私は特別優れた予想家ではありませんが
たまに爆当たりはカマします。
(まぁ誰しもそうですが)

そういった時などに よく
「買い目を教えて欲しい」 とか
「総合的な評価印を」 とか
言われます。

よく分かります。

私も実際 そうできればな とは思っています。
しかしながら
なかなか難しいのが現状です。


私が、競馬予想をする際は
このツール以外にも あらゆるファクターを基に
馬券検討しています。
馬券を実際どう買うか かなりギリギリまで迷ったりします。

私は馬を見て分かる人ではないので、
パドックや返し馬は見ません。
というか 見れる環境にありません。

なので、それが要因ではないのですが
とにかく可能な限り、(時間がある時は)直前まで考えます。
そうなると、場合によっては、最終的に軸馬や本命馬が変わる時もあります。
(そこまで大きく変わるコトは少ないですが)

つまり
このブログで、最終印や 買い目を書いたとしても
その通りに買わない可能性もあるワケです。
もし、私の最終決断(仮)を参考にしている方がいたとして、
その 私の最終決断(仮)がハズれたとします。
しかし その時
私が直前に変えて実際に買った馬券は当たっていた。 
というようなコトが起こった場合
どうでしょうか。

別にお金を取って予想を売っているワケではないので
そこまでの責任は私に無いのかも知れませんが
どう考えても、私の予想を参考にした人は納得できないでしょう。
少なくとも 私にそれは出来ません。

仮に、直前に変わった予想を 直前に書き直しても同じコトで
書き直されるまでに私の予想を見て参考にした人は
簡単に言えば偽情報を掴まされたようなモノです。
やはりできません。

逆に、
予想記事を書いた時に 最終決断もキッチリ書いて
それ以降、一切買い目を変更しない という形では?
やはり、コレも出来ません。 
個人で好きに馬券を買っているだけなので 
そもそもコレをやる理由がありません。


---------


だから私はいつも
予想記事に 『予想』と書かず 『解析』と書いています。
出来る限り 絶対に揺らがない客観情報だけを書いています。
もちろん、自分の見解も書きますし
血統などには主観的な内容も含まれますが
基本的には 時間が経っても変わらない情報を載せます。

今時よくあるネットの競馬予想サイト複数で
私の最終印や買い目を設定して上げていたりはしますが
普段の予算以上の仮想の資金を配分する形なので
実際の購入馬券と違っているコトも多いですし、
そこは私が運営している場ではないので、
自分のブログほどの責任感は到底持っていません。
だから、実際の馬券は変更したが UPした買い目や印は変更していない
というようなコトも多いです。
逆に このブログでの情報開示に関しては、
日々色々と考えているつもりです。

馬券検討会を生放送でしているコトもあるのですが
そういった時に「買い目を開示していないから信用できない」
と言われたコトもあります。
しかし、私からしてみれば、
機械的に弾き出された数値に基づいたモノだけを出しているので
下手な主観情報や、インサイダー情報のようなモノより
よっぽど信用できると思っています。
(当たる情報かどうかとは別で。)

何でもかんでも懐疑的な見方しかできない人が たま~にいて
そういう方の多くが勘違いしているようなので 一応言っておきますが、
私は自分の予想を有料で販売しているワケではありませんし
何か胡散臭い情報を流しているワケでもありません。
自分の競馬予想の為に自作したラップ解析ツールを使って
算出された情報を公開しているだけ
 です。
この記事の後半にも書いていますが
実際の馬券の組み方はその時々で色々あり、
とりあえず当てて楽しみたいので、馬券は当てにいっています。
別に当たっているからといってボロ儲けしているワケではありませんし
当たってないのに当たったと言っているワケでもありません。
解析ツールが万能なワケでもありませんし、
万能であるように見せているワケでもありません。
しかし、解析ツールのお蔭で自分が爆当たりを手にできているのも事実です。
買った馬券の 当たりは当たり。
解析が機能したか機能していないか ハマったかハマってないかは また別の問題あって、 
個人的な馬券の的中とは別に
解析結果がどうだったかについては 回顧記事でもちゃんと分析しているつもりです。

もちろん、競馬予想ですから
自信がなかろうが ハマる時は ハマるし
自信があろうが ハマらない時は ハマりません。
あとは、その時々の結果を見て
皆さんで判断して下さい。

私個人の馬券が 上手いか 下手か を 必死に判定しようとして 
そこだけに異常に固執する人がたまにいますが
解析評価の情報は、私個人の馬券が 上手か・下手か というのとは ほとんど関係がありません。
ココには、自作のツールが算出した情報を そのまま掲載しているだけだからです。
それを記録しながら、私自身、どこがどう使えるのかを日々考え、
改善点を探し、改良しながら、上手い運用方法を模索していっているだけです。
当たり馬券は当たって嬉しいから載せているだけ。
予想記事では、客観情報と主観をごちゃまぜにしないよう、
とにかく解析ベースの情報を主体として書くように努めています。
そこに、注釈、あるいは主観的な見解を添えているイメージです。

もう少し言うとすれば
私の 馬券の上手い・下手 は、
正直いって、判断する側のさじ加減です。
この記事の後半でも書いていますが、
私はトリガミ上等という買い方なので、それを激しく否定する人からすれば 私は下手でしょう。
逆に、回収率至上主義の人が、『100%を超えていれば上手い。下回っていれば下手。』
という基準で判断するのならば、 私は 上手い というコトになります。
そういった判断基準も各々の考え次第ですし、
実際に自分の馬券を買うのは(人の予想に丸乗っかりするにしても)最終的には自分ですから
コチラの馬券の上手い・下手を云々するコトには ほとんど意味がありません。
特に、買い目や印をウリにしているワケではない私に関しては。

とにかく
解析の基本情報は載せてありますし、
レース結果も広く世に出ています。
照らし合わせれば、今回の情報が参考になったか ならなかったのか
というコトは 誰でも簡単に分かります。
回顧記事にも書いています。
それを受けて 見る側が ウチの解析情報をどう判断するか です。


-----------


その どう判断するか というのは、当然それぞれの馬券のスタイルにもよります。
後でも書きますが 私は手広くいくタイプなので
穴で好走する可能性がある馬は どんなファクターであれ知りたいと思います。
極端な話、「全頭買うべき」 という情報でも参考になると思っています。

逆に、かなり絞って買う人 
例えば、一点勝負 単複勝負 という人には
私の開示情報は参考にしにくいと思います。
最終的に どれが一番良いのか 分かりにくい時も多いからです。

しかし、私の情報は、機械的に出された客観情報を基にしているので
それを私の主観で削るなどして、歪めて出すコトはしません。
出した後に主観的なコメントを添えるコトはありますが。

解析ツールが弾き出した結果を
誰でも簡単に馬券に反映できるようにする手法は、
正直、まだ模索中です。
自分自身は、製作者なので当然ツールの全貌が分かっていて、
あらゆる数字が手元にあるので、それを予想の参考にするのは容易ですが
現状では、
ココを見て下さっている方が、提示されている解析情報を初見で馬券に生かすのは
なかなか厳しい状況のようには思います。
その辺は どうにか改善を目指しているところです。

とにかく
自分の予想の参考になりそうだと思える情報だけ
上手くかすめ取って下さい。
必要ないと思った情報は捨て置いていただければ良いです。
そういうスタンスで見ていただければ
使える要素は 恐らくどこかにあります。


-------


あと、
私は、前述の通り、生放送で予想検討をしているコトがあります。
(たまに で 気まぐれですが)
そこに来て コメントしていただければ 何でも答えます。

同じく、このブログにコメントしていただいても
ツイッターのリプライやダイレクトメッセージで何か下さっても大丈夫です。

その時点で中心視している馬や 狙っている穴 軸候補など
聞かれれば答えます。

また、開示している解析情報で 
分からないコトがあれば それについても聞いてもらって大丈夫です。
あるいは、「こういった数値は無いのか」といったご意見・ご質問もOKです。
スグ出せるモノであれば 出しますし
スグに出なくても 計算して出せそうであれば、出します。

ココの情報は上手く使って下さい。
ご意見やご感想、ご質問も 随時受け付けています。


----------------------------


管理人の馬券手法について


私は 実際に馬券を買い始めてから10年弱のキャリアです。
もっと前から競馬は好きで知っていましたが、馬券は買っていませんでした。
ディープインパクト以降 競馬から離れていて
(別にディープインパクトが好きだったから引退と共に…とかじゃないですwたまたまw)
初めて馬券を買ったのは ダイワスカーレットの有馬記念。(2008年末)
この時、しばらく競馬から離れていた私は
出走馬の中で知っている馬がメイショウサムソンとコスモバルクぐらいしかいませんでした。
(ダイワスカーレットすら知らなかった。)
この時、3連複で買い目に入れていた馬が全て来たので当たったと思ったのですが
ちゃんと買い方を分かっていなくて、実際は不的中でした。
しかし、20万馬券になったこの3連複が、予想としては当たっていた というところで
コレはイケるな と思ってしまい
年明けの金杯以降、毎週、京都競馬場に自転車で通うようになりました。

元々、血統が好きで競馬に興味があったので、
実際に馬券を買うようになってからは特に血統にのめり込み
血統を軸に予想を組み立て
次の週には初の3連単万馬券。夏には初の10万馬券。
2009年を終えてみれば、平然と回収率が100%を超えていました。
そして、基本的にはコレがずっと継続しています。
(少し競馬から離れていた時期もあるので、厳密ではありませんが)


さて、そんな私は、別に馬券が特別ウマいワケではないと思います。
(自分の自己評価としては。)
ただ、気になる方がいらっしゃるようなので
ココで簡単に公開しようと思います。

元々はデータを中心に考えての 割と手堅い人でしたが、
徐々に穴寄りの思考になってしまい、
今のベースは完全に穴指向です。


--------


まず、私の競馬観 というか 競馬というモノの認識について。

競馬はあらゆるギャンブルの中で 
最もギャンブル性が低く
最もゲーム性が高い。

だから やっている。
コレが私の持論です。

競馬のギャンブル性が低い というのは どういうコトか。

競馬においては、誰でも
全てのレースを永遠に当て続けるコトができます。
それは、販売されている馬券の中に、100%当たり目が存在し、
なおかつ その当たり目を 全ての馬券購入者が買う権利を有している
からです。
しかも購入点数の制限も無い。
馬券的中は、確率で制御されているモノではなく、
自分で確率を変動させられるモノなのです。
だから、本来的には、非常に確実性が高い
これが ギャンブル性の低さ です。
もちろん、自分でギャンブル性を上げるコトはできます。
それが 一点勝負! だったり 少点数での勝負 というコトです。
そのギャンブル性を、自分で自由に操作する事が可能である 
というのが 競馬の大きな特徴です。

確実性が高い と言いましたが、
確実性が高いコトは 基本的に儲けにならないor儲けが少ない です。
コレは、競馬以外のギャンブル・投資などでも同じコトが言えます。
だから、皆、ある程度の儲けを期待して
確実性を下げ、ギャンブル性を上げて、勝負するのです。
リスク・リターンという言葉でよく表されますね。
この、リスク・リターンは、競馬においては自分の自由に操作できます。
だから、的中率だけなら100%に持って行くのは非常に容易です。

ちなみに
最もギャンブル性が高くて
最もゲーム性が低いのが
宝くじ です。
コレには、一切のゲーム性がありません。
ただ、買うだけ。
そして、そのくじの購入は、ギャンブル性が極まっています。
ただ、運を天に任せるのみ。
当たりが一杯出ている売り場から買う?
そんなもんは、ゲーム性でもなければ
確率を上げるための手法でも何でもありません。
購入者が多ければそこから出る当たりの本数が相対的に増えて当然やんけwwwww


-------------


さて
次にゲーム性。
これは、単純に 面白い というコトですが
そんなコトは、競馬好きの皆さんは分かっておられると思います。
では、競馬のゲーム性とは結局のところ何なのか。

コレは 穴馬探し だと思います。

競馬の楽しみ方は、人それぞれです。
馬券を買わずに楽しむ人もいます。
写真が好きで競馬場に撮影に行く人もいます。
とにかく動物が好き 馬が好き というだけの人もいるでしょう。
それらが おかしいとは 全く思いません。

ココはまず、競馬予想・馬券購入という部分にフォーカスしてみます。
強い馬が強い競馬をして勝つ!これこそ競馬だ! という人もいるでしょう。
本命党の人も多いです。
それを否定するつもりは一切ありません。
楽しみ方も馬券の組み方も人それぞれ。
まず、その前提を頭に置いておいて下さい。

ですが、

残念ながら、人気は新聞によって作られます。
よく言われるコトですね。
私はもう何年も新聞なんて見ていないですが
色んな情報サイトは見ています。コレも同じコトです。
極端に言うと、
強い馬は、ほとんどの場合、事前に分かっています。
もちろん実力を見せていない馬が人気を落としていて穴になるパターンもありますが
基本的に力のある馬は人気になります。
今時は、競馬ファンの相馬眼も優れていますから
強い馬は皆知っています。
オッズにも表れます。
新聞にも書いています。

コレは 言ってしまえば
レース発走前に、模範解答が全員に配られている状態 です。
その理屈で言えば
1・2・3番人気で決まったレース は
模範解答を丸写しすれば正解するレース
というコトです。
コレのどこにゲーム性があると言えるでしょうか?
この結果になるなら、馬券検討の余地、競馬予想の面白みは果たしてあるでしょうか?
つまり、
競馬予想の面白みというのは
やはり 穴馬 にあるのです。
先程、極端な人気決着の例を出しましたが
皆さんご存知の通り、
こんな人気順で決まるコトは稀ですよね?
ココが競馬の面白さです。
(くどいようですが楽しみ方は人それぞれ、何も否定はするつもりはありません。)

事前に配られた模範解答には書かれていない穴馬の台頭を予見する
これこそが競馬のゲーム性です。
「ディープインパクトが勝ちます。」
これは紛れもなく競馬予想ではありますが、ココにゲーム性はありません。
なぜなら、そんなコトは皆知っているからです。
しかし、そんなディープインパクトでも
ハーツクライに負けるから面白い
のです。

ディープインパクトを応援し、ディープインパクトの勝利に沸くのも楽しみ方です。
しかし、そこに予想としての面白みはありません。
ディープを負かすハーツの存在を予見する理論を構築するのが
まさに競馬のゲーム性
なワケです。
(人の馬券手法や楽しみ方を否定するつもりは一切ありません。くどいですが。)

だから私は、“競馬予想”という“ゲーム”をする以上
基本は穴指向です。
この解析ツールも、穴馬を導き出すコトに主眼を置いています。

ただ、本当に競馬が面白いと思えるのは・・・
やはり、的中した時ですよね。
そこも重要です。
競馬予想というゲームを楽しむには
やはり 馬券を的中させたいのです。



-----------------


管理人の馬券の組み方


同じようなコトを何度も書いて恐縮ですが
私は 基本 穴指向です。
しかし、馬券は当てにいきます。
矛盾しているように聞こえるかも知れませんが、
馬券の組み方次第で、それは両立します。
言い換えれば、ギャンブル性の低い穴指向 という感じでしょうか。
なぜ 当てにいくか というのは、前述の通り。
ある程度は当たらないと 楽しくないから。


------------------


具体的な馬券の 本線になる券種は 3連複
買い方はフォーメーション

まず、中心視する馬を選定します。
コレはだいたい、解析やデータ検証をしていれば
自然に浮上してきます。
少なければ2・3頭
多ければ4~6頭
といったところでしょうか。

そして、可能ならばココから
主軸を決めます。
この主軸は、人気寄りの時もあります。
中穴の時も多いです。 
勝負に行く時は大穴からだったりもします。
(菊花賞のクリンチャーなど)

さらに、残りを副軸とします。
多い場合は 買い目が増えすぎるので削る時もあります。
削らず、普段と違う買い方に踏み切るコトもあります。


コレを基に

主軸 - 副軸1~4 - 他多数

という形で組みます。

3頭目は 多い時は全頭流しもあります。(最近はあまり無いですが。)
その場合は、副軸を絞ります。
逆に副軸を増やしたい場合に3頭目を削る時もあります。
少ない時は15点ぐらいに収まります。
多い時は30点程度。

その時々で かなり変動はありますが
コレが基本の形です。

しかし、コレだと、主軸が飛んだら 全て消し飛びます。
副軸と主軸をギリギリまで迷った末に間違えた場合
精神衛生に 非常に悪い影響を及ぼします。

なので 押さえに入ります。

2手目はワイド。
主軸が絞りにくい時は、コレが本線の券種になる場合もあります。
ワイドは、主軸・副軸同士と、他に気になる馬(3連複の3頭目)の中で
特に穴として注目度の高いところに流します。
コレも、フォーメーションが一番予想を反映しやすいのでそうしています。
ワイドは基本安いイメージですが、
穴同士のワイドも買っているので、平然と万馬券は出ます。
予想を反映しやすく、的中率も高く、時に配当がハネて、
案外悪くないです。

しかし、コレでも拾い切れない(予想を反映しきれない)時はあります。
買い過ぎにならないように、絞るトコは絞るので。


3手目は複勝。
ワイドに入れると買い目が増えすぎるから厳しいケド、
走られたら怖いし このオッズなら… という馬は、ココで押さえます。
あとは、狙いの穴の複勝も当然買います。
古い話ですが、2010年の菊花賞は本命のビートブラックの複勝にかなり厚くいきました。
私にしては かなり珍しいパターンですが、
ごくたまに、ココを本線にするコトもあります。

単勝も最近は買います。
しかし、元々はあまり買うタチではなく、
よほど頭にくる自信がないと手を出しませんでした。
今は、本命の単勝や、副軸の単勝を買うコトがあります。
ごくまれに、好きな馬の単勝を買っているコトもあります。
それはまぁ、予想とは直接関係ないと言えますが。


-------------


ココまでが
出来る限り自分の予想を馬券に反映する私の基本手法です。


次に、ホームランを狙いにいきます。 3連単です。
点数は かなり少ないです。
10点以上買う時もありますが
10点以下に収まるコトの方が恐らく多いです。
3複・ワイドの時と同様、フォーメーションです。
ボックスやマルチというのは まぁまず買いません。
フォーメーションではなく、
細かく組み替えた数点の組み合わせだけ買う場合もあります。

初めて万馬券を獲った時は1・2着固定でした。
初めて10万馬券を獲った時も、
2009年の新潟2歳ステークスで、1・2着固定の全頭流し(16通り)でした。
翌週のセントウルステークスでも連続10万馬券を獲りましたが
その時は1・2着固定の3頭流し(3通り)でした。
翌年、10万馬券を獲った時も同じ組み方(3通り)でした。
40万獲った時も、2点でした。
当たる時は、少点数でもバシッと当たります。
なのでココで買い目は増やしません。
明確に着順イメージがつく馬を固定して攻めます。
3連単で自分の予想を綺麗に反映する為には
購入点数を劇的に増やさねばなりませんから
私の場合は、あまり本線で使う券種に向きません。
購入点数を多少増やしたところで、当てにはいけませんし。

馬連・馬単は買わないコトが多いです。
馬券がウマい人の中には、ココを馬券の基軸にしている人もいますが
私には向かない印象です。
"連"軸としての明確な自信のある馬がいた場合は買ったりしますが、
私の主軸は 穴から選出するコトも多いため、
3・4着争いで競っているなんてコトはよくあります。
穴の◎が3着というパターンは 私の場合非常に多いので
連までで勝負するのはごくまれ。
買っても、1・2点~5点ぐらいまでです。


---------


実際の馬券の組み方は 以上のような感じでしょうか。

最初の3手までで、だいぶ自分の予想は反映できます。
自分の手元にある あらゆるファクターを詰め込めば
だいたい何かしらは当たります。
そらそうです。 手広いから。
でも、そこまで点数は多くありません。
まぁ、もちろんハズれるコトもあります。
それが競馬です。

あとは、トリガミもあります。
人によっては コレを非常に嫌う人がいますが
私は一切気にしません。
1円でも返ってくるならば良いです。
むしろ、トリガミを嫌ってハズす方が
精神衛生上良く無いです。私の場合は。
来ると思ってた馬を買わずに 
結局来られたというのは ね…
やはりなかなかキツいですから。

私は回収率至上主義ではありません。 しかし、
獲って損があっても、
爆当たりはあるので、回収はどっかでできます。
一回一回の細かい勝敗は気にしない。
確実に当たりを拾い続けて、時に爆当たりに出くわせば
回収率は100%を超えます。
少なくとも 私はそうです。
コレが、楽しみながらも最終的な勝利を手にするコツだと
私は思っています。
当たれば嬉しいですからね やはりそこは重視。
競馬というゲームを楽しく続けるためにも
今は この手法が定着しています。

競馬の楽しみ方・予想の仕方・馬券の組み方は千差万別ですから
人によっては、全く共感できない手法かとは思いますが
一応、的中を高確率で拾いながら、同時に一定の回収は出せています。
ホームランを打つ為のミートカーソルは小さいので
ボロ儲けという感じではありませんが
楽しく続けるのは容易です。

人を選ぶやり方かも知れませんが
気になった方は参考にしてみて下さい。



どえらい長くなりましたが
以上です。

ご覧いただき ありがとうございます。




----------------------------------


解析ツールの見方に関しては以下から


自作ラップ解析ツール概要

ラップ適性解析評価とは

調教適性評価とは

評価印について

管理人の馬券について



ラップ適性解析 高評価馬 好走例


調教適性 高評価馬 好走例










↑応援クリックいただけるとありがたいです。↑↓