宝塚記念の前哨戦として位置づけられている中京の名物重賞だが、ことしは馬場改装の影響で京都内回りの芝2000mで行われるが、問題はこの条件。秋華賞と同距離・同コースだが、紛れが多いことでも知られている。今年は三つ巴戦のオッズ状況だが、果たしてどうだろうか?
--

キャプテントゥーレ・アーネストリー・ルーラーシップの3頭がオッズの面からも抜け出して三つ巴戦模様。さすがに出馬表を見渡してみても、この3頭をまとめて負かせるだけの馬は見当たらないので、素直にここから1頭を選ぶことにします。

というわけで、海外遠征後の一戦となるルーラーシップや、昨年の天皇賞・秋以来の出走となるアーネストリーよりは、若干期間が空いたにせよ、順調に使われているキャプテントゥーレの方がここは有利でしょう。しかも、前走・大阪杯は5着とは言え、日本レコード決着を逃げて勝ったヒルノダムールから0.1秒差なら充分です。

ところで、このレースでは一昨年の皐月賞馬アンライバルドが約1年半振りに出走してきました。不振を極める現5歳牡馬世代の有力馬の一頭ですが、さすがに屈腱炎での長期休養明けでは勝負になると思いませんが、まずは無事に走り終えてくれることを期待します。