鉛筆画「天浜線とSLシリーズ」第八作目の「桜額縁の天浜線都田駅とC58」が完成しました。
(今回は額装してみました。 絵の中央に白いスポットが入ったことと額縁も額装マットも黒色の為ただの黒い縁取りした絵に見えて額装したようには見えないのが残念!)

P1020818
「桜額縁の天浜線都田駅とC58」(KMKケント紙 A3 420×297mm
絵の部分をクリックすると精細画像を見ることができます。

 今回作品は作成中に経過報告を一度も行わなかったため前回記事のアップから9ヶ月も経過してしまいました。
 桜の花や枝にはかなりの時間をかけたおかげでリアル感も出て出来映えには満足していますが、その分SLは手を抜いてしまい描き切れないところが残って不満ですがこれで完成とします。

 次回は鉛筆画「天浜線とSLシリーズ」九作目のモデルとなる駅の紹介を予定しています。
 それでは皆さんご機嫌よう。
以上
 最後までお読みいただき有難うございました。