以前からオプション取引をやりたいと思っていたのですが、ようやくオプションができるFX会社をみつけましたのでご紹介したいと思います。

その会社はSVC証券です。
何がユニークかといえば、この会社はオプション取引とフォワード取引ができることが他社との違いです。
今個人投資家の投資環境は驚くほど進化して、手数料、スプレッドはかなり良い条件で取引ができています。
唯一プロとの違いはオプションやフォワード、スワップ取引ができないことと、クロスのディールを別々にカバーできないことぐらいです。

個人投資家の方たちにとって、オプション取引という武器を手に入れることができれば、そしてオプション取引を習熟することができれば、かなり有利な投資対象となる可能性があります。

オプション取引は権利の売買とか難しそうに感じるかもしれませんが、一言で言えば『手数料を払って後だしじゃんけんができる』ということです。

たとえば今日のドル円は100円をはさんで、上は100.30下は99.70を行ったり来たりするレンジマーケットです。
こんなときこそオプションの取引が有効になります。

たとえば昨晩100円のドルプット円コール(ドル売る権利の購入)のオプションを買ったとします。
後だしじゃんけんですから、今日は100円割れを確認して99.7080でドルを買い戻し
100.10-20になればドル売る取引(これをガンマトレーディングといいます)をすればよいわけです。

99.7080でドルを買った時点で、100円でドル売る権利持っているわけですから自動的に20-30銭は儲かります。(もちろん手数料分はマイナスになりますが)
もしこのまま期日まで100円をはさんだ状態ならば、このガンマトレーディングを何回も繰り返すことにより50銭抜きで何度も儲けがでることになります。

もちろん100円をはさんだ動きでなくこのまま落ちるかもしれません。
その場合は手数料を取り戻すだけになるかもしれません。
また昨晩ドル円が上昇してしまい、オプションの期日まで100円割れがなければ
手数料分だけの損失になります。

このようにオプションは損失を手数料限定で、さまざまな取引の機会を与えてくれるツールだと理解していただければよいと思います。