鉛筆画「天浜線とSLシリーズ」第5作目の「朝日に輝く天浜線知波田駅とC58」がやっと完成。
 前回の経過報告で完成目標12月11日と書きましたが6日遅れとなりました。
P1010516
完成した「朝日に輝く天浜線知波田駅とC58」(KMKケント紙 A3 420×297mm)
絵の部分をクリックすると精細画像を見ることができます。
 (この完成画像はソフトでオリジナルより色を濃くしています。)

 今回は構図など細かいことには拘らないようにして光を感じさせる色使いにチャレンジしてみましたがいかがでしょうか。
 冬の朝が明けたばかりの午前8時頃の知波田駅に入線したC58389です。このSLは第一作目の「天浜線東都筑駅を通過するC58」で描いて以来の登場です。
 高度の低い赤い朝日が駅舎とSLを染めた風景を何とか表現できたかなと正直少し満足しています。
 なお、昔の二俣線でこの時間に知波田駅を走行していたSL列車は下り列車で、この絵とは進行方向が逆であること、連結している客車についても現在秩父鉄道で走行しているパレオ・エクスプレスの客車を参考にし、二俣線で使われていた形式ではない等絵には誤りがありますがご容赦を!!

 今回空の部分を広く取って時間短縮を図ったのですが、ホームの壁や遠くの風景、線路の砂利などに時間がかかってしまい、終わってみればまた年末となって時短はできませんでした。
 さらに空の部分もきれいなグラデーションや均一に塗ることができなかったことも反省点です。
 次回作では水彩色鉛筆にチャレンジしてみます。
 出来栄えはいかに? 今から楽しみですがしばらくは筆を休め年明け後に着手したいと思います。
 それまで皆さんご機嫌よう。
以上

 最後までお読みいただき有難うございました。