいろいろ指導を受けましたが、人から教えてもらったことを実際に体でやってみるのってすごく難しいっ(-_-;)

頭でわかっていても、体が思うように動かない。
自分の体で「そうか!こうか!」って理解しないと、いくら言われても直らない。


そうして四苦八苦している時に、思いました。


ものを教えてもらって、それを自分の中で習得するっていうのは難しいことだなぁ、と。
理屈がわかっても、それを自分の中で分解して自分のやり方で自分ひとりでできるようになるには時間がかかります。
また、言われることを何でも鵜呑みにしていても上達はしません。
言われたことを自分の中にどう取り込んでいくのかが大切なのです。

もちろん教え方の上手・下手もあるかもしれません。
でも、理解度をもっと左右するのは教えられる本人の理解力と応用力。

ものを教えるというのはあくまでも道しるべであり、それを自分の中に取り込めるかどうかというのは、いつも受け手にゆだねられているんだなぁと感じました。


私もエアネットのセミナーで講師をしています。
エントリーシートの添削もしています。

でも最近多いのは、アドバイスした内容に対して「じゃあどう答えればいいんですか?」とか「じゃあどうやって書いたらいいんですか?」という質問。
ハウツーを聞いてくる子が多いです。

じゃぁ、それを教えたら本当にその子は理解できるのかというと、そうでない場合が多いのです。

エアネットのセミナーはエアラインスクールと違い、短時間で凝縮した内容を実施しますので、その後その内容を活かせるかどうかは受講者の自主性にかかっています。
どういう子がセミナーやエントリーシート添削の内容を吸収していける子かというと、こちらが示す道標を見て、自分の頭でどっちに進めばいいか考えていける子です。
自分で進めるところまで進んで、それから別の観点から質問を出来る子です。
そしてセミナーを受けた後、授業でやったことをすぐに生活の中に取り込んでいける子です。

グランドスタッフにもそういう人材が求められています。
1から10まで教えた上、教えたことしか出来ない子。
1教えれば10のことまで自分でとりあえずやってみることができる子。
みなさんが採用担当者だったら、どちらを採用しますか?


私もきちんとした滑り方をマスターするため、自主練習でいろんなすべり方を試してみました。
なかなか時間がかかりますが、自分の体が「これだ!」とわかったとき、初めてアドバイスが活きてくるんだと思います。


本日もランキングクリックにご協力ください!
ランキングバナー


skysky100 at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月20日

航空会社に入ったことでのメリット

みなさん、お久しぶりです!!!
まだ私のこと覚えてますか・・
なかなか更新できずすみませんです。


さてさて、就職活動真っ只中で日々プレッシャーを感じたり、自信をなくしたり、げっそりしているかもしれない皆様にちょっと夢を与えようと今回は航空会社に入ったことでのメリットについてお話したいと思います。


客室乗務員の場合もグランドスタッフの場合も、年間決められた区間数の自社便無料航空券利用が認められています。
(地方空港で鉄道会社などが航空旅客ハンドリングをしている場合はないかもしれませんが・・。)

会社にもよりますが、私が働いていたところでは国内線の便の無料搭乗が無料が1往復、90%割引が2往復(?)、50%割引が5往復くらいもらえました。
私は結構「時間ないし、まいっか」って使わないまま終っていった年もありましたが、日帰りで福岡に行ってみたり、2日間の強行プランで北海道に行ってみたりしてました。
(だって休みが取れなかったんだもの・・

こういう航空券のことをEFといいます。
たぶん、employee fareかな。
ただし、無料のものと90%オフのものに関しては予約はできません!
基本的に「space available」の待遇なので、空いてたら乗れる!というわけです。

EFを使って旅行をするときは結構前々から予約状況を確認し、どきどきしながらチェックインに行きます。
だから、行きはよいよい、帰りは・・ってことにならないよう、帰りの便は最終便を避けるのが鉄則。だってもし空席がなかったら帰って来れなくなってしまうから。

それでも何だかんだ私は予定通りいつも旅行してました。

EFは家族でも使えるので(二親等まで)両親や兄弟は使えますよ。
私は旦那さんとの旅行にもEFを使っていました。
ちなみに旦那さんも空港関係なので、私は今退職してEFなんかもらえない身ですが、今後も旦那さんのEFを使って旅行ができる


さてEFの他にも、グランドスタッフには「モニター」という強〜い味方がいます!
これはいろんな航空会社が旅行会社、航空会社などの職員向けに出している格安チケットで、これを使うには社員証などの証明書が必要です。(もちろんEFにも必要ですよ)

でも私は会社に入ってから今までの海外旅行はほぼ100%モニター利用。
某C社で往復40000円でニューヨーク!
某C社で往復36000円でケアンズ!(ちなみにこれは新婚旅行・・)
某G社で往復40000円でブリズベン!
某O社で往復20000円で韓国!
某T社で往復40000円でバンコク!

という感じです。
ニューヨークは安かったなぁ。
もちろん飛行機だけなので、私は旅行するときはいつも自分でインターネットを使ってホテルをとっていきます。
だからいつも自由きままなぶらり旅。

ニューヨークはミュージカル大好きな妹と行き、ミュージカル三昧の一週間でした。
ケアンズとブリズベンは旦那さんと行ったんだけど、その時はキャンピングカーを借りて、ホテルなしで旅しました。
韓国とバンコクは元同僚との旅行。
モニターは結構いきなり出るので、この韓国旅行とバンコクは出発二週間前くらいにいきなり行くことになり、ぶらりと行ってきました。

こんなことができるのも航空会社に勤めてるからだな。
空港のこととか、旅行についての知識もいろいろ身についてくるので海外旅行もあんまり特別な感じがせず、「ちょっとそこまで」気分です。


航空業界を目指している方の多くはやっぱり旅行好きですよね
グランドスタッフになったら、EFやモニターを利用してたくさん旅してください!

というわけで将来の楽しみを思い浮かべて今の大変な就職活動を乗り越えてくださいね(o・∀・o)ノ


本日もランキングクリックにご協力ください!!
ランキングバナー



◆エアネットの新セミナーご紹介◆
秘書検定対策セミナーが誕生しました!〕
航空業界に入るために必要な正しい日本語の使い方や一般常識、マナーなどを学べます。受験したことのない方は是非一度挑戦してみてくださいね!


JALスカイ関西対策セミナー開催決定!〕
JALスカイ関西はまだ募集は出ていませんが、まもなく発表の予感・・!?
というわけで早めの準備をオススメします。
なおJALスカイ大阪JALスカイサービスJALスカイ東京ANAスカイパルの対策セミナーも開催中です!


面接対策ひたすら練習編
実は穴場のこのセミナー。
JAL面接対策やANA面接対策のセミナーはかなり人数も多く、実際に模擬面接ができる時間が限られてしまいます。
その点、この面接対策ひたすら練習編なら今のところ申込人数は少ないですのでじっくりと何度も繰り返して練習ができますよ!
しかも、事前に受験中の企業がどこか教えていただければそれらの企業で過去に出された問題を使って練習していただけます。

ある意味マンツーマンに近い形でJAL面接対策、ANA面接対策、もちろんJAL系GS面接、ANA系GS面接対策にも対応できる、このセミナーのほうがお得かも!
オススメです。


◆最新の採用情報◆
キャセイ関西ターミナルサービス 関西空港グランドスタッフ採用情報
関西国際空港での旅客ハンドリング 4月10日会社説明会 メールで申込み

スカイマークエアラインズ グランドスタッフ採用情報
羽田空港での旅客取扱業務 高卒以上 定員に達し次第終了

大韓航空 グランドスタッフ採用情報
成田国際空港での旅客ハンドリング業務 3月23日書類必着






skysky100 at 10:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年02月15日

航空業界渡り歩きの傾向。

航空業界に入ると、横歩きといって航空会社から航空会社へ、業界の中のあっちからこっちへ転職したりする人がとっても多い!

私はまたちょっと違うけど、それでもエアネットを通してエアライン業界を目指すみんなと関わっているし、新人グラホの教育担当の仕事にも足つっこんでる。。

私の同僚にも外資系の航空会社に転職した子、別の会社の客室乗務員になった子、エアライン系のスクール講師になった子など様々。
結局みんなこの業界から離れられないんだよね。
それって、結局この仕事が好きってことかな。


今日はとっても奇遇な出会いがありました。
もともと同じ空港でアジア系の航空会社にいらっしゃった方で、その後関空のヨーロッパ系航空会社に転職、そして現在はまた別のヨーロッパ系航空会社の客室乗務員をしているというその人から、エアネット講師をしたい!というメールが届いたのです。

最初メールでやり取りしていた時は全然気づかなかったんですが、話しているうちに「あれっ!?この人って・・」と思って聞いてみたら、案の定。

現在月に3フライトほど乗務しているけど(ヨーロッパなのでフライトタームが長いのです)、日本に帰っている空いた時間に講師の仕事をしたいんだとか。
この人が講師をしてくれるようになれば、外資系の航空会社就職を目指してる人のためのセミナーも開けるかしら・・(*´∀`*)
外資系希望のみなさん、新セミナー期待してね(笑)。


というわけで、航空業界には横歩きが多いのです。

でもみなさん、採用試験の面接では間違っても「いろんな航空会社をまわって経験をつんで成長したい!」なーんて言ってはダメですよ!!
あくまでも「御社ひとすじです!ずっとずっと御社のために働きたい!」という姿勢を見せなくちゃ。

でもね、個人的にはいろんな会社でいろんな仕事をするのはとってもいいことだと思います。
だからみなさん、本命の会社がダメだったからといって絶望しないで。
「本命じゃない・・」と思っても、その会社で経験できることは山ほどあります。
その経験を持って、どんどんチャレンジしていったらいいと思います。

あ、でも経験っていうなら少なくとも3年は働かないと、次に活かせるような経験にはなりませんのでご注意を。

でもこんな業界だからこそ、各航空会社いろんな人と出会えるし、不思議な人も多いけど(笑)仲良くやっていけます。
それも結構楽しいのです。

みんな頑張れ〜!

というわけで、今日もブログランキングの応援を
よろしくお願いします(o・∀・o)
ランキングバナー


私が今月担当するセミナーは
エントリーシート対策(2月18日大阪)
面接対策上級(2月18日大阪)
面接対策初級(2月21日東京)
JALスカイサービス対策(2月21日東京)
エントリーシート対策(2月22日東京)
面接対策上級(2月22日東京)

JALスカイサービス対策には、私の同期の現役がゲストとして来てくれるかも!?
お楽しみに☆(ちなみに既に定員いっぱいで締め切っています)

また、19日・23日はそれぞれ大阪と東京で航空新聞社さんが主催の「航空・ホテル・旅行・ブライダル業界就職対策直前セミナー」が開催されます。
なんと、私がそのセミナーの第2部で司会をするのです。
かなり緊張ですが、頑張ります。

それでは、セミナーでお会いできるみなさんとは、お会いできるのを楽しみにしていますよ(´▽`)
お会いできない方も、今日も久々更新のブログを読んでいただきありがとうございました!

skysky100 at 01:04|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2007年01月21日

グランドスタッフに必要な資質 その1

皆様、こんにちは〜
6日間のグランドスタッフチェックイン教育を無事終えてきました〜。
6日間も連続でやったことはなかったので、結構疲れました・・(汗)

というわけで、今回もブログランキングの応援よろしくお願いいたします!
ランキングバナー


グラホの仕事は本当に頭を使う・・。
当然臨機応変な判断力とか、コミュニケーション能力、サービスマインド、
体力、などなどいろんな資質が求められるけれど・・、


今回の教育で私が感じたのは、「整理整頓できる力」


整理整頓にもいろいろあるけど、必要なのは情報を整理する力。
教育では膨大な量の知識を頭に入れなければいけません。
そのためには、大量に配布された資料や教科書の内容をしっかり
まとめていかないと、とてもじゃないけど全部把握できない!!

今回の生徒たちは、教育が始まって2〜3日は配られた資料はそのまま
クリアファイルに・・、授業の内容はその都度いろんなところにメモをするから
一体自分がどこに書いたのかもわからない、もらった資料の中から自分が
見たい資料を探し出せない・・、
というわけで教えた内容を聞いても答えるのに時間がかかる・・。
というような困った状況。

といってもチェックイン教育はたったの6日間!
それが終ったらすぐにOJTが始まります。
危機を感じた私は渇を一発

「いくら頭がよくても、整理整頓できない人は仕事のできない人!!
「逆にいい大学を出ていなくても、整理整頓できる人は仕事ができる人!!
「自分のカウンターが散らかっている人はミスの多い人!!


すると、翌日みんなちゃんとファイルを何冊かとノートを持ってきた(笑)
その後は自分が知りたい情報を、膨大な資料の中から探し出す時間が短縮し、
授業もスムーズに進めることができました。

今日で教育が終ったけど、何とか全員OJTに進んでもらえそうです。
でもカウンターに出たら教育でやった内容をまた別の角度から体で
覚えていかなければいけないので、生徒たちはまだこれからが本番!
頑張ってもらいたいです。


melody先生もパスポートチェックについて今日のブログで書いていましたが、
そのパスポートのチェックも含めて、チェックインというのは本当に様々な
ことを確認しなければいけません。
その中で笑顔で接客し、お客様のご希望を伺って、気持ちよく送り出す。

私はエアネットのセミナーでもよく「グランドスタッフの仕事の『笑顔で接客』は
おまけみたいなもの!』とお話しますが、本当にそう。
でも、だからこそやりがいがある仕事だと思います。
笑顔の裏で、正確な業務知識を用いて正確な仕事をする。
そういう誇りがあります。


大量の知識を持って仕事をするには、大容量の頭脳も必要だと思うけど、
人間の脳みそにも限界があります。
大事なのは、情報を適切に整理整頓して、いつでも引き出せる状態にしておくこと。
必要なときに情報を引き出すことができれば、それは頭の中でも、自分がまとめた
ノートの中でも同じことです。

グランドスタッフを目指すみなさん、今日からでもなんでもメモする癖をつけましょう。
そして、メモしたものはきちんとカテゴライズしてノートにまとめる、ファイリングする!
そういう癖をつけておくと、グランドスタッフになった時にきっと役立ちますよ。


そしてもう一つ。
グランドスタッフが使う専門用語については、新人教育の中では
それほど詳しくやりません。
もうほとんどは現場の中で覚えていく感じ。
今から少しずつでも言葉を覚えていくと、グラホになってから少し楽かも!
私が今せっせと専門用語集を作っていますので、ある程度できたら公開しますね。
是非参考にしてください( ・∀・)ノ



----------------------------------------------------------------------
◆◇◆ 最新グランドホステス採用情報 ◆◇◆
ノースウエスト航空グランドスタッフ採用情報
成田国際空港の旅客サービス業務 1月31日書類必着

AIR DO北海道国際航空 グランドスタッフ採用情報
羽田空港での旅客取扱業務 1月28日書類必着

JALスカイサービス グランドスタッフ採用情報
2008年度新卒採用 エントリー開始

JALスカイ名古屋 グランドスタッフ採用情報
中部国際空港での旅客取扱業務 2008年度新卒採用



skysky100 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月16日

現在チェックイン教育中!

みなさん、こんにちは
先日はエアネット交流会@大阪に参加して、皆さんのキラキラ瞳にたくさんのパワーをいただきましたありがとうございます〜★

もう既に見ていただいているとは思いますが、エアネット交流会の様子がアップされていますので、是非チェックしてくださいね!
そしてまだ参加したことのない皆様、是非次回お会いしましょう♪

東京では25日に開催。次は3月に企画します!

エアネット交流会01  エアネット交流会02

交流会では、髪型のレクチャーなんかもしてみました♪



さて、大阪出張から帰ってきた翌日から6日間、今度は現役新人グランドスタッフのチェックイン教育のインストラクターをするため空港に仕事に行っています。

今回の新人ちゃんたちは全くの素人の人たちばかりなので、膨大な知識を頭に詰め込むのに相当苦労している様子。
チェックインの業務知識は、機械操作だけでなく様々な取り扱いについてのルールなども覚えなければいけません。
まだスリーレターコード(注1)やエアラインコード(注2)、それにいろんな業界用語もままならない状態なので、説明の意味もわからなかったりと、大変そうです。

私もなるべく専門用語を使わないようにわかりやすい表現で説明してみたり、具体例を出して解説したりと努力していますが、やっぱり難しいものは難しいですね。
私も新人の時は「もう無理・・」と何度も思いました。
最初の教育が、一番しんどいのです。

エアネットのグランドスタッフセミナーを受けてくれている方たちは、入社前から専門用語などの知識も少しは持っていますので、入社してから多少楽なんじゃないかな・・。
それとも、グランドスタッフの内定をもらった人対象の入社前基礎知識セミナーなんてのを企画してもおもしろいかも!

入社してから教育があるといっても、みんながちゃんと覚えるまでいちいち待ってはくれません。
覚えていようが、覚えてなかろうが、教育はどんどん進んでいくので、新人のうちは毎晩自宅で予習復習しないと追いつかないと思います。
よし、現実的にそんなセミナーも考えてみよう♪♪


そんなわけで、おそらく今頃は生徒たち頑張って自宅で勉強してるんだろうなぁ。
教育はあと4日続きます!
そしてその後すぐにOJT!
頑張れ新人ちゃん!

そして、グランドスタッフを目指すみなさんも頑張れ!!
新人教育は私が担当しますよ〜( ・∀・)ノ
お待ちしてまーす☆


ブログランキングに参加中!
クリックご協力お願いします!!
ランキングバナー


------------------------------------------------------------------------
注1:スリーレターコード
   空港や都市名を表すアルファベット3文字のコード。
   例えばロンドンはLHR(ヒースロー空港)、シカゴはORD(オヘア空港)
   バンコクはBKK、成田はNRT、関空はKIXといった感じ。

注2:エアラインコード
   航空会社を表すアルファベット2文字のコード。
   例えば日本航空はJL、全日空はNH、アメリカン航空はAA、シンガポール
   航空はSQ、といった感じ。

------------------------------------------------------------------------
★★現在のグランドスタッフ採用情報★★
AIR DO北海道国際航空 グランドスタッフ採用情報
羽田空港での旅客取扱業務 1月28日書類必着

JALスカイサービス グランドスタッフ採用情
2008年度新卒採用 エントリー開始

JALスカイ名古屋 グランドスタッフ採用情報
中部国際空港での旅客取扱業務 2008年度新卒採用


ベトナム航空 グランドスタッフ採用情報
関西国際空港での旅客サービス業務 1月31日書類必着

skysky100 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月11日

チェックインの教育準備です。

みなさん、こんにちは(o・∀・o)ノ
今更ですが、明けましてオメデトウございます(遅すぎ!?)
新年のご挨拶もままなりませんが、多忙なskyskyをお許し下さいっ!!

さて、本年もエアネット講師に現役グラホの教育担当に主婦に、頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします

ブログランキング、こちらもよろしくお願いします!
ランキングバナー


さてさて、昨日と今日は今月行われるチェックイン教育の準備をするため、
少しエアネットのお仕事から離れて空港に行っておりました。
退職してわずか8ヶ月、教育担当の仕事を依頼されこれで3回目の教育です。

資料はほとんど揃っているのですが、航空業界、たった一週間でもたっくさんのことが
めまぐるしく変わります。
まして1ヶ月か2ヶ月に一度しか出社しない私はその変化に対応していくのが大変!!

教育準備といっても、まずは前回のときからこれまでに出されたブリテン(業務に関する社報のようなものです)やNOTICE・引継ぎ事項などを全てチェック!
もちろん、現役のグラホは毎日このブリテンチェックを欠かしません。

わずかの間に、新しい便ができたりなくなった便があったり、取り扱いが変わったり、新たに取り扱う仕事が増えたり・・と様々。

最近で一番大きいのは、ETKT(Eチケット:電子航空券)かな。
IATA(国際航空運送協会)加盟航空会社は2007年までに完全ETKT化を目指してきました。そしていよいよ2007年!
前はもっと先だと思っていたのに・・。時がたつのは早いですね。

これまで紙だった航空券ですが、それが全て電子化され、コンピュータの中にのみ存在するものとなったのです。
これのメリットは、盗難・紛失の心配がない!
(でもシステムがダウンしたらどうするのか・・)
そして環境にもいい!
(料金明細を電子化している各産業もありますよね。携帯とか・・)

というわけで、航空会社間でお互いにETKTを引き受けられるようAGREEMENTが各社どんどん締結しているのです。

今このブログを読んでいるみなさんがグラホになる頃には、紙の航空券なんて1枚もないのかもしれませんね(笑)
TAT券(カーボン製の航空券)がATB券(磁気テープのついた航空券)に
変わったときのように・・。


さてさて、教育の準備は順調に進んでいます。
今回は6日間連続なので、私も大変だけど受ける生徒が大変だろうなぁ・・。
チェックインに必要な知識は半端じゃない!
それを1日7時間半、6日間缶詰で頭に入れるんだから相当大変。

でもチェックインの仕事に慣れたら次は発券のことを勉強したり、ゲート回りの仕事について勉強したり、荷物のクレーム処理、コントロールの仕事、プリパレーションの仕事・・と教育はやってもやっても続きます。

さて、皆さん勉強し続ける覚悟はあるかな??(笑)
グラホになるまでも大変だけど、なってからがもっと大変ですよぉ〜!
頑張りましょう(´▽`)


教育準備が終ったら、今度は大阪に出張です!
13・14日とセミナーを担当します☆
受講してくれる皆さん、お会いできるのを楽しみにしていますね〜☆
ちなみに私が担当する講座は
エアライン業界入門
グランドスタッフセミナー
エントリーシートセミナー
面接対策<初級>」です。

もちろん13日に開催されるエアネット交流会にも参加しますよ!

またJALスカイサービスやJALスカイ名古屋の新卒募集が出たので
いよいよ張り切って頑張りましょう♪



そうそう、今日から私の同期もブログを書き始めました!
現役グラホの日記です。是非読んでね♪
ちゃくらもち日記

skysky100 at 00:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!