※広告


プロキオンSの回顧

やっぱり夏は更新頻度が落ちます。

これが夏競馬に弱い原因なんでしょうが、本当に苦手なんです。

反省は毎年してるんですが、なかなか…。

プロキオンSも遅れましたが回顧します。

後々の為です。

1着:キングズガード(○)単700 複170
個人的には藤岡佑騎手をなめていましたね。すみません😣💦⤵若干迷惑をかけた馬もいたようですが、直線での捌きは見事でした。
レースは先行有利と言われながら、差し馬が台頭しました。それもそのはず前半34.2-後半36.9と完全なハイペースの消耗戦で前に行った馬がほとんど潰れました。キングズガードは後方で脚を溜めるいつもの形。インから突いていったので詰まるかなとも思われましたが、上述の見事な捌きで完勝でした。毎度毎度ここまで上手く捌けるかというのもありますんでね、やっぱり差し馬のリスクは考えながら付き合いたい馬だなとは思いますね。こういう展開になれば能力は間違いないと思います。

2着:カフジテイク(△)
ドバイ帰りというのが気になりましたが状態は問題ありませんでした。キングズガードとの差は直線で外を回したことくらいで、この馬が一番強い競馬をしたかなと。そして今回はこれまでと違ってスタート後から馬込みに入れていく競馬を福永騎手が試していたように思います。試した上でのこの着順なので価値はあるかなと。これが今後どのように影響するか楽しみです。

3着:ブライトライン(無印)
このメンバーならまだまだやれるんですね。甘く見ていました。コーナーで上がっていきながら最後は差されてしまったのを見ると少し仕掛けが早かったかもしれません。

4着:ゴーインググレート(無印)
前に行った馬では唯一の掲示板ですね。それだけ行き切った方が良いタイプなのかもしれません。最後は差されてしまいましたので1200mの消耗戦なんかが良さそうですね。

5着:メイショウウタゲ(☆)
出遅れてリカバリーしようとしたらかかってと見えました。それでもこの着順ですから重賞でもやれる能力は持っていると思います。



8着:イーデンホール(▲)
前半の追走に苦しんだ感じですね。脚が溜める展開が理想だと思います。



12着:アキトクレッセント(◎)
ダッシュが付きませんでしたね。芝スタートが良くないのかもしれません。ただダッシュが付いていたとしても、この展開では苦しかったかもしれませんね。



以上、プロキオンSの回顧でした。


中央競馬ランキング
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:重賞予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!