--------------------

レパードステークスの解析結果はコチラ

--------------------


----------

  


----------

エルムステークス(2020)各種解析結果


エルムステークス(2020)出走馬の位置取り指数ランク


エルムステークス 位置取り指数


位置取り指数最上位は アルクトス となっています。
補助値も含めた1位で
この馬が解析上の想定Aタイプとなります。

エルムステークス 過去ラップ 簡易


ペースは、昨年こそ明確な前掛かりでしたが
ダート重賞ながら、全体を見ると平均程度に収まっているコトが多いようです。

位置取り指数を見ると
ダートらしい値で、
一定以上速くなる示唆は出ています。


エルムステークス 過去ラップ 詳細


好走位置取りタイプを見ると
まずはAの逃げ粘りが圧倒的。

次いで、
Bも安定していますが
昨年は、ペースが上がって
全部後ろから(C・D・E)。

その辺をどう見るか
でしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------


エルムステークス(2020)のラップ適性解析

エルムステークス ラップ適性


今回は、6つ出しました。
中心はAとBで
発現確率は それぞれ
40%程度 と 20%弱

次いでCパターンには
昨年のラップを当てはめています。

D・Eもそれぞれ10%強程度の発現確率を示しており

Fはオマケ。


中心となるA・Bで上位印が配されているのは

バスカヴィル


次いで

リアンヴェリテ
ヒラボクラターシュ



昨年のラップをトレースしたCパターンは
該当馬が2頭のみで、
昨年好走した ハイランドピーク が
当然の如く評価されています。

先程名前の挙がった

リアンヴェリテ
 は
Cパターンにおいて、それを上回る評価を得ています。


他のパターンはなぜか一方的な結果で


ウェスタールンド
アナザートゥルース
ハイランドピーク

辺りが かなり目立っています。

低確パターンやオマケパターンとはいえ
コレでは注目せざるを得ません。


あとは、ココまで名前の挙がっていない馬で
Aパターン高評価の

アルクトス
ワイルドカード



Bパターン高評価は

ワンダーリーデル
タイムフライヤー
アディラート



--------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------

エルムステークス(2020)のラップバランスチャート照合

エルムステークス チャート


チャートに関しては、
適合している馬と、極端な馬に大きく分かれている印象です。

適合率が高いのは

アルクトス
ウェスタールンド
ワイルドカード


他には

アディラート
タイムフライヤー
リアンヴェリテ

辺り。



--------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------


エルムステークス(2020)の 馬場適性

エルムステークス 馬場適性


いつも通り
上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が高い
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が高い
です。


--------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------


エルムステークス(2020)の ラップ解析総合評価

その他の細かくて公開できていない項目も含め
解析結果を総合すると

ソフトからの推奨は

ハイランドピーク
ウェスタールンド
リアンヴェリテ


となりました。


ただ、今回は
評価は割と複雑で
競っている馬が多いようです。

次点としては

アナザートゥルース
バスカヴィル
アルクトス


辺りも良好でした。


他で名前が出ている馬達も
注意すべき結果が出ていましたし
あまり狙いを絞り込むのは微妙化も知れません。
ソフト的には手広くイケとのコトです。
(私の馬券自体は普段から手広いですがw)



--------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------


ソフトの解析結果は以上のような形となりました。


一定、分かりやすい部分もありますが、、
総じて難しいですねw

人気馬も良好ですし
穴馬は、一番下から狙っても良さそうですし。。


まぁ、ダート重賞は、
どの馬も似たような形に収まりやすく
差異が出にくいので
そもそもウチのソフトがあまり得意とはしていない条件ではあるんですケドね;;

なので、結果が難解になりやすいし
アテにしづらい面が大いにあります…。。


いや~ でも、
今回は比較的差が出ていて
分かりやすい方かも知れません。


…どっちやねんw


とにかく
馬券は、直前まで色々検討して考えましょうかw



さて どうなりますでしょう。



-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------


※位置取り指数やラップ適性解析評価についてはコチラ

※各項目の評価印についてはコチラ 




      



        





↑応援クリックいただけるとありがたいです。↑↓