今話題になっているニューヨークタイムズのギリシャなどPIIGSをめぐる債務の相関図です。
少し難しいかもしれませんが、よくできています。

単位の数え方は
Million =百万、
Billion=10億、
Trillion=兆 です

Greece Total Debt $2361Billionとありますがギリシャの債務残高が2360億ドル(約21.4兆円)ということです。
そこからGermany $45とでていますがドイツに対して$45billion=450億ドル(約4兆円)の債務があるということです。
たった21.4兆円で世界を振り回しているのですから、日本の債務850兆円とか恐ろしくなりますね。

ギリシャなどにはドイツをはじめ銀行が貸し込んだり、ギリシャ国債を保有している投資家も多いはずです。
日本は関係ない?
IMFが支援する以上、日本もIMFにお金を供出しているので約2000億円ぐらいの負担のようです。(この額は正確ではないかもしれません)
IMF最大の資金の出して米国では、米国の負担を議員が問題にしだしたらしいです。

ギリシャという小国の財政問題が世界を巻き込んで金融市場を揺れ動かしている姿は滑稽です。
ギリシャのストライキを見ていると、お金を借りているほうが開き直ると貸し手のほうの立場が弱いというのが良くわかりました。

投資LAB(岡藤ビジネスサービスで5月15日(土)に会場セミナーをやります。
オプション(初歩の初歩)のことと最近のマーケットについて話します。
お時間があればどうぞ。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ

banner_11