武田邦彦

2011年07月22日

放射性防護学の先生や自治体は「法律を違反」している

平成23年7月21日 午後9時 武田邦彦

電力が反撃をする時期に来ました。多くの専門家を動員して、

 1) 放射線の被曝はたいしたことはない、

 2) 原発は安全だ、

 3) 救命ボートは用意しなくても良い、

 と言ってくるでしょう。それに対して子供たちの健康を守り通さなければなりません。

 ・・・・・・・・・その第一回、やや簡単に整理をしていきます。相手が反撃してきたら、決定的な打撃を与えてください。

続きを読む

web拍手 by FC2
sleepy_melon at 12:00│コメント(0)││トラックバック(0)記事URL カテゴリ:│NEWS:地震・災害 
ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年07月19日

武田邦彦氏「日本国民をバカだと思っている」政府や電力は重犯罪者

武田邦彦

常習的やらせ体質・・・政府、電力・・・「日本国民はバカだと思っている人たち」

私たちはそろそろ決断をしなければならない時期に来ているようだ。それは、日本から「日本国民はバカだ」と思って憚らない人を追放しなければならない。 

いくら何でもひどい。これを我慢したら私たちは未来を失う。

・・・・・・・・・

続きを読む

web拍手 by FC2
sleepy_melon at 21:50│コメント(2)││トラックバック(0)記事URL カテゴリ:│NEWS:国内 
ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年07月18日

武田邦彦氏「年間被爆予想値は50ミリシーベルトを超える」

平成23年7月17日 午後9時 武田邦彦

どう乗り切るか、毎日、迷っているお母さんに

食品の汚染が広がってきました。

 といっても、いつも北海道や九州の食材を求めることも難しいし、子供は守らなければならないし、財布はそれほど余裕はないし・・・と毎日、迷っているお母さんに、思い切ってアドバイスをします。

 続きを読む

web拍手 by FC2
sleepy_melon at 08:12│コメント(2)││トラックバック(0)記事URL カテゴリ:│NEWS:地震・災害 
ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年07月14日

尖閣諸島には1500億バレルの石油が眠っているから日本の子供の将来は明るい

平成23年7月13日 午後10時 武田邦彦

子供の未来はあまり心配ない・・・電気

ここ20年、自分で未来を拓けない人たちが増え、「国民を脅かしてお金をもらう」という傾向が強くなりました。

その一つが「石油が無くなる」という話です。専門的なことは別にして地球は大きく、人間が少しぐらい石油や石炭を使っても無くなることはありません。  

私の計算では、あと8000年はあります。1000年前というと紫式部の世界ですから、そんな将来まで心配することはありません。

続きを読む

web拍手 by FC2
sleepy_melon at 01:29│コメント(0)││トラックバック(0)記事URL カテゴリ:│その他:日本 
ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年07月12日

武田邦彦氏「汚染牛肉を安全という専門家とNHK」

平成23年7月12日 午後4時 武田邦彦

また、基準値以上の牛肉を食べても「健康に影響がない」という専門家が現れました。

2011年7月12日、朝7時のNHKニュースに登場した何とか研究の権威の先生で、彼は、 「1日500グラムの牛肉を200日食べたら1ミリシーベルトになるので、汚染牛肉食べても健康に影響はない」 と言っていました。

放送するNHKもNHKですが、こんなことを言う専門家も専門家です。 ・・・・・・・・

続きを読む

web拍手 by FC2
sleepy_melon at 17:30│コメント(0)││トラックバック(0)記事URL カテゴリ:│NEWS:地震・災害 
ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年07月11日

武田邦彦教授 「汚染された牛乳と綺麗な牛乳が混ぜて販売されている」

7月11日 ロケットニュース24

中部大学の武田邦彦教授は11日、日本の牛乳は危険かもしれないと、自身のブログで発表した。

続きを読む

web拍手 by FC2
sleepy_melon at 17:30│コメント(0)││トラックバック(0)記事URL カテゴリ:│NEWS:地震・災害 
ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年06月23日

名古屋で0.15μSv/h 「放射性物質を含む品を販売した人は大犯罪の可能性も」

続きを読む

web拍手 by FC2 ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年06月18日

首相を評価しないと公言する馬鹿な民主議員

2011.06.18 07:00
記事:女性セブン2011年6月30日号

「自分たちで選んだんじゃないの?」菅直人首相の退陣問題をめぐって、身内の民主党からも圧力がかかっていることに対して、そう思った人も多いのではないか。

 福島第一原発問題で政府に対し、警鐘を鳴らし続ける中部大学教授の武田邦彦氏も呆れ顔でこう答える。

続きを読む

web拍手 by FC2 ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年06月13日

首都圏でも年1ミリシーベルト超え地点 「放射線ホットスポット」に注意せよ.

radioactive300kms_2
 

06月11日10時02分 記事:J-CASTニュース

局地的に高い線量になる「放射線ホットスポット」が、自治体などの調査で次々に明らかになっている。福島市内のオフィス街では、1日で以前の許容量の年1ミリシーベルトを超える線量が計測された道路沿いの側溝もあったというのだ。

   ネット上で、ホットスポットという言葉に関心が集まっている。

専門家が「柏、松戸、流山、三郷」と指摘して騒ぎに

   どこから生まれたかはよく分からないが、周辺に比べて異常に高い放射線量を計測する地点と言った意味らしく、一部専門家がこの言葉を使い始めてから広まったようだ。チェルノブイリ事故でも、発電所からかなり離れた地点で、高い数値を示す地点がポツポツあったという。

安全を連呼する専門家や政府の声も
結局意図的に工作された計測方法にありましたとさ。
続きを読む

web拍手 by FC2 ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

2011年04月03日

チェルノブイリ専門家 会見で「放射能は7世代に影響。20年経っても放射能量は同じ」

西日本新聞
関連:チェルノブイリ原発事故調査専門家:
放射能影響は7世代に及ぶ。日本政府は国民に対し放射能被害を過小


 旧ソ連で1986年に起きたチェルノブイリ原発事故について、人や環境に及ぼす影響を調べているロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ博士が25日、ワシントンで記者会見し、福島第1原発事故の状況に強い懸念を示した。博士の発言要旨は次の通り。

 チェルノブイリ事故の放射性降下物は計約5千万キュリーだが、福島第1原発は今のところ私の知る限り約200万キュリーで格段に少ない。チェルノブイリは爆発とともに何日も核燃料が燃え続けたが、福島ではそういう事態はなく状況は明らかに違う。

 だが、福島第1はチェルノブイリより人口密集地に位置し、200キロの距離に人口3千万人の巨大首都圏がある。さらに、福島第1の3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使ったプルサーマル発電だ。もしここからプルトニウムが大量に放出される事態となれば、極めて甚大な被害が生じる。除去は不可能で、人が住めない土地が生まれる。それを大変懸念している。

 チェルノブイリ事故の最終的な死者の推定について、国際原子力機関(IAEA)は「最大9千人」としているが、ばかげている。私の調査では100万人近くになり、放射能の影響は7世代に及ぶ

 セシウムやプルトニウムなどは年に1-3センチずつ土壌に入り込み、食物の根がそれを吸い上げ、大気に再び放出する。例えば、チェルノブイリの影響を受けたスウェーデンのヘラジカから昨年、検出された放射性物質の量は20年前と同じレベルだった。そういう事実を知るべきだ。

日本政府は、国民に対し

放射能被害を過小評価している


「健康に直ちに影響はない」という言い方はおかしい。
直ちにではないが、影響はあるということだからだ。

=2011/03/27付 西日本新聞朝刊=


関連:日本気象学会の新野 理事長「放射性物質の影響の予測 公表するな」


続チェルノブイリ原発事故その10年後子供の甲状腺がん多発!




チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染 1/4




チェルノブイリ原発事故その10年後 1/3




チェルノブイリ事故から20年 その1/3




チェルノブイリ Chernobyl 2009



続きを読む

web拍手 by FC2 ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
サイト







あわせて読みたい