--------------------

日経賞の解析結果はコチラ

--------------------




毎日杯(2020)各種解析結果


----------
----------

毎日杯 位置取り指数


----------

毎日杯 ラップ適性


----------

毎日杯 チャート


----------

毎日杯 馬場適性


----------
----------


位置取り指数最上位は アーニングフェイム となっていますので
解析上はこの馬がAタイプ想定となっています。
若駒戦の不安定さはどうしても伴いますが。

毎日杯 過去ラップ 簡易



ペースに関して
過去傾向からすれば、基本はスロー。

位置取り指数の全体値に関しては、
ある程度若駒戦らしい値ではありますが、
若駒戦にしては、低い方かも知れません。


毎日杯 過去ラップ 詳細



好走位置取りタイプを見る限り
差しが利いているようですが
C・Eの好走数に対して
Dが殆ど見られません。
頭数を考えれば、たまたまと言ってよいのかも知れませんが。


---------


ラップパターンに関して
A・Bの発現確率はほぼ同率で
どちらも高いです。
Cはオマケ程度。

そこを考えれば
注目は
ストーンリッジ
トウケイタンホイザ
アーヴィンド
アーニングフェイム
アルジャンナ


--------------------


チャートに関しては、
珍しく、適合率の高い馬がいません。

その中でも、比較的高い馬を選ぶなら
アーニングフェイム

適合率自体は高くないのですが
好走率の高い個体チャートの形状となっているのが
ストーンリッジ
トウケイタンホイザ


--------------------
--------------------


解析結果からは

ラップ適性とチャートの両方で注目の

ストーンリッジ
トウケイタンホイザ
アーニングフェイム

が推奨されています。


個人的には
アーヴィンド
サトノインプレッサ
辺りにも注目はしていますが、、


さて どうなりますでしょう。


-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------


※位置取り指数やラップ適性解析評価についてはコチラ

※各項目の評価印についてはコチラ 




      







        




↑応援クリックいただけるとありがたいです。↑↓