daijiroの放浪旅写真館

旅行記や郵便局巡り・鉄道車内学などを沢山の写真でご紹介しています。

旅行記や郵便局巡り・鉄道車内学などを沢山の写真でご紹介しています。

郵便局巡り・鉄道車内学&バスを紹介する本家サイト
http://hobbyhunter.main.jp/」もあわせてお楽しみ下さい。

独り言

京急1000形1890番台の運用予測・後日談

京急の代表的な車両となった1000形は、アルミ車体やステンレス車体と言った車体の材質に加えて座席配置や前面形状など非常にバリエーションが多い特徴があります。そんな1000形に更に新たなバリエーションが加わることになりました。今回は歴代京急車両の中でも特に個性の強い1890番台の運用方法について予測してみました。
(2021年01月24日執筆)

●京急初が詰まった特徴的な車両
・1890番台は4両編成で外観は1800番台に酷似しています。2本繋いで貫通路を構成すれば他社線にも乗り入れは可能でしょうが、1800番台が他社線乗り入れを中止している現状では1890番台が他社線乗り入れを行う可能性は低いと思います。将来的な可能性に備えて貫通路構成は可能に設計したという程度でしょうか。

・1890番台最大の特徴である内装は、自動回転式シート(L/C腰掛)の採用やトイレの設置という京急史上初採用を多数盛り込んだ仕様となっています。近年の関東大手私鉄で運行を開始したライナー列車で多く採用されているロング⇔クロス転換仕様の座席を採用して、日常的な運用から座席指定列車やイベント列車など幅広く運用する事が可能です。なお座席は2100形と比較して幅が10mm拡大されてコンセントも設置されるそうです。また乗務員室直後には展望席が復活しています。更に編成中に車いす対応トイレと男性用トイレを1か所ずつ設置して長時間の乗車でも安心の造りになっています。なお文庫と久里浜の車両基地に汚物処理設備を新設しています。

●可能性の高い想定される運用
・イベント列車
京急線では沿線企業とコラボして飲食が可能なイベント列車を運行した実績がありますが、車内にトイレが無いために途中駅でトイレ休憩で長時間停車を行う必要がありました。本列車ではトイレが設置されているので、様々なイベント列車の長時間運行が可能となります。プレスにも貸し切りイベント列車と明記されているので充当される可能性は非常に高いと言えます。単独4連では大師線への入線も可能ですし、2本繋げば本線でのイベント列車としても運用可能でイベントの規模に応じた柔軟な調整が可能です。

●実現してほしい想定運用
・横浜方面へのエアポート急行
前述したように他社線への乗り入れは可能性が低そうなので、線内完結の運用を前提に考えると南エア急への充当が考えられます。ロングシート車に比べて座席数は減少しますが、南エア急の混雑度は比較的低いので問題は無いかと思われます。

・日中の本線普通列車
日中を中心に本線の一部普通列車は4連で運用されています。混雑度も低いので単独運転でも問題は無いかと思われます。ただし普通や南エア急での運用時は整備作業を省略するためにトイレは閉鎖扱いとするかもしれません。

・モーニングウイング3号の増結
平日朝ラッシュ時に運行されるモーニングウイング号は安価な料金で着席通勤出来るので人気が高く、特に品川7時半頃に到着する3号は一週間先でも満席という大盛況でした。そこでクロスシート状態の本形式を増結して12両で運転する事で提供座席数を増やすものです。ただし乗務員室の扉開閉選択スイッチの新規設置と2100形の改造が必要になります。

●実現可能性の低い想定運用
・一部のイブニングウイング号への充当
2100形に比べて座席数に違いがあるので、突発的な代走で充当しようとすると座席数が不足してしまいます。モーニングウイング号は前述の増結以外で充当される可能性はほぼゼロかと思われます。イブニングウイング号は当日の朝から発売を開始するので、前日までに代走の必要が判明すれば座席管理システムへ介入して調整は可能でしょう。プレスには座席指定列車とも記載があるので、増備が行われれば一部のイブニングウイング号の運用を1890番台による限定運用に変更するかも(2100形が代走する場合は座席数が増えるので問題ない)しれません。

●実現してほしくない想定運用
・A快特への代走充当
線内完結の快特であるA快特は主に2100形が充当されていますが、本形式4+4連での運用は可能な限り避けてほしい運用方法と考えます。3ドア車である事やトイレ設置などで2100形より提供座席数が大幅に減少し、着席チャンスの低下は苦情に繋がりかねません。座席のセット状態に関係なく発生する事が予想される問題なので、エア急を除く優等列車には充当してほしくないです。

・朝夕ラッシュ時の増結運用
前述のように提供座席数が減少するので、好ましい運用とは言えません。文庫で増結待ちをしている利用客からは1890番台の入線を見て失望する人もいるかもしれません。またトイレの設置により詰め込みが効かないという問題もあるでしょう。

●おまけ
・2100形へのトイレ設置については「2100形を改造してトイレを付けるということは考えていないが、利用者のニーズ、(新型車両のトイレの)利用頻度から需要があれば、検討していきたい」との事です。本形式の為だけに汚物処理設備を設置するとは考えにくいので、2100形の後継車両にはトイレが設置される可能性は高いと予想しています。

◆後日追加
なんと本記事をWEBで公開した翌日に、公式がモーニングウイング3号への増結を正式に発表しました。予想が見事に的中して嬉しいです。2本のみの在籍と少ないので当分は増結1運用とその予備で、一般運用などへの充当は無いと思われます。

詳しくは本家のWEBサイト「http://hobbyhunter.main.jp/」もぜひご覧下さい。
郵便局巡り・鉄道車内学・バス・船・旅行記…etc 乗り物好きには堪らない情報更新中です!

雷電堂の同人誌を「BOOTH」にて通販を行っております。
気になる一冊が見つかるかも!「https://raidendo.booth.pm/

2021年JRグループダイヤ改正について JR九州編

JR九州のダイヤ改正では、新幹線や特急列車を中心に減便や臨時列車化が行われています。特に日豊本線特急の減便・臨時列車化によって、元々高速バスに対して劣勢となっていた福岡~宮崎方面は競争を諦めた状態です。(2020年12月24日執筆)
公式プレスはこちら
https://www.jrkyushu.co.jp/railway/dia/pdf/press_kyushu.pdf

●新幹線
・九州新幹線減便及び種別格下げ
九州新幹線区間で完結するつばめ号13本とさくら号2本が廃止されます。これによって出水・新水俣・新八代・筑後船小屋の各駅は2時間以上間隔が開く時間帯が発生します。山陽新幹線直通列車には変更ありません。救済として一部のさくら号をつばめ号に格下げ(各駅停車化)やつばめ号の運転区間延長を実施します。

●特急列車
・ソニック号臨時列車化
日中の速達タイプ12本を繁忙期運転に変更します。なお大分で接続するにちりん号が減便及び臨時列車化により博多・小倉方面から宮崎方面の乗り継ぎ利用が困難になります。

・にちりん号減便及び臨時列車化
4本を廃止とともに4本を繁忙期運転に変更します。救済として宮崎空港~延岡間をほぼ同時刻でひゅうが号を6本運転します。うち4本は前述のとおり繁忙期に大分発着のにちりん号として延長運転を行います。これによって延岡以南は毎時1本運転されますが、延岡~大分間は2時間おきの運転となります。

・かもめ号減便及び臨時列車化
1本を廃止とともに3本を繁忙期運転に変更します。

・きらめき号減便
6本が廃止されます。救済としてきらめき1号と同等の時刻に小倉発博多行の快速列車を運行します。またソニック201号をきらめき16号相当の時刻に繰り上げて運転します。

・かいおう号減便
1号(平日運転)、5号(休日運転)、4号の合計3本が廃止されます。救済として2号の時刻を旧2・4号の中間の時刻に変更されます。かいおう号は昨年11月比で乗車率が57%減というJR九州の特急列車全体で最も大きな減少幅を記録しています。

・きりしま号減便
宮崎発着の2本と都城・西都城を発着する2本の合計4本を廃止されます。

・有明号廃止
平日朝に博多行1本のみの運行となっていた有明号が遂に廃止・名称消滅となります。救済として大牟田~鳥栖間をほぼ同時刻で快速列車を運行し、鳥栖駅同一ホームでかもめ102号博多行に接続します。

・海幸山幸号増発
毎週末のように運行されている海幸山幸号は繁忙期に1往復増発します。南郷駅での長時間折り返し待ちの間に追加でもう1往復するものと思われます。

●普通・快速列車
・福北ゆたか線運転体系変更
日中の博多~直方間の快速列車を毎時1本減便するとともに、快速列車を博多~篠栗間各駅停車に変更します。救済として篠栗・新飯塚発着の普通列車をそれぞれ新飯塚・直方発着に延長します。これによって博多~篠栗間は毎時4本→3本に減便されます。また日中の直方~黒崎方面直通列車が廃止されます。

・終電繰り上げ
福岡・熊本都市圏では概ね20分、大分都市圏では概ね10分、鹿児島都市圏では概ね25分の終電繰り上げを実施します。


詳しくは本家のWEBサイト「http://hobbyhunter.main.jp/」もぜひご覧下さい。
郵便局巡り・鉄道車内学・バス・船・旅行記…etc 乗り物好きには堪らない情報更新中です!

雷電堂の同人誌を「BOOTH」にて通販を行っております。
気になる一冊が見つかるかも!「https://raidendo.booth.pm/

2021年JRグループダイヤ改正について JR西日本編

JR西日本のダイヤ改正でも減便メインの改正となっています。京阪神エリアでは特急列車の通勤利用を促進するような施策が発表されましたが、地方部では減車やワンマン化などの経費削減が行われています。特に広島・山口エリアはJRグループで最も劣悪な変更が加えられていて、列車の大幅減便や速達サービスの削減がエリア全域で行われています。(2020年12月22日執筆)

●北陸エリア
公式プレスはこちら「https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201218_00_kanazawa.pdf

・サンダーバード号週末運転化
北陸と近畿を結ぶ人気の高い列車ですが、停車駅の少ない速達タイプを中心に8本が金土休日運転に変更されます。救済としてサンダーバード28号を小松・鯖江に追加停車します。

・ダイナスター号一部便廃止
2本が廃止されるため、福井→東京の始発及び東京→福井の最終はどちらも米原経由の方が有利となります。

・能登かがり火号減車及び指定席設定増加
全列車を3両編成に統一して、グリーン車は廃止となります。なお指定席の設定を1→2両に変更して自由席を2→1両に変更します。

・七尾線全列車521系化によるワンマン運転及びICOCAサービス開始
七尾線の普通列車を新型車両に統一し、同時にICOCAサービスを開始します。ワンマン運転も開始しますが、2両運転列車が少数なので対象列車は少なさそうです。なお3両から4両に増車して運行する列車がある一方、6両から4両に減車して運行する列車もあります。

・北陸線全列車521系化
北陸線の敦賀~金沢間を運行する普通列車が521系に統一されます。これによって北陸エリアを運行するJR線から国鉄型車両が全滅します。

●京阪神エリア
公式プレスはこちら「https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201218_00_keihanshin.pdf

・はるか号米原発着廃止と停車駅追加
米原発着で運転していたはるか9・50・54号が野洲発着に短縮され、はるか13号が京都始発に短縮されます。救済として京都始発であったはるか11号を野洲始発に変更します。これによって米原発着のはるか号は廃止となります。通勤特急としての需要拡大を受けて南草津及び山科両駅に全列車停車となります。なおはるか号は始発駅10~16時台の全列車が廃止となります。

・湖西線で区間短縮及び減便
湖西線では日中の近江舞子を発着する一部列車を堅田発着に短縮します。加えて土休日運転の日中の堅田発着列車が廃止となります。

・嵯峨野線で減便
嵯峨野線では日中の嵯峨嵐山発着の普通列車が廃止となります。単純に減便すると京都の隣駅である梅小路京都西に停車する列車が30分開く時間帯が発生するのですが、前後の列車間隔を調整するのでしょうか?

●南紀・和歌山エリア
公式プレスはこちら「https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201218_00_wakayama.pdf

・きのくに線227系増投入及びICOCAエリア拡大
紀伊田辺~新宮間で運行される全普通列車が227系での運行に統一されます。同時に車載型IC改札機の使用開始により和歌山県内の全線でICOCAサービスが利用可能となります。

・くろしお号週末運転化
くろしお号3往復を金土休日運転に変更されます。これによって2時間程度間隔が開く時間帯が発生します。

●北近畿エリア
公式プレスはこちら「https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201218_00_fukuchiyama.pdf

・北近畿方面特急列車の運転体系一部変更
福知山発着のきのさき9・18号を時刻変更の上で城崎温泉発着に延長します。それに伴い城崎温泉発着であったこうのとり15・20号は福知山発着に短縮されます。福知山駅での接続は行われますが、城崎温泉・豊岡方面からの直通列車を大阪方面から京都方面に移行した形となります。なお時刻変更に伴いスジを譲る事になったはしだて7・6号の処遇は不明です。

・北近畿方面特急列車の週末運転化
こうのとり2往復及びきのさき1往復を土休日運転に変更されます。上で述べたこうのとり号運転区間短縮と併せて新大阪~福知山以遠の往来が不便になりますね。

●岡山・福山エリア
公式プレスはこちら「https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201218_00_okayama.pdf

・山陽線及び赤穂線で区間短縮
山陽線で日中の和気発着列車を瀬戸発着に短縮します。また赤穂線で日中の長船発着列車を西大寺発着に短縮します。これによって瀬戸~和気間及び西大寺~長船間の日中運転本数が半減します。

・快速サンライナー大幅減便
岡山~福山間の快速サンライナーは土休日の運転本数が16本→3本に大幅に減便されます。なお普通列車の本数が多いので、利便性の悪化は少ないかと思われます。

●広島・山口エリア
公式プレスはこちら「https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201218_00_hiroshima.pdf

・終電繰り上げ
山陽線や呉線など広島発着の各線区で終電繰り上げが実施されます。呉線は広島発が39分、可部線は広島発が24分それぞれ繰り上げとなります。これによって広島着の東京からの最終のぞみ号から接続できなくなります。呉線は利用客が多くて都市としても大きいと思っていたので大胆な繰り上げに驚きました。

・山陽線広島~糸崎間減便
日中の糸崎を発着する一部列車を白市発着に短縮されます。白市以東は半減の毎時1本となるので、広島~岡山間などの移動が不便になります。

・山陽線広島~岩国間大幅減便
日中の岩国方面行き列車が大幅に減便されます。平日は岩国行3本大野浦行1本だったものが、岩国行2本大野浦行2本に変更となります。さらに酷いのが土休日で、快速シティライナーが40本から8本に大減便されます。それによって快速を含めて岩国行3本大野浦行き3本だったものが、平日と同様の普通列車のみで岩国行2本大野浦行2本に変更となります。観光客減少も関係しているかと思われますが、運転本数と速達列車とが奪われて利便性が大幅に低下します。せめて増結をして欲しいですが…。

・山陽線岩国~小月間減便
日中の岩国~新山口方面が毎時1本以下に減便されます。広島~岩国間と併せて広島・山口エリアの移動が不便になります。


詳しくは本家のWEBサイト「http://hobbyhunter.main.jp/」もぜひご覧下さい。
郵便局巡り・鉄道車内学・バス・船・旅行記…etc 乗り物好きには堪らない情報更新中です!

雷電堂の同人誌を「BOOTH」にて通販を行っております。
気になる一冊が見つかるかも!「https://raidendo.booth.pm/

2021年JRグループダイヤ改正について JR東海・四国編

●JR東海
JR東海のダイヤ改正ではのぞみ号の一部列車速達化で全体の半数が2時間27分以内で運行されます。意外なのが終電繰り上げを実施しない事です。理由を聞いて納得しましたが、名古屋圏は意外と元々終電が早かったんですね。(2020年12月21日執筆)
公式プレスはこちら「https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040882.pdf

・のぞみ号一部列車速達化
のぞみ号15本を速達化して、のぞみ号全体の半数となる79本が2時間27分以内で運転されます。

・在来線の終電繰り上げに関して
JR東海管内では終電繰り上げや初電繰り下げは実施しないそうです。元々他の大都市圏に比べて終電が早い事や、深夜帯の貨物列車の通過が多い事により「終電を繰り上げても、保守間合い(作業時間)の拡大にはならない」との理由だそうです。


●JR四国
公式プレスはこちら「https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2012%2018%2002.pdf

JR四国のダイヤ改正では南風号としまんと号が新型車両で統一されてサービス品質が向上されます。普通列車ではパターンダイヤの導入や増発で日中帯の利便性向上が図られています。終電繰り上げはあるものの、全体的にはメリットの方が大きい改正内容だと感じます。(2020年12月21日執筆)

◆特急列車
・南風号及びしまんと号を新型車両で統一
南風号のうち10本と、しまんと号のうち6本を2700系に置き換えを実施します。これにより南風号及びしまんと号は全列車が2700系で統一されます。

・あしずり号へ新型車両増投入
あしずり号のうち2本を2700系に置き換えを実施します。これにより16本のうち6本が2700系での運転となります。

・一部特急列車廃止
具体的な説明はありませんが、ミッドナイトEXP高松及びミッドナイトEXP松山が廃止になるようです。モーニングEXP高松及びモーニングEXP松山についても廃止になる可能性が高いです。

◆普通列車
・土讃線及び徳島線でパターンダイヤ導入
土讃線の高知~土佐山田間の日中でパターンダイヤを導入します。9~15時のダイヤが概ね統一されるとともに後免発高知行1本が増発されます。また徳島線の徳島~穴吹間で日中にパターンダイヤを導入します。9~17時のダイヤが概ね統一されるとともに徳島~阿波川島間で8本(1本は穴吹始発)が増発されます。


詳しくは本家のWEBサイト「http://hobbyhunter.main.jp/」もぜひご覧下さい。
郵便局巡り・鉄道車内学・バス・船・旅行記…etc 乗り物好きには堪らない情報更新中です!

雷電堂の同人誌を「BOOTH」にて通販を行っております。
気になる一冊が見つかるかも!「https://raidendo.booth.pm/

2021年JRグループダイヤ改正について JR東日本編

JR東日本のダイヤ改正では横須賀・総武線に新型車両投入という明るい話題がある一方で、東海道線系統で料金制度改悪や区間短縮・種別格下げなどが実施されて利用客の負担が増大する事となりました。ライナー列車の特急格上げは通勤客にとって深刻なダメージとなるでしょう。日中の快速アクティが普通格下げになると思われるので、伊豆方面の観光業界はどのように捉えるのかも気になります。東北方面では新型車両投入に伴い国鉄時代の車両が駆逐されて、ワンマン運転化や編成短縮などのコスト削減が垣間見えます。(2020年12月19日執筆)

●横浜支社
公式プレスはこちら「https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20201218_y01.pdf

・踊り子号E257系で統一
昨年より一部列車にて運用を開始したE257系ですが、いよいよ踊り子号全列車に投入されて185系は定期列車から引退となります。なお直通先の伊豆箱根鉄道では新たに特急料金が新設されます。

・東海道線ライナー列車の特急格上げ
東海道線で運転されていたライナー号を全て特急湘南号に格上げとなります。運行本数は新宿発着便を含めて上り10本・下り11本となり、現行とほぼ同数運転されます。新特急料金体系が導入されるものの、ライナー列車から特急に格上げされる事で事実上の値上げとなり利用客の減少が危惧されます。

・東海道線特急の料金体系変更
東海道線の特急「踊り子」「湘南」に対して中央線特急のような新しい料金体系が導入されます。従来の指定席特急料金よりは割安になるものの、自由席料金と比較すると200円程度の値上げとなります。更に従来のライナー列車と比べると区間によっては2倍近くの値上げとなります。伊豆方面の観光客は恩恵を受けられますが、ライナー利用客にとっては大きな痛手となりそうです。

・東海道線運行体系見直し
日中の小田原発着の一部列車を平塚発着に短縮されます。また平日夕ラッシュ時運転の通勤快速は快速アクティに格下げされます。なお「快速アクティーは夜間帯の下りのみの運転」とあるので、伊豆方面の観光客は普通もしくは特急しか選択肢がありません。

・横須賀線にE235系投入開始
横須賀線及び総武快速線でE235系が投入開始となります。普通車は全席ロングシートとなりますが、座席幅が拡大されるなど改善もされます。更にグリーン車は全席コンセントやWi-Fi装備など充実しています。

●八王子支社
公式プレスはこちら「https://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20201218/20201218_info005.pdf

・成田エクスプレス運転区間短縮
高尾発着の成田エクスプレス号全列車を八王子発着に短縮されます。

・青梅線直通列車の系統分割
平日夕方に運転される東京~青梅間直通列車2往復を立川で系統分割されて立川駅での乗り換えが必要になります。下り1本については時刻変更で接続不可となり、後続列車の利用となります。上り1本は青梅→立川と豊田→東京に分割されます。

・武蔵野線の入庫列車減便
東所沢電車区への入区を兼ねた府中本町発東所沢行5本を廃止となります。

●大宮支社
公式プレスはこちら「https://www.jreast.co.jp/press/2020/omiya/20201218_o01.pdf

・宇都宮線及び高崎線の通勤快速を種別変更
宇都宮線の通勤快速を快速ラビットに種別変更して東大宮に追加停車します。また高崎線の通勤快速を快速アーバンに種別変更します。ちなみに通勤快速は鴻巣又は久喜から大宮までノンストップという速達列車でしたが、何故か尾久には停車するという独特の停車駅設定でした。

・宇都宮線及び高崎線で減便
宇都宮線及び高崎線は日中に上野発着の列車を毎時1本程度減便となります。宇都宮線は更に朝・夕ラッシュ時にも減便を実施するとの事です。

●高崎支社
公式プレスはこちら「https://www.jreast.co.jp/press/2020/takasaki/20201218_ta01.pdf

・スワローあかぎ及びあかぎの減便及び運転区間短縮
平日のスワローあかぎ下り1本と休日のあかぎ上り1本が減便されます。また前橋を発着するスワローあかぎ及びあかぎは高崎発着に短縮されます。これにより前橋を発着する特急列車は消滅します。

●千葉支社
公式プレスはこちら「https://www.jreast.co.jp/press/2020/chiba/20201218_c01.pdf

・E131系投入による運転体系変更
E131系投入に伴い日中帯を中心に木更津~安房鴨川~上総一ノ宮間の直通列車を設定して、同時にワンマン運転を開始します。内房線下りの15~19時台はE131系による安房鴨川方面行の輸送力不足を補うためか、上総湊発着に延長した列車を5往復運転して対応するようです。鹿島線では佐原~鹿島神宮間でワンマン運転を実施します。

●仙台支社
公式プレスはこちら「https://www.jreast.co.jp/press/2020/sendai/20201218_s01.pdf

・東北本線などのダイヤ修正
仙台発着の東北本線・常磐線・仙台空港アクセス線のダイヤを修正して一部時間帯の運転間隔を均等化します。日中は福島~仙台間が白石で分断されて乗り換えが必要となります。併せて快速仙台シティラビットは普通列車に格下げとなります。「輸送障害発生時の影響範囲を小さくするため」とありますが、実際には福島~白石間を減車する事が主目的かと思われます。

●盛岡支社
公式プレスはこちら「https://www.jreast.co.jp/press/2020/morioka/20201218_mr01.pdf

・八戸線で輸送体系見直し
八戸線では区間短縮の影響で久慈発着が1往復減便となります。三陸鉄道と併せての観光が不便になります。鮫~八戸間は増発する代わりに車両減車が行われます。

・大湊線で直通運転中止及び減車
八戸及び青森を発着する大湊線直通列車のうち2往復が野辺地発着に短縮されます。更に短縮後のうち1往復は減車も行われます。

●秋田支社
公式プレスはこちら「https://www.jreast.co.jp/press/2020/akita/20201218_a01.pdf

・男鹿線にEV-E801系を投入
男鹿線で運用されているEV-E801系を5編成追加投入して全列車が新型車両となります。車両設置のカメラを使用して全列車でワンマン運転を実施します。なお下り1本が減便されています。

・GV-E400系を追加投入
奥羽本線及び津軽線にGV-E400系を投入して旧型車両を置き換えます。なお津軽線の蟹田~三厩間は全列車新型車両となりますが、1両編成に減車されます。また五能線は観光列車を除いた全列車が新型車両に統一されます。


詳しくは本家のWEBサイト「http://hobbyhunter.main.jp/」もぜひご覧下さい。
郵便局巡り・鉄道車内学・バス・船・旅行記…etc 乗り物好きには堪らない情報更新中です!

雷電堂の同人誌を「BOOTH」にて通販を行っております。
気になる一冊が見つかるかも!「https://raidendo.booth.pm/
記事検索
ギャラリー
  • ドラえもん未来デパート 新東京郵便局
  • 駅スタンプその233 反町駅
  • 世情を反映した成れの果て 新1000形1009F更新車
  • 世情を反映した成れの果て 新1000形1009F更新車
  • 世情を反映した成れの果て 新1000形1009F更新車
  • 世情を反映した成れの果て 新1000形1009F更新車
Twitter プロフィール
交通系同人誌を扱うサークル「雷電堂」代表。アニメ/美少女ゲーム/風景印/駅スタンプも嗜んでます。こちらの新アカウントで心機一転、平和なツイートで交流できればと思っています。公式HP「https://t.co/8STw00om9c」