2008年01月05日

ピストンズの11連勝はあるのか?5

今日のNBAは12試合が開催されました。管理人注目の3試合はペイサーズ×ホークス、
キングス×キャバリアース、ピストンズ×ラプターズです。ペイサーズは3年目になる
グランジャーが32点を決めて、ダンリービーが23点を入れて、控え選手のラッシュが
ベンチから20点を決める活躍などがありました。ホークスはチルドレスがベンチから
26点を入れて、J.スミスが20点&5ブロックを記録して、先発PFのM.ウィリアムズ等も
活躍しました。キングスはサーモンズが22点を入れて、ムーアが得点とリバウンドで
2桁と記録して、B.ミラー等も活躍しました。借金が1のキャバリアースはレブロンが
24点&5スティールを記録して、イルガウスカスが15リバウンドを決めて、2年目になる
ギブソン等も活躍しました。現在10連勝のピストンズはハミルトンが22点を決めて、
先発CのR.ウォーレスが20点を入れて、ビラップスやプリンス等も活躍を見せました。
ラプターズは先発Cのバルニャーニが25点を入れて、ボッシュが23点&16リバウンドの
奮闘を見せて、今は先発PGをこなしているカルデロン等も活躍しました。

注目の試合その1 【ペイサーズVSホークス→113−91でペイサーズの勝ち】
☆ペイサーズの活躍→
 グランジャー:32点&9リバウンド、ダンリービー:23点&12リバウンド、
 ラッシュ:20点、M.ダニエルズ:12点・4アシスト・3スティール、
 J.オニール:11点&4ブロック、マーフィー:9リバウンド、オーウェンス:4アシスト
☆ホークスの活躍→
 チルドレス:26点&8リバウンド、J.スミス:20点&5ブロック、M.ウィリアムズ:13点、
 ロウ:11点、J.ジョンソン:8点、S.ウィリアムズ:7リバウンド&3スティール
☆試合レビュー→
 第1クォーターはペイサーズが24−20と4点リードと互角でしたが、第2クォーター後半あたりから
 ペイサーズは点差を広げます。第3クォーターはペイサーズが33−18と大量リードを記録して、
 最後は12点差をつけてペイサーズが勝ちました。ペイサーズは16勝18敗の借金2となりました。

注目の試合その2 【キングスVSキャバリアース→97−93でキャバリアースの勝ち】
☆キングスの活躍→
 サーモンズ:22点・7リバウンド・5アシスト、B.ミラー:17点・7アシスト・5リバウンド、
 ガルシア:15点&4アシスト、ムーア:11点&11リバウンド、
 ウードリック:11点&9アシスト、J.ウィリアムズ:8点&8リバウンド、D.ジョーンズ:7点
☆キャバリアースの活躍→
 L.ジェームズ:24点・10アシスト・8リバウンド・5スティール、
 イルガウスカス:14点&15リバウンド、ギブソン:13点&5アシスト、D.ブラウン:13点、
 バレージョ:11点、パブロビッチ:9点&6リバウンド、グッデン:9点&6リバウンド
☆試合レビュー→
 第1クォーターはキングスが9点リードして、第2クォーターは49−49の同点で終えました。
 後半も僅差の展開となりました。試合残り約8分あたりからキャブスはリードしました。
 キングスは残り約1分半で1点差まで追いつきますが、結局はキャブスに逃げ切られました。

注目の試合その3 【ピストンズVSラプターズ→101−85でピストンズの勝ち】
☆ピストンズの活躍→
 ハミルトン:22点&4アシスト、R.ウォーレス:20点&6リバウンド、
 ビラップス:18点・9アシスト・5リバウンド、マキシウェル:11点、マクダイス:12リバウンド、
 プリンス:10点&11リバウンド、スタッキー:8点&6アシスト、J.ヘイズ:8点
☆ラプターズの活躍→
 バルニャーニ:25点、ボッシュ:23点&16リバウンド、カルデロン:15点&9アシスト、
 ムーン:10点、A.パーカー:7点、ハンフリーズ:6リバウンド
☆試合レビュー→
 ピストンズはこの試合に勝って、11連勝となりました。第2クォーターあたりからピストンズは
 リードを広げ始めて、前半は48−39のピストンズの9点リードで折り返しました。第4クォーターは
 新人のスタッキーの活躍もあったピストンズが32−21とリードを大きく広げて、勝利しました。

slam52 at 16:43│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック シーズン試合結果 | 2007−08シーズンの試合結果

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字