ハンデ戦ということもあって混戦模様。一応1番人気の支持を集めたのがダンスディレクターだが、単勝オッズ4倍台では押し出されたということでしょう。
◎レオパルディナ
○ウリウリ
▲ホウライアキコ
△サドンストーム

本命はレオパルディナ。2歳夏の小倉2歳S以降は掲示板にも載れないレースが続き、桜花賞では11着。スニッツェル産駒で一見早熟系に見えるのですが、見方を変えれば1200mが限界距離ということなのでしょう。逆に今回ダメならどうしようもないのかも知れません。

対抗がウリウリ。1400mの安土城Sでホウライアキコを差し切った末脚を考えれば、初の1200m戦でも十分対応できるのではないでしょうか。

単穴のホウライアキコも、3歳秋からのスランプを前走安土城S2着でほぼ払拭できたのではないでしょうか。こちらも早熟系っぽいヨハネスブルク産駒ですが、短距離ならまだまだやれると思います。

連下にサドンストーム。すっかり弟ティーハーフの影に隠れた感がありますが、高松宮記念4着などスプリント戦では地味に好走しています。

因みに出走回避していなければ、本命はベルカントでした。左回りが得意な馬には思えませんが、CBC賞の傾向的には外枠有利ということもありました。