カンファレンス準決勝の第7戦の2連弾〜ニックスはディヴィンチェンゾがスリー9本を含む39点!! / ナゲッツのマレーとヨキッチが共に30点台!! / ペイサーズはハリバートンも良い活躍!!オール・ルーキー・チームが決定〜1stチームにビクター・ウェンバンヤマやチェット・ホルムグレンらが選出!!

2024年05月21日

「スラムダンク」の青田龍彦も演じられた声優の梅津秀行氏が死去!!5


声優の梅津秀行さんが間質性肺炎により、68歳で亡くなられたことが報じられました。
梅津さんは1982年に声優デビューして、名脇役となりました。「スラムダンク」では
赤木剛憲(通称・ゴリ)と晴子の赤木兄妹の幼馴染で柔道部主将の青田龍彦を演じて、
アニメオリジナルキャラ(劇場版第1作が初出)の武園学園のキャプテンである黛明も
演じられていました。青田は柔道で神奈川県代表になったと思えないような間抜けさを
露呈する姿が目立つも、決勝リーグの湘北VS陵南で客席からゴリに叱咤激励した姿は
凄く格好良いキャラでありました。「何をやっとるか、赤木!!」の声もナイスでした。
同時期にあった「ミュータントタートルズ」では主人公たちの師匠のスプリンターと
悪の組織のリーダーのクランゲを演じ分けており、クランゲの高音でオネエな演技が
忘れられないですし、渋い声のスプリンターと同じ梅津さんがやっていたと知った時は
驚きました。「ジャングルの王者ターちゃん」では3人のキャラを演じられましたが、
どれも悪役キャラでありました。ハイテンションな笑い声もあるマシンガンアッパパと
クールなところが目立つ黒龍拳の副将の劉宝と地下の格闘団体のMAXのオーナーである
ダグラスを演じられました。梅津さんが演じられたキャラは悪役も忘れられないですし、
「まちカドまぞく」の優しい感じのナレーション(シャミ子の父のヨシュアも兼任)も
作品に華を添えていたと思います。あのナレーションはまるで娘を応援する父親的な
温かみもありました。新旧両方の「アルスラーン戦記」に出演された一面もあって、
昔の角川版アニメではラジェンドラを演じられて、荒川版アニメではラジェンドラの
父親のカリカーラII世を演じられました。時代を超えた役柄の縁でもあると思います。
面白い柔道部主将もオネエな宇宙人も優しい父親も怖い悪役もよく似合う方でした。

slam52 at 20:15│ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック アニメ&漫画 | TV番組&芸能関連
カンファレンス準決勝の第7戦の2連弾〜ニックスはディヴィンチェンゾがスリー9本を含む39点!! / ナゲッツのマレーとヨキッチが共に30点台!! / ペイサーズはハリバートンも良い活躍!!オール・ルーキー・チームが決定〜1stチームにビクター・ウェンバンヤマやチェット・ホルムグレンらが選出!!